スポンサーリンク

板尾創路の嫁はどんな人?馴れ初めや娘・長女は乳児突然死していた

お笑い芸人

芸人・俳優などとして活動している板尾創路さんは、1998年に結婚しました。

子宝にも恵まれたものの、長女は1歳11か月で亡くなっています。

今回は、板尾創路さんの奥さんや子供について調べてみました。

 



板尾創路の嫁はどんな人?

 

 

バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に出演している板尾創路さんは、番組内で度々外国人の奥さんが登場しています。

そのためネット上では「板尾創路さんの奥さんは外国人」という声もありますが、番組に出演している女性は、板尾創路さんの本当の奥さんではありません。

 

こちらは番組の企画中での夫婦であり、実際の板尾創路さんの奥さんは日本人です。

ただ板尾創路さんの奥さんは一般人ということで、名前や顔写真は公表されていません。

年齢については、板尾創路さんよりも8歳年下という情報がありました。

お笑いに全く興味がなく、テレビも見ない人とのことで、噂によると都内でOLをしているそうですよ。

 

板尾創路と嫁の馴れ初め

 

板尾創路さんと奥さんの出会いは、1996年のことでした。

この年に上京した板尾創路さんは、友人の紹介で奥さんと出会ったそうです。

その後意気投合し、2年の交際期間を経てゴールインしています。

結婚式は親族と仲の良い芸人のみ出席したとのことで、画像などは一切流出していませんでした。

 

スポンサーリンク

板尾創路の娘は二人

 

板尾創路さんには、2人子供がいます。

2007年に長女、2013年に次女が誕生しました。

 

長女は乳児突然死していた

 

 

2007年に誕生した長女は、英美(えみ)さんといいます。

板尾創路さんは多忙ながらも英美さんの育児にも積極的で、溺愛していました。

2008年に発売した板尾創路さんの著書『板尾日記3』では、英美さんとのショットを表紙の写真に使用しています。

しかし2009年8月、英美さんは「乳幼児突然死症候群」により天国へと旅立ちました。

乳幼児突然死症候群は、事故などの外的な影響や窒息などによるものではなく眠っている間に突然死してしまう難病で、原因についてははっきりしていません。

 

英美さんは風邪のような症状で体調を崩していたとのことですが、あと少しで2歳というときの突然の死に、板尾創路さんと奥さんは大きな悲しみに襲われました。

その後次女が誕生した板尾創路さんは「僕ら夫婦と娘2人の4人家族だと思っています。長女のことは、いまでも1日たりとも忘れたことはありません」と明かしています。

 

板尾創路の次女

 

2013年に誕生した次女は「ピピちゃん」という愛称で呼ばれていますが、名前や顔写真は公表されていません。

板尾創路さんは「命あってこその幸せ、家族がそばにいる尊さ」をピピちゃんが教えてくれたと明かしていました。

24時間テレビに出演した際には「10回に2回は、次女と長女の名前を間違えます」と話していましたが、板尾創路さんは英美さんの時と同じようにピピちゃんに対しても溺愛し、大切に育てています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

長女を1歳11か月で亡くしてしまうという悲しい出来事を経験した板尾創路さんですが、奥さんと出会い、英美さんとピピちゃんという大切な子供に恵まれ、「家族」を手に入れることができました。

今後も大切な家族のために、一家の大黒柱として芸能界で頑張ってほしいですね。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

↓↓板尾創路さんの他のことについてはこちら↓↓

板尾創路の若い頃がやばい?伝説・身長や年齢・学歴などについても調査

板尾創路に似てる芸能人が何人かいたので画像で比較して検証してみた

 

↓↓出演している『監察医朝顔』についてはコチラ↓↓

【監察医 朝顔2】の登場人物・出演者のプロフィールや関連する記事まとめ!

 

『監察医 朝顔』を見るならFOD!↓↓

↓↓ケータイのキャリア決済が使えるので、簡単に登録できて今すぐ見れる↓↓

FODプレミアム

\クレジットカードがなくても見ることができる!/