スポンサーリンク

【台風4号・2020】ハグピートのヨーロッパ(ECMWF)の進路予想や現在地・Windyも比較

台風(2020年)

 



 

2019年の台風4号ハグピートが発生しました!
ここでは、ヨーロッパ【ECMWF】の予想などを中心にお伝えします!

天気予報と言えば気象庁の予想を見ることが多いのですが、気象庁の発表は、日本に接近して台風に発達直前に予想を発表する傾向があります。

ヨーロッパ中期予報センターは10日先までの予想天気図を発表しており、より先の予想を見ることができます。

変わる可能性ももちろんありますが、10日先の大まかな予想を見ることで、10日後に備えることもできますよね。

ということで、ヨーロッパの中期予報センター(ECMWF)の進路予想をお伝えします!

 

ヨーロッパや米軍などはUTCのタームゾーンでの発表になります。
日本時間に換算すると、表記の時間の+9時間となります。「15/2200」と表記されたら、日本時間16日7:00ということです。
スポンサーリンク

【最新】2020年台風4号(ハグピート)の現在地 および ヨーロッパ(ECMWF)最新進路予想を比較!

気象庁

 

画像引用元:気象庁

 

現在、石垣島付近に接近しており、そのまま北上して一旦日本から離れるのですが、進路を東に変えて、東北の方へ向かってくる進路になります。

東北では、先日の大雨で洪水被害も出ている地域があるので、心配ですね。

 

ウェザーニュース

 

画像引用元:ウェザーニュース

台風4号、先島諸島に最接近

台風4号(ハグピート)は先島諸島付近を北西に進んでおり、石垣島や西表島などが暴風域に入っています(5時現在)。先島諸島では最大瞬間風速40m/s近い風が吹くおそれがあるため、暴風に厳重な警戒をしてください。また、台風の中心付近を取り巻く発達した雨雲がかかる際には非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。荒天時は外出をせず安全な場所でお過ごしください。今後は中国の華中沿岸へ進み、勢力を落として熱帯低気圧に変わる予想。その先は発達することはない見通しですが、週後半に湿った空気を北日本に送り込む可能性があるため、今後の情報に注意するようにしてください。

 

引用元:ウェザーニューズ

 

ECMWFより日本時間8月2日21時発表

 

8月2日21時現在の天気図

8月3日9時の予想

8月4日9時の予想

8月5日9時の予想

8月6日9時の予想

8月7日9時の予想

8月8日9時の予想

8月9日9時の予想

8月8日10時の予想

画像引用元:ECMWF

 

 

ECMWFの予想も他と同じように、朝鮮半島から東北や北海道を通過するような予想になっています。

 

ECMWFの予想をWindyで動きを見よう!

 

Windyとは、ECMWF(中期予想センター)の予想を動画にしているサイトです。

ECMWFが1日刻みの予想を発表になりますが、Windyだと1時間刻みの動きを見ることができるので、より動きがわかりやすいのです!

 

 

 

Windyの場合、1時間刻みの動画で見れるので、より動きがわかりやすいです。

 

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)とは

 

ヨーロッパ中期予報センターは英語表記ではEuropean Centre for Medium-Range Weather Forecastsと言って1975年に設立された国際組織で所在地はイギリスのレディングにあります。

  • 中期気象予報のための数値解析手法を開発すること
  • 中期気象予報を作成し、加盟国に配信すること
  • これらの予報を向上させるための科学的・技術的研究を行うこと
  • 適切な気象データを収集し保管すること

という目的で作られた機関で、

ヨーロッパ地域の

アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルク

以上の18カ国が加盟しています。

 

加盟国以外にも、

アイスランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、セルビア、チェコ、ハンガリー、モロッコ、リトアニア、ルーマニア

以上の10カ国がECMWFと協力関係を樹立しているのです。

 

まとめ

 

気象庁の情報だけではわからない情報や、気象庁の発表よりも早く台風の存在に気づくことができて、備えることができるというメリットがあります。

気象予報というのは、随時変化し、台風に関してはより変化しやすいものだと言えます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の特徴は10日先までの予想を公開しているところです。

 

もちろん変わる可能性もあります。

しかし、旅行の予定などを考えたり、台風が来て困る予定などを考える時にECMWFの情報を頭に入れておけば対策もしやすくなりますよね。

こうやってそれぞれの観測期間の特徴を活かして情報として付き合っていくとより良いスケジューリングができるかもしれませんよ!

 

↓↓台風4号ハグピートの他の記事はコチラ↓↓

【台風4号・2020】ハグピートの現在地と最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!

【台風4号・2020】ハグピートの現在地は?米軍(JTWC)最新進路予想を比較!

 

↓↓台風3号についてはコチラ↓↓

【台風3号・2020】シンラコウの現在地と最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!

 

↓↓台風の役立つ情報はコチラ↓↓

台風に備えて対策グッズは何を買えばよいのか?目的などをわかりやすく説明

台風発生の定義とは結局何なのか?ハリケーンとの違いなどをわかりやすくまとめ

台風が温帯低気圧になっても安心できない!熱帯低気圧との違いなどをわかりやすく教えます

 

 

台風(2020年)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム