台風6号(2019)が関東に接近か?米軍やヨーロッパの見解と比較!

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

梅雨が明けたかと思ったら今度は台風が来るかもしれないらしいです。

7月27日頃に関東に台風が接近するかもしれないというのです。

 

気象庁の予測と米軍やヨーロッパの予想を見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月27日頃に台風が関東に接近する?

 

気象庁によりますと、24日(水)午前9時、熱帯低気圧が父島の南西海上を北東へ進んでいます。中心の気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルとなっています。今後、この熱帯低気圧は台風に発達する予想です。

26日(金)は伊豆諸島で荒れた天気に。風が強まり、波が高くなる見込みです。強風や高波に注意が必要です。その後、台風は27日(土)~28日(日)頃に関東など東日本に接近する可能性があります。活発な雨雲が次々とかかり、大雨となる恐れ。沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨になりそうです。波はうねりを伴って高くなるでしょう。

お子さんは夏休みに入り、今週末は隅田川の花火大会などイベントも多く予定されています。お出かけの際は最新の気象情報に注意をしてください。海上は接近前からうねりが入りますので、海水浴などは十分な注意、警戒が必要です。

引用元:tenki.jp

 

 

気象庁の予想だと7月27日~28日に関東直撃するかもしれないというのです。

現在の熱帯低気圧が台風になって、そのまま北上して関東に直撃するという予想です。

 

気象庁の予想と比較して、米軍やヨーロッパの予想はどうなのかを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)の予想を見てみよう!

 

それではまず米軍の予想を見ていきましょう!

JTWC(合同台風警報センター)の予想は下記のとおりです。

 

 

まだコチラも熱帯低気圧が発生していて、これから台風に変わるのではないかという感じで、気象庁の予想とはあまり大きな違いはなさそうです。

 

JTWC(合同台風警報センター)とは米海軍と米空軍が共同で設置している機関です。

 

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の見てみよう!

 

続いて、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想を見てみましょう。

 

 

上記は25日9時の予想です。

熱帯低気圧が関東の南側を近づいて来るという予想ですね。

そして週末を見ていきましょう!

 

 

上記は26日9時の予想です。

静岡や東海地方に近づいてくるという感じですかね。

ただ、関東も低気圧に覆われているので、天気が荒れそうですね。

 

 

続いて27日の9時の予想です。

前日からの動きを見ると台風上陸はしないようです。

しかし完全に低気圧に覆われているので、荒れた天気になるのは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

7/26追記:台風6号(ナーリー)出現!東海・関東に上陸する!?

 

7月26日になって、熱帯低気圧が発達し、台風6号(ナーリー)となり、進路が変わってきました。

関東に接近して離れていくという予想でしたが、東海から関東に向かって上陸するという予想が出てきました。

気象庁、JWTC、ECMWFの予想を見ていきましょう!

 

気象庁の予想

まずは気象庁の予想です。

 

                         画像引用元:気象庁

27日は東海地方、28日9時には関東地方が暴風域に入ってしまっているという予想です。

 

JWTCの予想

 

つづいてJWTCの進路予想を見ていきましょう。

 

                                       画像引用元:UTC

画像の日時はUTC表記なので、+9時間で日本時間になります。

つまり、27日の5時から29日の5時まで、日本列島に上陸するという予想になります。

JTWCの予想は関西から北陸、東海、関東甲信越地方にかけて暴風域に入るのでは無いかという予想です。

 

ECMWFの予想

 

ECMWFの予想です。

下記の図は26日21時の予想になります。

 

画像引用元:ECMWF

 

ECMWFの予想だと26日21時頃、近畿地方沖に接近してくるという予想です。

続いて、27日21時頃の予想です。

 

画像引用元:ECMWF

ECMWFの予想だと27日の21時頃には、台風は太平洋の方に抜けていってしまっているという予想になっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

追記した予想だと三者三様という感じになっています。

中でも日本列島にダメージがありそうだと予想しているのはJWTC。

楽観視できる予想なのがECMWFで、その中間が気象庁という感じですね。

 

どの予想であっても日本に台風6号が近づいてくるということには変わりありません。

週末で出かけたいなど予定がある人は関東だけでなく、関西から北陸など日本海側の人も、天気予報を確認しながら十分に注意して出かけた方が良いですね!

 

コメント