スポンサーリンク

杉田和博官房副長官の娘や息子・嫁はどんな人?経歴や学歴がすごすぎる!

政治関係

杉田和博官房副長官は、安倍内閣をずっと支えた一人だと言えるでしょう。

そんな杉田和博官房副長官は、どんな経歴でどんな学歴なの気になる人もいるかも知れません。

今回は、杉田和博内閣官房副長官についてお伝えします。

 



スポンサーリンク

杉田和博官房副長官の娘や息子はどんな人?

 

杉田和博官房副長官のことを調べると、「」や「息子」という言葉が出てきます。

娘さんや息子さんは何かをされたのか、どんなひとなのかと言うのは気になるところなのですが、残念ながら娘さんや息子さんの情報はありませんでした。

おそらく、杉田和博官房副長官のことが気になる人が、娘さんや息子さんが気になって検索したのだと考えられます。

今後、杉田和博官房副長官の娘さんや息子さんについての情報が、出てくるかも知れません。

 

杉田和博官房副長官の嫁はどんな人?

 

杉田和博官房副長官の娘さんや息子さんのことが気になる人が多い人がいるということは、奥さんのことが気になる人がいるからではないかと思う人も多いでしょう。

そこで、杉田和博官房副長官の奥さんについても調べました。

しかし、こちらに関しても情報は出てきませんでした。

官房副長官は政治家と違い、あくまで裏方という立場になるので、選挙などをする政治家と違い、結婚や家族のことを公表したり、発信するメリットはそこまでないとも噛んがることができます。

そのため、杉田和博官房副長官のご家族に関しての情報が少ないのだと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

杉田和博官房副長官の経歴がすごすぎる!

 

生年月日 昭和16年4月22日生
出身地 埼玉県

 

大学卒業後、警察庁に入庁し、いわゆる警察官僚とキャリアを積んでいます。

警察庁では、警備・公安畑で活躍していました。

地下鉄サリン事件が起こった時は、警察庁警備局長を務めていました。

役職だけを聞いてもわかりにくいですが、当時の地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の関係者は、ほかにも多くの事件を起こしています。

そして警察官僚を狙った事件もいくつかあり、当時の杉田官房副長官もその標的になりうる存在だったということになるのです。

 

1966年 4月 警察庁
1982年11月 内閣官房長官秘書官事務取扱(後藤田・藤波官房長官)
1985年 4月 警視庁第一方面本部長
1988年 8月 鳥取県警察本部長
1993年 3月 神奈川県警察本部長
1994年10月 警察庁警備局長
1997年 4月 内閣官房内閣情報調査室長
2001年 1月 内閣情報官
2001年 4月 内閣危機管理監
2004年 1月 退官
2005年 7月 財団法人世界政経調査会会長
2012年12月 内閣官房副長官(第2次安倍内閣)
2014年 9月 内閣官房副長官(第2次安倍改造内閣)
2014年12月 内閣官房副長官(第3次安倍内閣)
2015年10月 内閣官房副長官(第3次安倍改造内閣)
2016年 8月 内閣官房副長官(第3次安倍第2次改造内閣)
2017年 8月 内閣官房副長官(第3次安倍第3次改造内閣)・内閣人事局長兼務
2017年11月 内閣官房副長官(第4次安倍内閣)

 

そして、官僚を退官後は、一般財団法人世界政経調査会で会長を務めています。

こちらは内閣調査室のシンクタンクとして設立された組織です。

第二次安倍内閣が発足から、菅内閣まで官房副長官を歴任しています。

そして、2017年からは内閣人事局長を兼務しています。

 

ここまで見てわかるように、エリートと言われる官僚の中でも、超一流と言われる部類の官僚だと言って間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

杉田和博官房副長官の学歴もすごい!

 

官僚と言うと、日本のトップレベルのエリートがなるものというイメージですよね。

その中でもエリート中のエリートと言って過言ではない、杉田和博官房副長官はどんな学歴なのか気になる人も多いでしょう。

杉田和博官房副長官についてまとめました。

 

杉田和博官房副長官の出身高校

 

杉田和博官房副長官が通ったのは、埼玉県立浦和高等学校です。

 

 

埼玉県内で2位のレベルの公立高校で、偏差値は74です。

2位というと見劣りする感じがしてしまいますが、超難関校の一つだと言って間違いありません。

卒業生には、多くの政財界の大物が名を連ねています。

 

杉田和博官房副長官の出身大学

 

杉田和博官房副長官は、東京大学法学部を卒業しています。

東京大学は、誰もが知る日本トップの大学ですね。

法学部の偏差値は67.5と言われています。

高校の偏差値からすると見劣りしてしまう感じは否めませんが、そんなことはありません。

東京大学といえば、卒業生の多くが官僚になっていることも多く、杉田官房副長官もなるべくしてなったと言えるかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

やはり、官房副長官となるまでの人の経歴はすごいというのが、率直な感想です。

エリート中のエリートですから当たり前なのですが、日本の中枢を支える人となると、経歴がすごすぎますよね。

これだけの経歴を持った人なので、官房副長官になるというのも納得せざるを得ません。

これからも日本のために尽力してくれることを、期待したいですね。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

↓↓杉田官房副長官のネットの噂などについてはこちら↓↓

杉田和博官房副長官の評判は?マスクや倒れる・鮫島事件とは何のこと?

 

 

政治関係
    
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム