台風9号(2019)が日本全域に接近か?米軍やヨーロッパの予想も見てみた

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

 

7月の終わりに予想された台風ラッシュですが、その予想通り台風7号が発生して、その直後に8号が発生しました。

 

 

そしてまだこれから台風8号がまだこれから日本に接近しようとしているのですが、なんと台風9号(レキマー)の発生をするとすでに予想がされているのです!

台風8号(フランシスコ)関する情報はこちらを見てください↓↓

 

気象庁、米軍のJWTC(合同台風警報センター)、ヨーロッパののECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予想を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本・気象庁の予想

 

日本の天気を観測する期間といえば、気象庁ですね。

テレビなどのメディアで流れる天気予報の情報は気象庁の観測に基づいて報じられています。

 

8月3日:予想は今のところ出ていない

 

気象庁や日本の大手の天気予報のメディアでは台風8号についての情報は報じられていますが、まだ次に来るであろう9号についての情報はまだ出てきていません。

 

8月4日追記:24時間以内にフィリピン沖に台風9号が発生?

 

画像引用元:ライブドアニュース          

今日8月4日(日)現在、日本に接近中の台風8号とは別に、フィリピンの東で熱帯低気圧が発達中です。気象庁は、今後24時間以内に台風になると予想しています。次に台風が発生すると、台風9号となります。

引用元:ライブドアニュース

 

気象庁はフィリピン沖の東にある熱帯低気圧が、台風に発達していくと予想しています。

現段階では台風ではないので、進路予想など出ていません。

 

8月5日:進路予想は沖縄方面へ

 

画像引用元:tenki.jp          

台風第9号が4日15時に発生しました。台風第9号は、4日15時現在、フィリピンの東にあって、北へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は996hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、5日15時にはフィリピンの東に達し、7日15時には沖縄の南に達するでしょう。9日15時には東シナ海に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。

引用元:tenki.jp

 

進路予想は沖縄の方へ進むことが予想されています。

その先この台風がどちらへ向かっていくのか注意が必要です。

 

8月6日追記:

 

画像引用元:tenki.jp

大型の台風第9号は、6日3時現在、フィリピンの東にあって、ほとんど停滞しています。中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は23m/sです。この台風は、7日3時にはフィリピンの東に達し、9日3時には先島諸島近海に達するでしょう。11日3時には華中に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。

引用元:tenki.jp

 

台湾の方へ進みそのまま北上するような予想になっています。

九州をはじめ、本州の方には向かってきませんが、石垣島など沖縄の離島を通過していくと予想されます。

 

8月7日:台風は8日がピーク

画像引用元:気象庁

<08日09時の予報>
強さ 非常に強い
存在地域 石垣島の南南東約280km
予報円の中心 北緯 22度05分(22.1度)
東経 125度25分(125.4度)
進行方向、速さ 北西 15km/h(8kt)
中心気圧 935hPa
中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)
予報円の半径 90km(50NM)
暴風警戒域 全域 310km(170NM)

引用元:気象庁

 

気象庁によると台風9号が最も強くなるのは、8月8日になると予想されます。

7日が955hPaで、8日が935hPa、9日には 940hPaと8日を機に徐々に弱まってきますが、沖縄の石垣島や与那国島近辺を通過し、北上していくので、沖縄や奄美諸島などでは警戒が必要でしょう。

 

8月8日追記:21時に勢力がピークに

 

画像引用元:気象庁

<08日21時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
中心付近の最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域

猛烈な
石垣島の東南東約60km
北緯 24度10分(24.2度)
東経 124度40分(124.7度)
北西 15km/h(9kt)
915hPa
55m/s(105kt)
75m/s(150kt)
60km(30NM)
全域 280km(150NM)

引用元:気象庁

8月8日21時に915hpaになると予想されていて、ピークを迎えると予想されています。

そこをピークに徐々に弱まりながら、北上していくと予想されています。

 

スポンサーリンク

米軍・JWTC(合同台風警報センター)の予想

 

米海軍と米空軍が共同で運営しているJWTC(合同台風警報センター)の予想も見ていきましょう。

観測は気象庁とはべつに行っているので、気象庁とは異なる予想が出てくることもあります。

 

8月3日:まだ予想などは出ておらず

 

JWTCでの予想もまだ出てきていません。

まだ台風に発達していないので、台風8号についての情報が出ている状態です。

 

8月4日追記:フィリピン東にある

 

画像引用元:JWTC          

フィリピン沖東の熱帯低気圧が台風へ発達するという予想です。

まだ進路予想は出ていません。

これから台風へ発達することで、進路予想も出てくると思われます。

 

8月5日追記:台風9号の進路予想が出た。

 

画像引用元:JWTC          

 

JWTCの進路予想は出てきました。

台湾寄りに北上していくという予想ですが、石垣島上空を通過することが予想されています。

進む速度が遅いので、長い時間の暴風雨になってしまうかもしれません。

 

8月6日追記:

 

画像引用元:JWTC

台湾を通過した後に北へ進路が少し変わるという予想です。

沖縄本島は上陸することはなさそうですが、暴風域に入る可能性はあるので、油断は出来ません。

 

8月7日追記:上海通過で九州も強風域に

 

画像引用元:JWTC

台風の中心は、台湾や大陸近くを通っていきますが、沖縄や九州の一部が暴風域や強風域に入ってしまうおそれもあるので、完全に台風が去るまで警戒が必要だと思われます。

 

8月8日追記:

 

画像引用元:JWTC

石垣島や与那国島付近を通るという予想で、勢力もピークに近いということなので、付近の人は警戒が必要でしょう。

 

スポンサーリンク

欧州・ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予想

 

ヨーロッパの数々の国が加盟しているECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)です。

名前の通り、中期予想というだけあって10日間先までの予想を常に発信しています。

こちらも独立して観測しているので、他とは違う予想が出てきます。

 

8月3日:台風8号通過した後に台風9号か?日本全域に影響も?

 

画像引用元:ECMWF            

日本時間8月3日9時に発表された8月7日9時の予想です。

韓国付近に台風8号がいるのですが、太平洋沖に大きな低気圧が見えています。

あくまで予想で、現在はまだ熱帯低気圧でこれから台風に発達するのではないかと予想されます。

 

今は熱帯低気圧の状態なので、これから台風に発達していくと、気象庁やJWTCも予想は出てくるのではないかと思われます。

 

8月4日追記:熱帯低気圧が台風9号に東側にもう一つ台風が?

 

画像引用元:ECMWF          

日本時間8月3日21時発表の8月8日21時の予想です。

なんと当初の台風に発達するとかんがえられていた熱帯低気圧ともう一つの熱帯低気圧が東側にあり、それが日本に向かってきてしまっていると予想されています。

いまのところ台風発生の進路予想をしているのはECMWFだけなのでまだわかりませんが、この予想通りだと日本列島に接近することが予想されるので、これからの動きには要注意です。

 

8月5日追記:台風10号のたまごも発生か?

 

画像引用元:ECMWF          

日本時間8月4日21時発表の8月7日21時の予想です。

JWTCや気象庁の観測で台風9号と呼ばれているのは、左の台湾近辺にいるほうです。

つまり、太平洋の東側にある低気圧に関してはまだ予報などは出ていません。

もしかしたらこれが台風10号になるということも考えられるのです。

 

8月6日:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月5日21時発表の8月7日21時の予想です。

昨日と変わらずという感じですね。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月5日21時発表の8月9日21時の予想です。

速度が遅く、台湾から北上していくような進み方をしていきます。

その後そのまま北上していくので、九州や本州への上陸はなさそうですね。

 

8月7日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月6日21時発表の8月7日21時の予想です。

台風の中心の気圧がかなり低くなり、風も強くなることが予想されます。

石垣島周辺の離島では警戒が必要でしょう。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月6日21時発表の8月9日21時の予想です。

9日になると上海近辺まで進み勢力も弱まってきますが、九州の西側の一部が暴風域に入る恐れがあります。

今後の動きにも注意が必要ですね。

 

8月8日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月7日21時発表の8月8日21時の予想です。

中心付近がかなりの強風になっています。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月7日21時発表の8月9日21時の予想です。

中国付近に北上してはいますが、沖縄付近への影響は続きそうですね。

 

 

 

台風10号に関しての情報はこちら↓↓

https://mo-mo-town.com/?p=1731

 

スポンサーリンク

まとめ

 

8月3日の段階では、まだ気象庁やJWTCではまだ予想も出てきていませんが、これから台風に発達する可能性があるので、十分に注意したほうが良いでしょう。

まさにラッシュがやってきたという感じですが、台風には警戒していきましょう。

コメント