台風11号(2019)バイルーの最新進路予想|気象庁・米軍・ヨーロッパの見解を比較!

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

 

台風11号(2019)バイルー気象庁米軍の合同台風警報センター(JTWC)ヨーロッパの中期予報センター(ECMWFのそれぞれの最新進路予想などの見解を比較して、より安全に過ごせるようにしましょう!

 

最新進路予想はコチラ!

 

日本国内の天気予報は基本的に気象庁発表のデータを元に報じられていますが、海外の観測機関であるJTWCECMWFは、進路予想など気象庁とは少し異なる見解を発表することも少なくありません。

実際にどれが必ず当たるというものではありませんが、それぞれの見解を知っておけば、いつも見ている天気予報の予測が違った場合に、備えられるということも出来ます。

 

より安全に、台風と付き合うためにそれぞれの見解を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8月21日の進路予想

 

8月21日の午前7時の時点では、日本から見て太平洋の南の方に熱帯低気圧が発生しています。

いわゆる”台風の卵”と呼ばれるものです。

こちらの各観測機関の進路予想を見ていきましょう!

 

気象庁の予報:熱帯低気圧が台風へ

 

画像引用元:気象庁

<22日03時の予報>

強さ
存在地域フィリピンの東
予報円の中心
北緯 16度55分(16.9度)
東経 131度30分(131.5度)
進行方向、速さ北西 10km/h(6kt)
中心気圧998hPa
中心付近の最大風速18m/s(35kt)
最大瞬間風速25m/s(50kt)
予報円の半径110km(60NM)

引用元:気象庁

 

21日7時現在、気象庁の発表では、日本から見て太平洋の南の方、フィリピンの東沖に熱帯低気圧が発生しており、22日中には台風へ発達すると予想しています。

まだ台風発生となっておらず、気象庁の情報は限られたものになっています。

 

米軍・合同台風警報センター(JTWC)の予想

 

画像引用元:JTWC

米軍の合同台風警報センター(JTWC)の見解を見ていきましょう。

太平洋をグアムの西側付近からフィリピン沖へ西の方へ、熱帯低気圧が移動しています。

こちらもまだ熱帯低気圧=台風の卵でまだこれ以上の予想などは出ておりません。

 

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センターの予報:台湾を通過すると予想

 

画像引用元:ECMWF

8月20日21時発表の8月23日21時の予想です。

図の下側の台湾付近に位置している大きな低気圧が台風11号になります。

ECMWFは10日間先までの予想が出るので、このように他の2者では発表されていない情報が予想という形で天気図が現れます。

 

画像引用元:ECMWF

8月20日21時発表の8月24日21時の予想です。

台湾を通過するような予測になっています。

九州や本州などには大きな影響はあまりなさそうですが、沖縄や沖縄周辺の離島で特に石垣島や与那国島などは、暴風域に入る可能性が高く台風による影響は大きいと考えられます。

 

8月21日18時追記:台風11号(バイルー)発生!

 

8月21日夕方になり、台風11号(バイルー)が発生しました。

各機関の進路予想などを見ていきましょう!

 

気象庁:台風11号発生!進路は台湾から中国方面へ

 

画像引用元:気象庁

<24日15時の予報>

強さ
存在地域沖縄の南
予報円の中心
北緯 23度10分(23.2度)
東経 121度55分(121.9度)
進行方向、速さ
北西 25km/h(13kt)
中心気圧990hPa
最大風速25m/s(50kt)
最大瞬間風速35m/s(70kt)
予報円の半径260km(140NM)

引用元:気象庁

 

気象庁の発表では、勢力が最大になるのは23日から24日にかけてで、台湾付近を通過する頃だと考えられます。

中心気圧が990hpaということで、前回の台風10号よりも勢力や規模は大きくないと予想されますが、強風や大雨を伴うことには変わりないので、警戒は必要です。

台湾付近の与那国島や石垣島などにも、強風や大雨などの影響はあると考えられます。

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)の予想:台風11号(バイルー)は台湾の方へ

 

画像引用元:JTWC

JTWCに進路予想も気象庁とだいたい同じような動きだと言えます。

やはり沖縄本島は暴風域を避けられそうですが、石垣島などは直撃してしまう恐れもありそうです。

 

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想:本州にも大雨などの可能性

 

画像引用元:ECMWF

8月21日9時発表の8月23日9時の予想です。

台風の進路自体は気象庁などと同じような動きをしていますが、広範囲で予想が観ることができるECMWFの特徴を活かして日本全体を見てみましょう。

本州の太平洋側が低気圧に覆われているのがわかります。

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月21日9時発表の8月24日9時の予想です。

台湾周辺を通過することは同じですが、本州の太平洋側の低気圧にも注目です。

台風とまではいきませんが、熱帯低気圧に近い低気圧が本州付近にいるので、日本全国で大雨や強風などが起こる可能性もあります。

沖縄周辺の方はもちろんですが、本州などの日本全域で豪雨などにも警戒が必要になりそうです。

今後の天気予報には注意をしましょう。

 

8月22日追記

 

21日に発生した台風11号(バイルー)は、勢力を強めていることがわかりました。

 

気象庁:前日よりも勢力が強いと予想

 

画像引用元:気象庁

<24日03時の予報>

強さ
存在地域
石垣島の南約340km
予報円の中心
北緯 21度25分(21.4度)
東経 123度35分(123.6度)
進行方向、速さ
北西 20km/h(12kt)
中心気圧975hPa
中心付近の最大風速30m/s(60kt)
最大瞬間風速45m/s(85kt)
予報円の半径190km(100NM)
暴風警戒域
全域 260km(140NM)

引用元:気象庁

 

21日に発表していた予想の9900hpaよりも、より低気圧な975hpaで最大瞬間風速も35m/s(70kt)から45m/s(85kt)と、勢力が強くなると予想しています。

ピークは石垣島の近くを通過する頃なので、先島諸島では飛行機や船など交通への影響は避けられないかもしれません。

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)

 

画像引用元:JTWC

JTWCの予想は大きく変わっていませんが、強いて言えば、台湾通過後に、進路が西の方へ向いているということですね。

 

ヨーロッパ(ECMWF)

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月21日21時発表の8月23日21時の予想です。

やはり同じように台風11号(バイルー)は台湾へ向かっていきいます。

更に注目なのが、本州全体の周りに低気圧がいることです。

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月21日21時発表の8月24日21時の予想です。

他の予想よりも台風11号(バイルー)は少し北に位置しているようにも見えます。

もしこの予想どおりになった場合、先島諸島にはより近づいて通過することも考えられるので、警戒しておいて間違いはありません。

 

本州の低気圧は前日よりも少し離れていると予想されています。

それでも本州の近くには低気圧はそのままいるような状態なので、全国的に不安定な天気になることが予想されます。

 

スポンサーリンク

8月22日夕方追記

 

気象庁の予想:台風11号(バイルー)のピークは24日

 

画像引用元:気象庁

<24日15時の予報>

強さ
存在地域
与那国島の南南西約240km
予報円の中心
北緯 22度40分(22.7度)
東経 121度40分(121.7度)
進行方向、速さ
北西 20km/h(11kt)
中心気圧975hPa
中心付近の最大風速30m/s(60kt)
最大瞬間風速45m/s(85kt)
予報円の半径170km(90NM)
暴風警戒域
全域 240km(130NM)

引用元:気象庁

 

22日朝の発表から変わらず、24日が台風11号(バイルー)の勢力のピークとなりそうです。

24日は、石垣島の近くを通過するので、直撃はしなくても影響は大きくなると考えられます。

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)の予想

 

画像引用元:JTWC

進路予想としては、気象庁と見比べると若干異なり、JTWCの予想どおりの場合、より石垣島に近いところを通過するということになります。

台風の動きは不安定なので、石垣島や先島諸島周辺の人は警戒が必要だと考えられます。

 

ヨーロッパ(ECMWF)の予想:本州も天気が荒れる可能性

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月22日9時発表の8月24日9時の予想です。

他よりも石垣島寄りを通過するような予想になっています。

そして本州付近には大きな低気圧がありますが、それは秋雨前線です。

本州付近も大雨などが予想されているので、全国的に天気には注意が必要になります。

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月22日9時発表の8月25日9時の予想です。

台風11号は通過していますが、先島諸島付近には低気圧がまだ残っているので、荒れた天気になってしまいそうです。

週末まで警戒していて間違いなさそうです。

 

8月23日追記

 

気象庁の予想

 

画像引用元:気象庁

<24日03時の予報>

強さ
存在地域
与那国島の南約380km
予報円の中心
北緯 21度05分(21.1度)
東経 122度55分(122.9度)
進行方向、速さ
北西 25km/h(14kt)
中心気圧975hPa
中心付近の最大風速30m/s(60kt)
最大瞬間風速45m/s(85kt)
予報円の半径90km(50NM)
暴風警戒域
全域 170km(90NM)

引用元:気象庁

 

前日よりも予想されている進路が南に変わっています。

石垣島付近を通過する予想でしたが、多少ですが離れた進路になりそうだということです。

それでも台湾へ直撃をするような進み方をするので、先島諸島にも影響はありそうです。

飛行機や船などを利用される方は、欠航などになってしまう可能性もあるので、よく注意をしておいたほうが良いです。

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC)の予想

 

画像引用元:JTWC

JTWCは前日とあまり変わらない予想になっています。

コチラの場合は、台風11号(バイルー)が大型のため、石垣島付近の直撃はありませんが、暴風域に入るということが予想されています。

進路予想としては、気象庁の予想がJTWCの予想に近づいてきたという感じです。

 

ヨーロッパ(ECMWF)の予想

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月22日21時発表の8月23日21時の予想です。

前日の予想よりも、台風11号周辺の風が強くなると予想されています。

範囲も大きく、石垣島や先島諸島への影響も大きくなりそうです。

 

画像引用元:ECMWF

こちらは8月22日21時発表の8月24日21時の予想です。

やはり強風の範囲が大きくなると予想されているので、より警戒が必要だと考えられます。

週末旅行などの予定がある方は十分に確認しながら行動した方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

Windyも見てみよう!

 

 

WindyとはECMWFの予想を動画に表しているサイトです。

こちらだと動きがよりわかりやすくなります。

今後ECMWFの予想が変わるとWindyの動画もそれに合わせて変更されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

それぞれの見解には特徴があり、早い段階ではより先までの予想を出ているECMWFの情報を見るとおおよその動きがわかり、大きな影響があるのかどうかなんとなく掴めると言ったところですね。

しかし、台風の動きは予想しづらく、事前の予報よりも大きく動きを変えることも多いのです。

 

そのため、早い段階での予想がご自身のいる地域に影響がなくても、台風が完全に日本周辺から離れるまでは、予報などはしっかりチェックして過ごしましょう。

今後、新たな情報が出たら追記します!

コメント