台風8号(2019)九州上陸?米軍とヨーロッパの予想も見てみた!

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

 

8月に入り夏本番になりましたが、気になるのは天気。

特に台風ですよね。

8月の第1週に台風ラッシュが起こるという予想がされていましたが、台風7号は日本とは反対方向へ向かい難を逃れましたが、台風8号になるであろう熱帯低気圧が現れたのです!

 

ということで、台風8号(フランシスコ)の気象庁、米軍(JWTC)ヨーロッパ(ECMWF)のそれぞれの予想を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気象庁の観測

 

まずは日本の天気予報の情報源となる気象庁の予想です。

言うまでもなく、テレビやラジオ、日本のメディアが報じる天気予報は、気象庁の観測に基づく情報です。

 

8月2日:台風8号の卵が太平洋沖に

 

画像引用元:気象庁          

 

左側の黄色で記されているのは、先日発生した台風7号です。

こちらは西の方へ行ってしまいましたが、ここで注目すべきは太平洋沖にある熱帯低気圧です。

まだまだ日本列島からは離れていますが、小笠原諸島からは、そこまで遠くはない距離にあると言えます。

これから台風となり日本列島へ近づいてくる可能性もあります。

 

8月2日17時追記:気象庁が台風8号発生を発表!5~6日九州接近のおそれ!

 

きょう午前9時、南鳥島近海で台風8号が発生しました。今後、発達しながら北西へ進み、5日(月)から6日(火)に九州付近へ接近するおそれがあります。早めに台風への備えをしておきましょう。

引用元:tenki.jp

 

気象庁が8月2日午前9時に台風8号の発生を発表しました。

JTWCやECMWFと同様に、8月5日から6日にかけて九州に接近するとの予想が出ています。

特に週明けの月曜火曜は注意が必要だと思われます。

 

8月3日追記:5~6日西日本・南西諸島に接近

 

台風8号は発達しながら北西へ進み、日本の南で「強い」勢力に。週明けには暴風域を伴ったまま西日本や南西諸島に接近・上陸、大荒れの天気となる恐れがあります。

気象庁によりますと、台風8号は午前9時現在、南鳥島近海を北西へ進んでいます。4日(日)には小笠原諸島近海を進み、その後、「強い」勢力に発達し、日本の南へ進むでしょう。「強い」勢力とは強い方から3つ目のランクです。台風8号は暴風域を伴ったまま5日(月)から6日(火)にかけて西日本や南西諸島に接近・上陸の恐れがあります。

引用元:tenki.jp

 

8月3日になって、8月2日の予報から特に変化はなく、5~6日に西日本や南西諸島に接近してくることが予想されます。

 

8月4日追記:

 

画像引用元:Yahoo!ニュース           

台風8号は4日(日)昼前にかけて小笠原諸島に最も接近するため、小笠原諸島では急に風が強まり、波が高まる見込み。暴風や高波に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、高潮に注意・警戒が必要だ。その後、台風8号は暴風域を伴って、5日(月)夜から6日(火)にかけて九州付近に接近して通過するおそれがある。

台風8号は、4日午前5時には父島の東の海上にあって、西北西へ進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は35メートルとなっている。台風は4日昼前にかけて小笠原諸島に最も接近し、その後は小笠原近海を西北西へ進み、5日から6日にかけて発達し暴風域を伴って、九州付近に接近して通過するおそれがある。

画像引用元:Yahoo!ニュース

 

小笠原諸島に接近して、そのまま九州に接近するという予想になっています。

暴風域を伴って九州に接近ということで、太平洋側では高波などの影響が考えられるので、海水浴をされる方は十分に注意が必要です。

 

8月5日追記:

 

画像引用元:tenki.jp          

5日(月)、台風8号は、風速25メートル以上の暴風域を伴って四国の南を通り、夜から6日(火)にかけて九州に接近し、上陸する恐れがあります。

5日昼過ぎから、紀伊半島の南東斜面や四国の太平洋側を中心に台風外側の雲がかかり、大雨になる所があるでしょう。九州は、夜に台風本体の雨雲がかかり始める見込みです。比較的速度が速く、コンパクトな台風なため、九州では、そよ風が急に暴風に変わるでしょう。猛烈な雨も急に降り出す見込みです。

日中のうちに、飛ばされやすいものは室内へ、窓や屋根の補強、非常用品の確認、避難場所の確認をしておきましょう。暴風域に入ったら、屋根など屋外の点検は危険です。気象情報に気をつけて、避難に備えましょう。

引用元:tenki.jp

 

6日から7日にかけて九州全域を通過するような予想になっています。

九州、九州近辺の地域の方は注意して過ごしましょう。

 

8月6日追記:

 

画像引用元:tenki.jp

台風第8号は、6日8時現在、阿蘇市付近にあって、北西へ毎時25kmで進んでいます。中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/sです。この台風は、6日18時には対馬市付近に達し、7日6時には朝鮮半島に達するでしょう。その後、8日3時には日本海に達し、温帯低気圧に変わるでしょう。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

 

宮崎から熊本へ台風8号は通過しています。

8日には低気圧に変わるということで、北海道や東北への台風上陸は免れそうですね。

 

スポンサーリンク

米軍(JWTC)の予想を見てみよう!

 

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)の予想も見ていきましょう。

JWTCは米海軍と米空軍が合同で設置した観測機関になります。

気象庁とは別の独自の観測をしているので、気象庁の予想とは違う予想がされることもあります。

 

8月2日:九州上陸するおそれあり

 

画像引用元:JWTC       

画像引用元:JWTC       

JWTCの観測では、台風8号(フランシスコ)が発生しており、8月6日には九州地方へ上陸しているような予想となっています。

大きな台風になるという予想もされているので、関西地方まで暴風域に入ってしまう可能性も考えられるようです。

今回は日本への影響は大きそうなので、台風8号(フランシスコ)の動きには要注意です。

 

8月2日17時追記:南九州に上陸または接近のおそれ

 

画像引用元:JWTC          

 

日本時間8月2日15時に発表されたJWTCの台風進路予想です。

おおむね当初の予想と同じく、宮崎、鹿児島、熊本の南九州付近を通過することが予想されています。

大きな台風になることが予想されているので、接近する南九州以外の九州や本州にも強風や雨などの影響があることが予想されます。

 

8月3日追記:西日本を通過した後、韓国から北朝鮮へ

 

画像引用元:JWTC          

進路予想は特に変化はなく、更に先の予想が出てきました。

8日には韓国から進路を北東の方向へ進路を変えています。

 

8月4日追記:九州から韓国経由で北海道・東北北部に接近!

 

画像引用元:JWTC          

韓国からそのまま日本海を北上するような予想がされていましたが、進路が少し東寄りに変わりました。

それにより8月9日辺りに東北北部や北海道に接近・上陸する恐れもありそうです。

 

8月5日追記:北海道を通過するのか

 

画像引用元:JWTC          

北海道近辺に進路を進めるのではないかという予想でしたが、一日経って北海道全域と東北北部を覆うような形で進んでいくという予想になっています。

北海道の方へ行くことには弱まっている可能性もありますが、注意は必要でしょう。

 

8月6日追記:

 

 

8月5日の時点で出ていた、予想がなくなってしまっていました。

もしかしたら、進路予想が少し変わるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想も見よう!

 

では、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想も見ていきましょう。

 

ECMWFはヨーロッパなどの数多くの国は加盟している中期予想センターになります。

最大10日後までの予想を見ることができるのが特徴です。

もちろん独立して観測している期間なので、気象庁やJWTCとは異なる予想や観測も出てくることがあります。

 

8月2日:台風8号発生!日本上陸の予想

画像引用元:ECMWF       

こちらは日本時間8月1日21時に発表された8月2日9時の予想です。

南西諸島の近くに熱帯低気圧が発生しています。

 

画像引用元:ECMWF       

こちらは日本時間8月1日21時に発表された8月5日9時の予想です。

九州南東部に接近しているという予想です。

このまま西へ進んでいくという予想なので、宮崎、鹿児島、熊本あたりを通過してくことが予想されます。

 

8月2日17時追記:九州に接近のおそれ

 

画像引用元:ECMWF          

日本時間8月2日午前9時に発表されたECMWFの8月5日18時の予想です。

四国の南沖に接近してそのまま西の方角へ進むと予想されています。

 

画像引用元:ECMWF          

先程の一日後、日本時間8月2日午前9時に発表されたECMWFの8月6日18時の予想です。

宮崎を通過して、鹿児島や熊本の付近に台風が言います。

そして四国や中国地方も低気圧に覆われてしまい荒れた天気になってしまいそうです。

気象庁、JTWC、ECMWF、3者ともに同じような動きになると予想されています。

 

8月3日追記:

 

画像引用元:ECMWF          

日本時間8月2日21時発表の8月5日21時の予想です。

太平洋の宮崎沖に接近していると予想されます。

 

画像引用元:ECMWF          

日本時間8月2日21時発表の8月6日21時の予想です。

九州を通過した後に、韓国に接近するという予想になっています。

 

しかし、もう一つ気になることがあります。

南側にもう一つ大きな熱帯低気圧が近づいてきています。

先週から予想されていたようにまさにラッシュが来ていると言えます!

 

8月4日追記:

 

画像引用元:ECMWF        

日本時間8月3日21時発表の8月5日21時の予想です。

先日の予想よりも少し北側に位置しています。

 

画像引用元:ECMWF           

日本時間8月3日21時発表の8月5日21時の予想です。

九州と朝鮮半島の間に位置しているような感じになっています。

九州の北側や中国地方の西側を通過していくことが予想されます。

 

8月5日追記:

 

 

日本時間8月4日21時発表の8月5日21時の予想です。

8月3日発表の予想と大きな違いは見えません。

このまま九州を通過し、韓国方面へ進むと予想されています。

 

8月6日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月5日21時発表の8月7日21時の予想です。

韓国に接近することが予想されます。

 

画像引用元:ECMWF

 

スポンサーリンク

まとめ

 

気象庁からはまだ台風は発生していないとの発表でしたが、JWTC、ECMWFでの予想は台風になることを確実視しており、さらに日本列島への上陸も予想されていました。

しかも大型台風になることが予想されており、九州上陸時には関西まで強風域に入るような予想もあります。

 

直接的に関東より北側には影響がありませんが、波などが高くなる恐れもあるので、海水浴などには十分注意してくださいね!

 

進路予想に変化があったら随時追記していきます!

 

8月4日追記:

 

徐々に台風8号が近づいてきて、南の方にはまた別の台風が見えてきています。

週明けのあとに、また週末に日本列島に台風が近づいてくることが予想されます。

そちらの様子に関してはコチラで載せていきます↓↓

コメント