ジャスミンゆまとDJ社長の炎上商法でマキシマムザホルモンが巻き込まれた理由をまとめ!

巷で話題なこと

ジャスミンゆまさんがレペゼン地球のDJ社長にパワハラおよびセクハラをされていて所属事務所を辞めるということで話題になっていましたが、これが炎上商法のための嘘だということがわかり大炎上しました。

しかもそこに大人気のロックバンド・マキシマムザホルモンを巻き込んでの大炎上となり、かなりの騒動になってしまったのです!

 

今回は、レペゼン地球、ジャスミンゆま、マキシマムザホルモンの炎上した経緯などについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャスミンゆまのパワハラ騒動

 

ジャスミンゆまさんはTiktokなどでも人気のモデルさんですが、所属事務所をレペゼン地球のLifeGroupe!に変えて音楽活動もしています。

 

ジャスミンゆまさんについて詳しくはコチラ↓↓

 

そんなジャスミンゆまさんが突然こんなツイートをしました。

 

 

これを受けてDJ社長は謝罪をしました。

 

 

しかしパワハラは炎上商法だった!

 

 

しかし、話題になったジャスミンゆまさんとDJ社長とのパワハラは出来レースだったのでした。

 

そしてこれに合わせて楽曲の発表もしてしまうのでした。

 

まさに炎上商法ですね(汗)

そしてレペゼン地球も今回のパワハラの件をMVに盛り込んで曲を出しました。

 

 

この件で、ジャスミンゆまさん、レペゼン地球が炎上するのはいうまでもありません。

しかし更にはMVに出演したマキシマムザホルモンをも巻き込む事態になってしまったのです。

 

スポンサーリンク

マキシマムザホルモンまで炎上になった理由

 

 

MVの内容としてはパワハラや炎上商法をしているレペゼン地球を殴り倒すというような趣旨で登場していたのですが、マキシマムザホルモンもこの一連の炎上商法に加担していたとして同じように炎上してしまったのです。

 

 

ぼくたちにとって大切な曲のパロディ?ホルモンのパクリ?2号店の時と違って愛を感じない。あの動画の全てが不快で、ゲロ吐きそう。

 

 

 

炎上商法と把握した上で出演していたという事実には更に落胆させられましたし、許してもらえるだろうという気持ちが透けて見える謝罪だなという感想です。「間違いを起こすのが人間」確かにそうですが、その言葉に甘えていませんか。

 

ブラックジョークの表現も多いマキシマムザホルモンですが、今回はパワハラということで感化できない人が多かったようです。

 

マキシマムザホルモンは様々なフェスに出演予定で、そのような告知ツイートでもライブには行かないというようなリプライが今も目立ちます。

ライブでのMCなどでも鋭い発言が多かったので、それももしかしたら無くなってしまうかもしれませんね。

 

 

レペゼン地球も予想を超えた反響でMVを削除するという対応になってしまったのでした。

ある意味では炎上商法としては成功なのかもしれませんが、想像をはるかに超えてしまい対応せざるを得なくなってしまったのでしょう。

 

レペゼン地球のライブは中止

 

反響はあったものの、想像以上で予定されていたドーム公演は中止になってしまいました。

 

 

ここまで来ると炎上商法としてはうまくいったと言えるのか否か。。。

今回はマキシマムザホルモンも含めて、代償はかなり大きかったのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

そして更に別の場所で炎上(YouTuberよりひと)

 

謝罪後にジャスミンゆまさんはYoutuberのよりひとさんのチャンネルに出演しました。

 

 

見てわかるように、かなりやりすぎな感じです。

もちろん、ジャスミンゆまさん本人は了承の上でやっているのでしょうが、ピコピコハンマーとは女性の頭をバシバシ叩くという絵面は見ていて気分が良くないですよね。

この動画は言うまでもなく炎上しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

Twitterなどで素人が炎上動画をあげているせいもあって、今回はかなり準備をして手の混んだ炎上商法だったと言えるかもしれません。

パワハラやセクハラを取り上げて社会問題になっていることを取り上げて注目は集めましたが、ジョークでは済まされなかったということですね。

 

インターネットという環境は、良くも悪くも拡散しやすく色々な人に届けやすいということで、ジョークのつもりでも見る受けては多様な為に傷つく人も出てしまうという事がわかった気がします。

これから、ジャスミンゆまさん、レペゼン地球、マキシマムザホルモンがどんな活動をするのかを気にしてしまいますよね。

 

炎上商法やパワハラはもちろんいけませんが、それぞれが良いものを作れるということも事実なので、今後の活動に期待したいと思います!

コメント