台風10号(2019)が西日本直撃?米軍やヨーロッパの進路予想も見てみた

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

台風10号が発生し、徐々に北上しています。
この台風10号(クローサ)が日本に接近するのはお盆になるかもしれません!

気象庁の最新進路予想はコチラ
米軍(JTWC)の最新進路予想はコチラ
ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路予想はコチラ

 

台風8号が日本に接近してきていて、その直後に台風9号が接近しているという状況でまさに台風ラッシュが来ていますが、なんと更に南側に台風が発生しました!

 

 

台風10号(クローサ)も日本に上陸する恐れがあるようです。

 

気象庁米軍(JTWC)ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気象庁の進路予想

 

ご存知の方も多いと思いますが、日本国内のテレビやラジオなどの天気予報などは気象庁の観測に基づいて報じられます。

 

8月6日:太平洋沖に台風10号が発生か?

 

画像引用元:ウェザーニュース

 

台風9号の東側に発生した熱帯低気圧も台風まで発達する可能性が高くなってきました。

早ければ明日6日(火)午後にも台風10号になる見込みです。

画像引用元:ウェザーニュース

 

午前7時現在、台風10号発生の報道はされていません。

台風8号が九州に上陸しているのも原因でしょう。

 

8月7日追記:強さのピークは11日小笠原近海

 

画像引用元:気象庁

<11日09時の予報>
強さ 非常に強い
存在地域 小笠原近海
予報円の中心 北緯 26度05分(26.1度)
東経 141度30分(141.5度)
進行方向、速さ 北 ゆっくり
中心気圧 945hPa
中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)
予報円の半径 430km(230NM)
暴風警戒域 全域 560km(300NM)

引用元:気象庁

気象庁の発表では、台風10号(クローサ)は小笠原諸島近海に接近する11日の時点で945hPaになり、ピークを迎えると発表しています。

その後の動きは12日までの予想しか出ておらず。このまま本州の方へ北上するおそれも考えられます。

 

8月8日追記:11日がピーク、13日には本州に接近!

 

画像引用元:気象庁

<11日09時の予報>

強さ
存在地域 
予報円の中心 
東経 
進行方向、速さ 
中心気圧 
中心付近の最大風速 
最大瞬間風速 
予報円の半径 
暴風警戒域 

非常に強い
小笠原近海
北緯 25度55分(25.9度)
141度50分(141.8度)
北 ゆっくり
935hPa
45m/s(85kt)
60m/s(120kt)
220km(120NM)
全域 390km(210NM)

引用元:気象庁

8月7日の予報では、11日の予想の気圧が945hpaでしたが、8日になった予報では10日に945hpa、11日に935hpaと勢力が強くなると予想になっています。

昨日よりも徐々に勢力が強くなるという予想になり、お盆に直撃するだけでなく、勢力の強い台風となってしまうかもしれません。

 

8月9日追記:お盆に日本直撃は確実か

 

画像引用元:気象庁

<11日03時の予報>

強さ                       非常に強い
存在地域                 父島の南南西約290km
予報円の中心           北緯 24度40分(24.7度)
東経                       141度10分(141.2度)
進行方向、速さ        北 ゆっくり
中心気圧                 940hPa
中心付近の最大風速  45m/s(90kt)
最大瞬間風速           65m/s(130kt)
予報円の半径           140km(75NM)
暴風警戒域 全域       300km(160NM)

引用元:気象庁

8月8日の予報では最大瞬間風速が60m/s(120kt)でしたが、9日の予報では、65m/s(130kt)と強くなっています。

さらに進路が西の方へ向き、日本直撃は免れない状況だと言えます。

しかも接近する時期はお盆14日あたりで、速度も遅く上陸したあと日本付近に長く停滞する恐れもあります。

 

8月10日追記:お盆に西日本へ上陸はほぼ確実?

 

画像引用元:気象庁

<15日03時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
中心付近の最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域

強い
日本の南
北緯 31度50分(31.8度)
東経 132度55分(132.9度)
北 15km/h(8kt)
955hPa
40m/s(80kt)
60m/s(115kt)
370km(200NM)
全域 500km(270NM)

引用元:気象庁

台風10号クローサは、日本に近づいて来るごとに中心気圧を下げて北上します。

現段階で出ている最も先の15日の予報では、955hpaとなり、広い範囲が暴風域となって日本に接近する恐れもあります。

 

速度も遅く上陸した後、通過するまでに時間がかかってしまう可能性も高く、被害が大きな地域も出てきてしまう恐れもあります。

お盆は天気予報を気にしながら行動しましょう。

 

8月11日追記:16日に日本海側へ

 

画像引用元:気象庁

<15日03時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
中心付近の最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域

強い
日本の南
北緯 31度20分(31.3度)
東経 132度20分(132.3度)
北 15km/h(8kt)
955hPa
35m/s(70kt)
50m/s(100kt)
260km(140NM)
全域 440km(240NM)

画像引用元:気象庁

台風の勢力のピークは13日~14日ですが、本州に最も接近する15日の台風の勢力の予想は、8月10日発表のよりも多少弱い予報になりましたが、依然として勢力は強いといえます。

西日本に上陸後16日には、日本海側へ抜けて北上するという予想になっています。

 

現在は、日本の南側に位置しており、小笠原諸島付近や沖縄や奄美諸島付近で、高波などに注意が必要でしょう。

 

8月12日追記:

 

画像引用元:気象庁

<15日09時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域

強い
西日本
北緯 32度40分(32.7度)
東経 132度00分(132.0度)
北北西 15km/h(9kt)
960hPa
35m/s(65kt)
50m/s(95kt)
220km(120NM)
全域 500km(270NM)

引用元:気象庁

8月11日の予報よりも小さくはなりましたが、依然として大型台風であることは変わらず、被害が大きくなってしまう可能性もあります。

西日本は文字通りお盆直撃となってしまい、行楽などにも影響が出てしまうでしょう。

日本全国広い範囲で波が高くなっているので、海に行く場合は十分に注意が必要です。

 

8月13日追記:九州から北上、日本全体定期に暴風域に入る予想

 

画像引用元:気象庁

 

<15日03時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域

強い
足摺岬の南南西約170km
北緯 31度20分(31.3度)
東経 132度20分(132.3度)
北北西 15km/h(8kt)
955hPa
35m/s(70kt)
50m/s(100kt)
110km(60NM)
全域 390km(210NM)

引用元:気象庁

12日の予報から大きな変化はなく、日本への上陸は間違いないと考えられます。

暴風域に入る地域の予想では、日本のほぼすべての地域で暴風域に入る可能性が高いという予想もされています。

 

画像引用元:気象庁

北海道の東部以外はほぼ日本全域で暴風域に入ると予想されているので、台風自体は、九州から四国や関西地方を通過して、日本海側へ抜けていきますが、関東などの太平洋側にも影響はあるので、どの地域にいる方も警戒が必要になります。

 

8月14日追記:関東などでも高波

 

画像引用元:気象庁

 

<15日03時の予報>

強さ
存在地域
予報円の中心

進行方向、速さ
中心気圧
最大風速
最大瞬間風速
予報円の半径
暴風警戒域


足摺岬の南南西約160km
北緯 31度25分(31.4度)
東経 132度10分(132.2度)
北 20km/h(10kt)
965hPa
30m/s(60kt)
45m/s(85kt)
90km(50NM)
全域 300km(160NM)

引用元:気象庁

台風10号はかなり大型になるため、13日の時点で、関東などでも波が荒れています。

今後更に北上して近づくごとに、更に荒れてきます。

 

九州は14日午前6時時点では、既に強風域に入っています。

九州に上陸はなさそうですが、風の影響が大きくなりそうです。

 

米軍(JTWC)の最新進路予想はコチラ
ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路予想はコチラ

 

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)の予想

 

合同台風警報センター(JTWC)は米海軍と米空軍が設置した観測機関です。

気象庁と異なる予想をすることも少なくないので、参考にしてみましょう!

 

8月6日:台風10号(クローサ)発生!

 

画像引用元:JWTC

画像引用元:JWTC

JWTCでは、台風発生を発表しており、進路予想も出ています。

現在、太平洋のグアム付近に停滞しているようですね。

日本時間11日の午前7時には南西諸島付近に接近すると予想されています。

 

8月7日追記:本州に向かう進路予想でお盆直撃か

 

画像引用元:JWTC

昨日の予想から新たに出た進路予想が出てきました。

東の方向へ進むような進路予想でしたが、12日の予想が出て進路が本州の方へ進んでいくような予想が出ています。

 

このまま進んでいくと13日や14日辺りに本州へ上陸する恐れもあり、お盆に台風直撃の可能性も出てきてしまいました。

 

8月8日追記:進路が西日本方面に

 

画像引用元:JWTC

13日の進路予想が出てきて、西の方へ進路進めていくような予報になっています。

このまま北上していくと、東海から四国あたりに上陸することが予想されます。

 

このまま予報どおりだと、14~15日には本州に上陸してしまうおそれもあり、お盆休みの行楽などに影響が出てしまいそうです。

 

8月9日追記:

 

画像引用元:JWTC

14日7時の進路予想では、近畿地方から九州地方にまで影響があることが考えられます。

台風の範囲は広く、進む速度も遅いため日本に接近して来た場合は、被害が大きくなってしまうことが考えられるので、台風の動きには警戒が必要でしょう。

 

8月10日追記:西日本全域へ影響か

 

画像引用元:JWTC

JTWCは14日が一番先の進路予想になっていますが、どの14日には九州、四国あたりから中国地方を中心に上陸するような動きになっています。

台風10号クローサは大型台風なため、西日本をすっぽりと覆ってしまうほどの範囲で強風などが起こる可能性もあります。

 

8月11日追記:お盆後半には西日本へ

 

画像引用元:JWTC

JTWCに進路予想も気象庁とほとんど同じく、九州から北上して四国、中国地方や関西地方を通過して、日本海側へ北上する予想です。

本州に上陸したら、太平洋を停滞していた時よりも速度をあげて通過する予想です。

 

現在は小笠原諸島付近に停滞していおり小笠原諸島付近に高波の恐れがあります。

その後西の方へ進み、沖縄や奄美諸島付近に接近し、沖縄や奄美諸島の天気が崩れ、高波の恐れもあります。

お盆休みに直撃するので、天気予報に注意して過ごした方が良いです。

 

8月12日追記:西日本お盆直撃は確実か

 

画像引用元:JWTC

14日から15日にかけて西日本全体、16日にかけて日本海側を北上していく予想になっています。

16日には勢力が弱まって熱帯低気圧になるという予想もありましたが、先日元台風8号の熱帯低気圧が北海道や東北に大雨を降らせたこともあるので、完全に通過するまでは警戒が必要です。

 

8月13日追記:お盆後半にかけて日本全域へ影響

 

画像引用元:JTWC

前日から大きな変化はなく、九州から北海道までのほぼ日本全域で台風10号クローサの影響があると予想されています。

お盆後半のUターンラッシュと重なってしまうこともあるかもしれません。

 

8月14日追記:Uターンラッシュ直撃

 

画像引用元:JTWC

進路予想などは特に変化はありません。

移動速度が遅いのでこれから北上してくるにあたり、速度が遅い分暴風域、強風域に入る時間が長くなるので、その分が被害が出る可能性は高くなります。

場所によっては災害級の被害も出る恐れがあるという予想もあるので、十分に警戒しましょう。

 

気象庁の最新進路予想はコチラ
ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路予想はコチラ

 

 

スポンサーリンク

ヨーロッパ(ECMWF)の予想

 

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想も見ていきましょう。

コチラはヨーロッパの国々が加盟している観測機関です。

独自に観測をしているので、気象庁やJWTCとは違う予想を見ることが出来ます。

特徴的なのは10日先の予想を常に発信しています。

 

8月6日:台風10号(クローサ)西日本に接近の恐れアリ!

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月5日21時に発表の8月7日21時の予想です。

左側に見えるのが、台風9号です。

右側の南西諸島付近に位置しているのが、台風10号(クローサ)です。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月5日21時に発表の8月13日21時の予想です。

8月7日から6日間かかってこの位置にいます。

つまり、南西諸島や小笠原諸島付近に長く停滞するということが予想されています。

 

8月7日追記:13日に関西に直撃か

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月6日21時に発表の8月12日21時の予想です。

気象庁やJWTCよりも本州に近く、東海から関西の太平洋沖に位置しています。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月6日21時に発表の8月14日21時の予想です。

西日本を中心に台風が上陸して、関西や四国あたりが暴風域に入っています。

まさにお盆の真っ最中に、台風が直撃すること恐れがあるということが予想されています。

 

8月8日追記:14日に西日本全域が暴風域に?

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月7日21時に発表の8月13日21時の予想です。

他の予想よりも更に西の方へ進むような予想がされています。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月7日21時に発表の8月14日21時の予想です。

台風の中心よりも少し外側が風が強い予想になっています。

西日本全域に影響が出てしまいそうですね。

 

8月9日追記:お盆に本州全域へ影響

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月8日21時に発表の8月14日21時の予想です。

西の方へ進路を変えて、近畿地方から九州まで暴風域に入ってしまう恐れがあります。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月8日21時に発表の8月15日21時の予想です。

かなり速度が遅く徐々に北上していますが、四国や関西地方には長く停滞する可能性があります。

14日、15日とお盆のメインとなる日に直撃してしまうので、今年のお盆の行楽などはかなり制限されてしまうことになるかもしれません。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月8日21時に発表の8月16日21時の予想です。

関西地方付近から日本海側を北上していく進路予想になっています。

本州全域に台風10号の影響があることも考えられるので、注意していきましょう。

 

8月10日追記:14日~15日には西日本が全域が暴風域か?

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月9日21時に発表の8月14日21時の予想です。

台風10号クローサがかなり大型で風速の高い範囲がかなり広いことがわかります。

その範囲は関西から九州までをすっぽりと覆ってしまいそうです。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月9日21時に発表の8月15日21時の予想です。

速度が遅く一日経っても西日本に停滞することが予想されています。

勢力は弱まっていくようですが、普段よりも風が強いことは間違いなく、被害なども出る可能性もあるので、十分に注意が必要な2日間になるでしょう。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月9日21時に発表の8月16日21時の予想です。

日本海側北上していくことが予想されています。

関東への直接的な影響はあまりなさそうですが、東北や北海道も警戒が必要になるかもしれません。

 

8月11日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月10日21時に発表の8月13日21時の予想です。

以前の予想よりも西の方を通過する予想になっており、奄美諸島なども暴風域に入ってしまう恐れがあります。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月10日21時に発表の8月14日21時の予想です。

九州や四国などが暴風域に入ってしまう予想です。

そのまま北上すると、関西地方も暴風域に入ってしまうおそれもあるでしょう。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月10日21時に発表の8月15日21時の予想です。

中国地方から関西、北陸をすっぽり覆ってしまっています。

かなり広い範囲で影響があることが予想されます。

その後は他と同じく日本海側へ北上するという予想です。

 

8月12日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月11日21時に発表の8月13日21時の予想です。

先日の予想に比べると風の強い範囲は少し少なくなっていますが、警戒は必要です。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月11日21時に発表の8月15日21時の予想です。

予想される日が近づいてきて、九州から関西、北陸付近を通過することは確実だと思われます。

 

8月13日追記:夜には九州に上陸

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月12日21時に発表の8月13日21時の予想です。
前日の予想とは大きな変化はありません。

13日の21時には、九州に上陸することが予想されます。
何日も前からお伝えしていますが、いよいよ上陸となります。

13日は昼間から警戒してください。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月12日21時に発表の8月14日21時の予想です。

西日本全体が暴風域に入ってしまっています。
特に九州は丸一日暴風域に入ってしまうことも予想されているので、事前に準備ができることなどがあれば、全てやってしまったほうが良いでしょう。

 

8月14日追記:

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月13日21時に発表の8月14日21時の予想です。

台風は四国に上陸する恐れがありそうです。

そして大型のため、関西地方も暴風域に入ってしまう恐れがあります。

 

画像引用元:ECMWF

日本時間8月13日21時に発表の8月15日21時の予想です。

14日から一日経過後もまだ台風は本州近辺におり、関西地方は暴風域に入ってしまいます。

14日午後からは十分に警戒が必要です。

 

気象庁の最新進路予想はコチラ
米軍(JTWC)の最新進路予想はコチラ

 

Windyの予想も見てみましょう。

WindyはECMWFの進路予想を動画で載せているサイトです。

 

 

15日木曜には関西地方を通過しています。

7日辺りから日本列島は3つの台風に囲まれるという状況になりそうです。

全国各地で台風の影響があることが予想されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

3つの機関の予想を見ていきましたが、予想にバラツキがありますね。

特にECMWFは、10日間先の予想も出てくるので、独特ですね。

 

これから気象庁の予想も出てくると思います。

新しい情報や進行状況などが出てきたら追記していきます!

コメント