ヴィニシウス・ジュニオールは58億円男!”ニュー・ネイマール”との経歴を調べてみた!

サッカー

今日本でレアル・マドリードの話をすれば、まず注目されるのは久保建英選手のことですよね。

今季久保選手がトップチームで活躍する姿を見ることができるのかは、ある二人の若手選手の存在が鍵を握っています!

 

それがNEWネイマールと呼ばれる二人です。

今回はその一人である、ヴィニシウス・ジュニオール選手についてまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

17歳で移籍金58億円!ヴィニシウス・ジュニオール

 

本名 ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール
Vinícius José Paixão de Oliveira Júnior
ラテン文字 Vinícius PaPaiya国籍  ブラジル
生年月日 2000年7月12日(19歳)
出身地 サンゴンサロ
身長 177cm
体重 62kg在籍チーム  レアル・マドリード
ポジション FW(WG)
背番号 28
利き足 右足引用元:Wikipedia

 

2000年にリオデジャネイロ州サンゴンサロで誕生。
家は貧しかったが、5歳から後に所属するCRフラメンゴの系列サッカースクールでフットサルを通して技術を磨き、10歳でフラメンゴの下部組織に入団した。
フラメンゴでは常に年齢より上のカテゴリーでプレーし、13歳の時にはブラジルU-15代表の召集も受けた。2017年1月にはコパ・サンパウロジュニアサッカー選手権大会(国内クラブのU-19チームによる大会)に16歳で参戦し、大会ベストイレブンに選出される活躍を見せて、「今世紀最高の宝石」、プレースタイルから「ニューネイマール」と評されるようになる。

翌月の南米U-17選手権でも得点王と大会MVPに輝き、2017年5月にフラメンゴとプロ契約を結び、5月13日のアトレチコ・ミネイロ戦で16歳10か月でプロデビューを果たした。
欧州の強豪クラブも注目していることから5月23日、フラメンゴと2022年まで契約延長し、違約金は従来の3000万ユーロから4500万ユーロに引き上げられた矢先にレアル・マドリードとCRフラメンゴはヴィニシウスの移籍で合意に達した。
移籍金は10代のサッカー選手としては破格の4500万ユーロ(約58億)と報じられ、これはブラジル国内では歴代2位の記録となった(1位はネイマール)。
国際サッカー連盟(FIFA)は18歳未満の国外移籍を認めていないため、正式な加入はヴィニシウスが18歳を迎える2018年7月からとなった。

引用元:Wikipedia

 

経歴を見るとブラジルのスター選手によくあるサクセスストーリーですよね。

しかもネイマール選手がスペインに渡ったのは21歳のときなので、年齢の部分では既にネイマール選手を超えてしまっていますね。

 

たった1年で市場価値が88億8000万円!?

 

レアル・マドリーに所属する18歳のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの市場価値が、約1年間で7倍に上昇した。
4月14日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

もともとは2019年にマドリーへ移籍する予定だったヴィニシウス。
しかし、予定が前倒しされて2018年7月にブラジル1部のフラメンゴからマドリーへ移った。
今季は公式戦33試合に出場し7得点13アシストを記録している。

同紙によると、フラメンゴに在籍していた2017年12月の時点で市場価値は1000万ユーロ(約12億7000万円)。
マドリーが獲得した際には4500万ユーロ(約57億円)の移籍金を支払っていた。そして現在の市場価値は7000万ユーロ(約88億8000万円)だという。
約1年の間に市場価値が7倍に上昇したようだ。
今後の活躍次第では、さらに高まる可能性もあるだろう。

引用元:フットボールチャンネル

 

ヴィニシウス・ジュニオール選手はレアル・マドリードに加入してトントン拍子で活躍していきます。

昨季のレアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウド選手をユベントスに放出して不調にあえぎ、リーグ優勝を逃し3位になってしまいましたが、ヴィニシウス・ジュニオール選手はその中で大活躍をしていたのです。

 

ネイマールを超えるほどのドリブルを持つプレイヤー

 

「ニュー・ネイマール」とも称されるヴィニシウスだが、圧倒的なスピードはネイマールを凌ぐ。細かいボールタッチで間合いをはかり、一瞬のスピードで相手を置き去りにする。欧州でのプレーは今季が初挑戦にもかかわらず、一対一の勝負では高い確率でディフェンスを混乱に陥れている。

テクニックに秀でている点はネイマール譲りか。股抜きやシャペウを繰り出すことが多く、“遊び心”あるプレーは見ている者を楽しませてくれる。もちろん魅せるプレーに終始するわけではなく、対峙する相手のバランスを崩す細かいフェイントや予備動作も非常に上手い。

ヴィニシウスに対する称賛の声は、サッカー界の至る所から聞こえてくる。レアルのOBであるフェルナンド・モリエンテス氏も、彼を高く評価する一人だ。

「一対一に強く、走ることが得意な素晴らしい選手だ。まだ彼は非常に若いし、成長するまで時間をかけて見守らねばならない。だが、今のようなプレーを続けていけば、間違いなくワールドクラスの選手になるよ」

決定力に課題がある、時にエゴが強すぎるなどと言われることもあるが、思い出してほしい。彼はまだ“18歳”の若者なのだ。超一流選手になるための伸びしろと時間が、ヴィニシウスには多く残されている。

引用元:サッカーキング

 

ヴィニシウス・ジュニオール選手の持ち味はドリブルとシュートです。

ディフェンダーを翻弄するドリブルはまさに”ニュー・ネイマール”の名にふさわしいですよね。

まだ18歳でこれだけの評価を受けていて、ブラジルのコパ・アメリカ優勝への貢献もあるので、ネイマール選手を超える日も近いかもしれません。

 

まとめ

 

若干19歳で既に市場価値が88億8000万円ていうのは、ほんとに破格ですよね!

今現在、メッシ選手やクリスティアーノ・ロナウド選手、ネイマール選手のあとに続くような世界的なスタープレイヤーというのは、実はいるようでいないような状況です。

 

ヴィニシウス・ジュニオール選手とロドリゴ・ゴエス選手の”ニュー・ネイマール”と呼ばれる二人が、これからの世界のサッカーを牽引する選手になるかもしれません。

 

これからも世界のサッカーで活躍するヴィニシウス・ジュニオール選手に注目していきましょう!

 

トップ画像引用元:インスタグラム

 

↓↓ヴィニシウス・ジュニオール選手の活躍を見たいならDAZNがおすすめです!

 

コメント