戦慄かなのの整形や問題発言、経歴や活動などについてまとめてみた。

アイドル

アイドル戦国時代と言われたアイドル業界ですが、様々な経歴や特技を持ったアイドルがいますが、その中でも特に異色のアイドルが戦慄かなのさんです。

自分の過去を聞かれて少年院で生活していたことをカミングアウトしたり、アイドルの傍らNPO法人の代表理事を務めたり、まだまだ他にも戦慄かなのさんの特徴はあります!

 

今回は戦慄かなのさんの様々なことについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦慄かなののwiki風プロフィール

 

戦慄かなのさんのプロフィールをまとめてみました!

 

生年月日:1998年9月8日
現年齢:20歳
出身地:大阪府
身長:154 cm
スリーサイズ:82 – 60 – 83 cm
カップサイズ:D
妹:頓痴気さきな

 

「のーぷらん。」というアイドルグループの元メンバーで、大森靖子さんが自らをプロデューサー兼メンバー兼同志を表す「共犯者」として活動している女性アイドルグループ「ZOC」のメンバーとして活動しています。

 

 

他にも、妹の頓痴気さきなさんと実の姉妹でセルフプロデュースする「femme fatale」でも活動しており、さらにNPO法人「bae -ベイ-」代表理事としての活動もしているのです。

 

 

親からの虐待など自らの経験からNPO法人「bae -ベイ-」発足

 

戦慄かなのさんが代表理事を務めるNPO法人「bae -ベイ-」は、以下のような方針で活動している団体です。

 

baeの活動

baeの目標は育児放棄や児童虐待のない世の中を作ることです。特に外から分かりにくい金銭的には問題のない家庭での育児放棄や児童虐待の問題を解決するためにbaeを作りました。

代表者である戦慄かなのが体験してきた育児放棄や児童虐待は、食事がもらえない、暴力をふるわれるといったものでした。ただし、両親の収入自体は安定していたため外からは虐待が行われているとは分かりにくく、結局外部に助けを求めることもできませんでした。

このような現実をまずは知ってもらい、そして子供たちのために活動するために2019年1月7日にbaeはNPO法人化しました。

 

戦慄かなのさんのご両親はかなのさんが小さい頃に離婚してしまってるそうで、お母さんに育てられたそうです。

しかし、ちゃんとした食事を与えられなかったり、自分にはお金を使うけれど子供にはお金を使わないという、隠れた貧困という状況だったようです。

お母さんが子どもたちを置いてNY旅行から帰った時は、お母さんが無事だということが確認できて安心から嬉し涙が出たそうです。

そのような環境に身を置いていると、身なりも汚くなってしまい、中学生の頃にはいじめにあってしまいます。

こんな人生経験から自分と同じような子が出てこないようにという活動をしているということなのです。

 

戦慄かなのの学歴・現在通っている大学

 

現在大学の法学部に通っているという戦慄かなのさん。

しかし、どこの大学に通っているのかと言うのは、公表されていません。

 

その前に高校は行っていたのかということが気になっている人も多いでしょう。

戦慄かなのさんは、少年院に2年間入っていました。

つまり、高校に通うことはできていません。

 

少年院に入っていた期間に高校卒業認定試験、いわゆる「大検」を受けて見事に高卒の認定を受けて大学を受験したのです。

通っている大学は早稲田ではないか、普通の学生でも何浪もするような難関なのに、行けるはずがないなんて声もあります。

実際のところはわかりませんが、少年院に入っていた際にたくさんの資格を取得していたということもあるので、学力は決して低くないと思われるので、早稲田大学に入っていてもおかしくありません。

 

どこの大学に通っていたとしても、高校は少年院で卒業できなかった分、大学は卒業してほしいなと思っていまいますね!

 

スポンサーリンク

少年院で過ごすキッカケがヤバい

 

過酷とも言える家庭環境になかで、その状況から抜け出すために自分でお金を稼ごうということで、犯罪に手を染めてしまうのでした。

内容は同世代の女の子にパンツを売らせてその取り分で儲けるというものでした。

もちろん、やってること自体は犯罪で褒められたものではありませんが、かなり商才があるのも事実です。

自分一人でそういう商売をしてるのではなく、人を集めてその人達を使ってお金を稼ぐという事が悪質だと判断されてしまったのか、少年院に2年も入ってしまいました。

単純にお金だけでなく、親から受ける愛情不足も原因だったと考えることもできますね。

 

少年院だけじゃない戦慄かなのが狩野英孝の行動を暴露

 

少年院に行っていたということで注目を集めている戦慄かなのさんですが、過去に他にも注目されることがありました。

それは数年前に起こった狩野英孝さんの淫行疑惑の暴露でした。

同業のアイドルが狩野英孝さんと関係を持っているということを暴露しました。

 

 

狩野英孝さんが活動自粛するなど大きな問題になってしまったこともあるせいか、実際に暴露した記事は現在削除されてしまっています。

しかし、戦慄かなのさんの暴露がキッカケで週刊文春が動いたなどとも言われており、戦慄かなのさんの行動で大きなニュースが生まれたのは間違いありません。

 

戦慄かなのは整形なのか

 

戦慄かなのさんはフランス人形のようなお顔が特徴的ですが、その顔は整形してるのかというのはよく話題になります。

実際に戦慄かなのさんはこのような見解をツイートしていました。

 

Twitter / ?

 

整形を否定もしていないし、自身が整形していないとも言っていません(笑)

むしろ二重と歯列矯正だけで済んでるから羨ましいだろとさえ言っています。

気持ちがいいというかなんというか・・・(汗)

ということで、本人が言ってるように整形はしています。

 

そして妹の頓痴気さきなさんは、ナチュラルでキレイなお顔ですね!

 

スポンサーリンク

戦慄かなのの特技は指噛み診断

 

戦慄かなのさんの代名詞といえば、少年院上がりもそうですが、もう一つが指噛み診断です。

指噛み診断というのは、聞いただけではよくわかりませんよね。

 

戦慄かなのさんが診断する対象者の指を噛んでその人の事がわかるというものです。

実際にかなり当たるということで、今ではアウト軍団として、レギュラー出演している『アウト・デラックス』に訪れたゲストの指を噛んで診断しています。

 

 

かなりしっかり指を噛んでいて、実際に診断をされてる=噛まれてる相手はかなり痛がっているのも印象的です。

しかし、噛んだ後のコメントが的を得ていて、診断された相手が驚くほどなのです。

まだ20歳ながら壮絶な人生を歩んできた戦慄かなのさんだからこそ、そういう感覚があるのかもしれませんね。

 

まとめ

 

戦慄かなのさんは、少年院上がりだということばかりが注目されてしまいますが、実際に捕まった時にやっていたことや、少年院を出た後のNPO法人での設立などの行動や妹さんとのアイドルグループのプロデュースなど、本当に賢い人なのだというのがわかります。

猫をかぶりたくないということで、Twitterでは好きなことを言うというスタンスで、かなり自由奔放な発言をしていますが、でもその発言に共感したり応援する人がいることもわかった上での発言なのかなと思います。

まだまだ色々な才能を発揮してくれそうな戦慄かなのさん、これからも要注目かもしれません!

 

コメント