松本人志「松本 動きます。」の意味は?吉本興業の社長との関係などを調べてみた!

お笑い芸人

7月20日宮迫博之さんと田村亮さんの記者会見が開かれました。

内容は、謝罪とこれまで記者会見が出来なかったことや契約解除までの経緯を説明するものでした。

記者会見の内容を聞いてみると所属先の吉本興業側の対応がおかしいのではないかという声が多く見られるものでした。

 

それをうけてダウンタウンの松本人志さんが、「松本 動きます。」というツイートをしたのです。

そして7月21日の『ワイドナショー』で生放送で今回の宮迫さんたちと吉本興業の件について話をしました。

 

なぜ松本人志さんが動くとこうなるのかわからない、吉本興業の社長ってどんな人なのか、松本人志さんとどういう関係なのかということをお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松本人志のツイート「松本 動きます。」の意味は?

 

 

宮迫博之さんと田村亮さんの記者会見の内容を見て、松本さんも知らなかった部分も多く、今回の問題解決のために動くというものだったのです。

そして松本さんは、吉本興業の上層部に駆け寄って話をしたのでした。

その様子を会見翌日のワイドナショーを生放送に切り替えて放送したのでした。

 

 

これは単純にいい人だからできるのではなく、松本さんの、ダウンタウンの功績が吉本興業にもたらしものがたくさんあったからだと言えますよね。

吉本興業がダメになるということで動くというのはさすがですし、逆に松本さんがいなければ、松本さんが動く人でなければ松本さんが言うように、本当に吉本興業が壊れてしまっていたかもしれませんね。

 

大崎会長、岡本社長と松本人志の関係は??

 

松本さんが動くというだけで、吉本興業の大崎会長や岡本社長と直接話しができるのはなぜなのか?

それは大崎会長、岡本社長と共に、ダウンタウンの元マネージャーなのです。

 

大崎会長は松本さんが「兄貴」だと言うくらいです。

そして一般的には、大崎会長がダウンタウンが売れた育ての親だと言われています。

 

そして岡本社長は、大崎社長の後のダウンタウンのマネージャーを務めていました。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』などにも出演しています。

 

YouTube

 

そしてダウンタウンの後は、木村祐一さん、今田耕司さん、東野幸治さん、130R(板尾創路・ほんこん)などの吉本興業が本格的に東京進出したばかりのころに活躍した芸人さんのマネージャーとして活躍している敏腕マネージャーです。

松本さんがタレントなどに横柄な態度を取ってしまうということを危惧していたと言っていましたが、ガキ使などの印象からそういう部分はあったのだろうなと感じざるを得ませんね。

 

ちなみに、笑ってはいけないシリーズの「アウトー!」という声でおなじみの、吉本興業副社長の藤原さんも、ダウンタウンの元マネージャーです。

上層部はダウンタウンのマネージャーが評価されて選ばれてるという感じなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

岡本社長が記者会見を開く

 

記者会見や説明をきちんと出来ていなかったのは、宮迫さんたちだけでなく、吉本興業も同じような状態だと言えます。

松本さんの働きかけにより、岡本社長が7月22日に記者会見をするということになったのです。

 

この記者会見で、どんな発表があるのか、一部ではパワハラではないかと言われてしまっている岡本社長はどのような経緯を話すのかと言うのが注目されます。

 

加藤浩次は社長と会長が変わらなければ吉本辞める!?

 

宮迫博之さんと田村亮さんが行った記者会見やワイドナショーの生放送があって、開けての7月22日に今回の一連の流れを見て、加藤浩次さんがコメントをしました。

 

加藤浩次、吉本・岡本社長と大崎会長に怒りの退陣要求!「皆、我慢してきた。経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」

 

加藤さんは、今の吉本興業の上層部のままではダメだということなのです。

岡本社長や大崎会長に対して、何も言えない会社の雰囲気が良くないということで、上層部を刷新することを求めるということでした。

それができなければ、加藤さんは吉本興業を辞めるとまで明言しています。

 

岡本社長がパワハラだと言われてしまっているような態度は芸人だけでなく、吉本興業の社員の方々にもされてしまっているので、そのような体制がいつまでも続くのはおかしいということを話していました。

 

実際にこれは今回の対応だけでなく、吉本興業で常態化している悪しき習慣のようなものが吉本興業内部であるような問題を解決をしたいということもあるのでしょう。

もしかしたらこれは極楽とんぼの相方の山本圭壱さんでの対応などもあるのかもしれません。

山本さんの場合、逮捕はされましたが不起訴で、同じような罪状で逮捕歴がある芸人で復帰をしている人もいるので、今もそれに対して疑問抱くような声もネットでも見られます。

その影響はあったのか否か。

 

スポンサーリンク

今後はどうなるんだ!

 

ここまで来るとどうなるのか?

考えられることはいくつかありますね。

 

吉本興業の契約というのは今までは口約束程度のもので、正式な書面を交わすような契約ではありません。

そのため、宮迫さんの契約を再度結んで和解をするということは考えられます。

 

松本さんやさんまさんが問題の芸人さんを引き受ける部署ができるということです。

吉本興業はNSCなどもあり、芸人が増えていく一方の中なので、実際に管理ができなくなってきてしまっているので、組織を細分化するということは必要不可欠な問題かもしれませんね。

 

もしかしたらここまでの批判が起こってしまったので、記者会見で岡本社長が辞めるということも考えられるかもしれません。

スッキリでの評価がとても高い加藤浩次さんが、自分自身の進退をかけてまで生放送で宣言をしています。

これに対しては会社として無下に対応することはできないのでしょう。

何かしらの大きな変化があるのか、加藤浩次さんが切られてしまうだけなのか。

今後の展開が気になるところです。

 

まずは岡本社長の会見を見てみないとですね!

 

まとめ

 

闇営業問題から反社会的勢力との関係、その謝罪会見や当該芸人への対応と、今回は吉本興業の今までのギャラや契約形態の問題などもあり、問題が1つや2つだけでなく様々な問題が折り重なっているような状態で複雑ですね。

 

ニュースやワイドショーなどで、連日ここまで取り上げられた問題は最近では珍しく、それだけ吉本興業の芸人さんがテレビに出ていて、国民の生活に根付いてるということだと言えます。

 

これからどうなるのか?少しでも良い方向に進んでほしいですね!

 

トップ画像引用元:デイリー

コメント