渋野日向子が通った学校を調べてみた!メジャー優勝までの経歴をまとめてみた

ゴルフ

日本の女子ゴルフ界で人気のプロはたくさんいますが、成績で世界的に活躍ができている選手というのは宮里藍さんくらいで、日本国内での活躍をする選手が多かったと考えられます。

そんな日本女子ゴルフ界に新星のごとく新たな選手が現れました。

 

渋野日向子選手は「AIG全英女子オープン」で優勝を果たし、42年ぶりのメジャー優勝をしました。

日本人で唯一のアメリカツアー優勝を果たしている岡本綾子さんも達成できていない快挙です。

 

今回はそんな渋野日向子選手についてお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

渋野日向子のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

渋野 日向子 / Hinako Shibunoさん(@pinacoooon)がシェアした投稿

名前 澁野 日向子
生年月日 1998年11月15日(20歳)
身長 165cm
体重 62kg
血液型 AB型
出身校 岡山県作陽高等学校(岡山県)
プロテスト合格日 2018年7月27日
入会日 2018年7月28日(90期生)
スポーツ歴 ソフトボール、野球
趣味 習字、ソフトボール
好きな色 青、ピンク
所属 RSK山陽放送引用元:日本女子プロゴルフ協会

 

本名は難しい方の「澁」という漢字ですが、登録は「渋」の字を使っています。

そのため、メディアなどでは渋野日向子と表記されることの方が多いのです。

 

42年ぶりのメジャー優勝ということで記録的な快挙を成し遂げた渋野選手ですが、高校卒業後の2017年にプロテストを1度受けて、落ちてしまっているのです。

翌年の2018年にステップ・アップ・ツアーに出場し、その中でホールインワンを達成するなどして最終プロテスト進出し、14位で合格し、翌シーズン前半戦のJLPGAツアー出場資格を得ることができたのです。

 

初めてプロとして望んだ2019年のシーズンは、5月に「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」で大会史上最年少での優勝しました。

6月に行われた「アース・モンダミンカップ」終了時点で年間獲得賞金ランキング3位に浮上し、8月に行われる全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「AIG全英女子オープン」への出場権を獲得することが出来たのです。

7月に行われた新設大会の「資生堂 アネッサ レディスオープン」で優勝し、大会の初代女王に輝きました。

 

8月になり、「AIG全英女子オープン」で初の海外での試合で、当初の目標は予選通過だったにもかかわらず、見事に優勝してしまいました。

日本人プロのメジャー優勝は男女を通じて、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子さん以来の42年ぶり、2人目の快挙です!

プレー中に笑顔を絶やさないでプレーする姿を見て、海外メディアからは「スマイルプリンセス」と呼ばれています。

 

高校卒業してすぐにプロになれず、2年越しにプロになり、そこから国内で2度の優勝、メジャー優勝するというのは、まさに破竹の勢いで、”シンデレラストーリー”だとも言えます。

 

日本人ゴルファーで海外で活躍した選手は女子だと岡本綾子さんや宮里藍さん、男子だと青木功さんや丸山茂樹さんなどがいますが、そのような選手でさえ達成していないのがメジャー優勝です。

メジャー優勝を果たしているのは、渋野日向子選手以外だと、樋口久子さんだけなのです。

 

メジャー選手権(Major Championships)とは、ゴルフに於いて最も権威のある4つのトーナメントの総称。単にメジャーとも呼ばれる。
LPGA(全米女子プロゴルフ協会)におけるメジャー選手権ANAインスピレーション (1983–)
全米女子プロゴルフ選手権(女子PGA選手権) (1955–)
全米女子オープン (1946–)
全英女子オープン (2001–)
エビアン選手権 (2013–)
引用元:Wikipedia

 

メジャー優勝はプロゴルファーが目指す一つの夢のようなもので、日本人プロゴルファーとしてはまさに快挙だと言えます。

それを20歳で達成してしまったということはこれからの活躍が楽しみですよね!

 

スポンサーリンク

渋野日向子が通った学校

 

渋野日向子選手が通った学校についてまとめてみました!

 

卒業した岡山市立平島小学校は卒業生にはあの人も

 

渋野日向子選手が通った小学校は岡山市立平島小学校です。

渋野選手がゴルフと出会ったのは2年生の夏でした。

同じ年の冬には、今も大好きだと公言するソフトボールも始めたのです。

 

ゴルフでは、2010年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(小学生・女子の部・高学年)で3位等の成績があります。

小学生の頃から県内での大会で活躍するなど、徐々に頭角を現せていたのですね。

 

ちなみに有名な卒業生には、お笑い芸人のブルゾンちえみさんがいます。

 

中学は岡山市立上道中学校

 

渋野日向子選手が通った中学校は岡山市立上道中学校です。

中学になる軟式野球部で女子で唯一一人の女子部員となるのです。

ソフトボールへの思いがそうさせたのでしょうね。

 

ゴルフでは岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で優勝しました

優勝した渋野選手に対して、軟式野球部の監督はゴルフ一本にすることを薦めたのです。

そして渋野選手は、中学2年に軟式野球部を退部してゴルフ一本に絞りました。

そのおかげか、岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で2012年、2013年と優勝し、見事3連覇を達成することが出来たのでした!

 

高校はスポーツの名門岡山県作陽高等学校

 

渋野日向子選手が通った高校は岡山県作陽高等学校です。

「岡山県」とついていますが、私立の共学高校です。

岡山県津山市八出にあります。

 

 

学科としては、普通科スーパー特進コース、普通科特別進学コース、普通科進学コース、 普通科ミュージックコース、普通科総合教養コース、普通科スポーツコースと多くのコースがあり、偏差値もコースによってかわり37~57とかなり開きがあります。

 

渋野日向子選手は2014年に進学後、中国女子アマチュア選手権」に個人で優勝しています。

2015年全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦では同高校のメンバーとして出場し、今もプロで活躍している大里桃子選手がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝したのです。

 

渋野選手の世代以前にも2008年に全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝を果たしています。

その時の、メンバーに藤本麻子選手と東浩子選手がいます。

 

他には、サッカー部が男女で強く、元日本代表の青山敏弘選手を卒業生には、多くのJリーガーがいます。

それ以外で有名な卒業生に俳優のオダギリジョーさんもいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ゴルフ界のニューヒロインが誕生ということで、日本ではかなり湧いていますが、これからどんな活躍をしてくれるのかを期待したいですね!

日本で見たいという気持ちもありますが、やはりアメリカのLPGAツアーに出場してどこまでいけるのかを見れたらと考えてしまいます。

 

まだ20歳ですからもしかしたらこのまま力をつけて、岡本綾子さん以来のアメリカツアー優勝も達成してしまうかもしれません。

これからの渋野日向子さんの活躍に期待しましょう!

 

トップ画像引用元:インスタグラム

 

コメント