台風17号(2019)ターファーが出現?気象庁・米軍・ヨーロッパの進路予想を比較

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

 

2019年は関東への直撃があり、例年よりも被害が大きくなっている台風ですが、まだ他の台風も出てきています。

今回の台風17号になるであろう熱帯低気圧がまた現れたのです。

 

9月23日追記の最新進路予想はコチラ!

 

気象庁の観測はもちろんのこと、米軍の合同台風警報センター(JTWC)とヨーロッパの中期予報センター(ECMWFの予想も見ながら比較しながら、台風の動きを予想していただければと思います。

 

米軍とヨーロッパの発表は、UTCの時間帯での発表となります。
日本時間だと+9時間となります。
画像内の表などは、+9時間計算して見てください。

 

ヨーロッパは10日先の期間を予測できるなど、観測や進路予想などにはそれぞれ特徴があるので、その機関ごとの予想の違いなどを見るだけでも面白かったりもします。

 

では、それぞれの進路予想を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月18日

 

気象庁の進路予想:台風のタマゴが現る

 

画像引用元:気象庁

まだ熱帯低気圧の状態なので、進路予想は出ていません。

台風17号(ターファー)にになるのではないかと言われているのが、沖縄周辺の南側に位置している熱帯低気圧です。

気圧としては、998hpaで台風への発達はいつしてもおかしくはないと思われます。

 

米軍の進路予想:まだ熱帯低気圧の存在を伝えているのみ

 

画像引用元:JTWC

米軍のJTWC(合同台風警報センター)からは、まだ進路などの発表はありません。

熱帯低気圧の発生は伝えているので、今後進路予想が出てくる可能性は高いです。

 

ヨーロッパの進路予想:沖縄や九州に直撃か

 

画像引用元:ECMWF

9月17日21日発表の9月21日21時の予想天気図です。

先程の気象庁の予想よりも2日先の予想になります。

熱帯低気圧は北上をして先島諸島を中心に大きな範囲で低気圧が覆っています。

この時点で、台風になっているかは微妙ですが、広い範囲で荒れた天気になってしまうでしょう。

 

画像引用元:ECMWF

9月17日21日発表の9月22日21時の予想天気図です。

中心に近いところの風速がかなり速くなっており、勢力も強くなっているので、台風になっている可能性は高いです。

九州全域を覆うほどの広い範囲で、強い雨や風などの荒れた天気になる恐れもあります。

週末は天気に注意をした方が良いでしょう。

 

9月18日追記

 

気象庁の進路予想:熱帯低気圧が台風に?

 

画像引用元:気象庁

熱帯低気圧の進路予想が出てきました。

まだ台風に発達していないため、先の予想までは出ていませんが、徐々に気圧も下がり、風雨速も上がり勢力が強くなることが予想されます。

今後の動きには注意が必要になります。

 

米軍の進路予想:熱帯低気圧が沖縄県へ接近か

 

画像引用元:JTWC

米軍も気象庁と同じように予想が出てきました。

現在の進路の方角としては、沖縄本島と宮古島のあたりに進路を取るようにも見えます。

これからの進路予想には要注意ですね。

 

ヨーロッパの進路予想:九州にも直撃か

 

画像引用元:ECMWF

9月18日9時発表の9月21日9時の予想天気図です。

他の観測機関よりも先の予想が出てくるヨーロッパの中期予想センター(ECMWF)ですが、沖縄周辺に大きな低気圧がいます。

風速も中心付近は30m/s近くになるので、かなり強い雨や風になることが予想されます。

 

画像引用元:ECMWF

9月18日9時発表の9月22日9時の予想天気図です。

こちらの予想を見ると九州のかなり広い範囲で、強い風になることが予想されています。

そして西日本全体に低気圧が覆っており、週末の西日本は荒れた天気になるかもしれません。

 

今後の予報に注意しながら生活したほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

9月19日追記

 

気象庁の進路予想

 

画像引用元:気象庁

まだ熱帯低気圧ですが、徐々に勢力が増してきています。

このまま台風へ発達する可能性は高いと思われます。

 

米軍の進路予想:台風へ発達は確実か

 

画像引用元:JTWC

上の図は、赤い丸はそこにいる低気圧が24時間以内に台風へ発達する可能性が高いと示したものです。

日本時間19日の2:30に発表されたものです。

19日中には台風になる可能性が高いと考えて間違いありません。

 

熱帯低気圧の進路は着実に北上していますね。

沖縄周辺への接近の可能性はとても高いと考えて間違いなさそうです。

 

ヨーロッパの進路予想:日本全域に上陸の可能性が

 

ヨーロッパの中期予想センター(ECWMF)の9月18日21時発表の予想を見ていきましょう。

 

9月19日21時

画像引用元:ECMWF

9月20日21時

画像引用元:ECMWF

9月21日21時

画像引用元:ECMWF

9月22日21時

画像引用元:ECMWF

9月23日21時

画像引用元:ECMWF

9月24日21時

画像引用元:ECMWF

9月25日21時

画像引用元:ECMWF

北上とともに、勢力を上げていくことがわかります。

そして、進路が沖縄から九州を通って、東北などを通って、日本列島のほぼ全域の上空を通過するような動きになっています。

三連休は、九州だけでなく日本全域で天気が荒れることが予想されます。

 

9月19日19時追記

 

気象庁の進路予想:台風17号ターファーが現る!

 

画像引用元:気象庁

気象庁は、9月19日15時に台風17号の発生を発表しました。

沖縄から九州地方へ、日本海側から北日本方面へ進むような進路になっています。

三連休の天気は全国各地で荒れることが予想されます。

関東周辺に接近する可能性は低いですが、三連休は雨になるのは確実なので、台風15号の被害に遭っている地域が心配なところです。

 

米軍の進路予想:ターファー現る

 

画像引用元:JTWC

米軍の合同台風警報センター(JTWC)でも台風17号(ターファー)の発生を発表しました。

気象庁と同じく沖縄から九州へ日本海から北日本に向かっていきます。

三連休は日本全域で荒れた天気になることが予想されます。

 

ヨーロッパの進路予想

 

ヨーロッパの中期予想センター(ECMWF)の予想を見ていきましょう。

9月19日9時の発表です。

 

9月20日9時の予想天気図

画像引用元:ECMWF

9月21日9時の予想天気図

画像引用元:ECMWF

9月22日9時の予想天気図

画像引用元:ECMWF

9月23日9時の予想天気図

画像引用元:ECMWF

9月24日9時の予想天気図

画像引用元:ECMWF

ECMWFの予想も他と同じような予想ですね。

というよりECMWFの場合は、前日からの予想と変わっていないと言う方が正しいですね。

進む速度は速く、全国各地の広い範囲で強い雨風になることが予想されています。

出かける予定がある人は注意が必要になります。

 

9月20日追記

 

気象庁の進路予想:北海道に上陸か

 

画像引用元:気象庁

22日の時点で、暴風警戒域が240kmとかなり広い範囲の大型の台風だと言えます。

そして連休明けの24日には、北海道に上陸する可能性が高いので、日本全域での影響が大きいと考えられるでしょう。

 

米軍の進路予想:西日本にも影響が大きい

 

画像引用元:JTWC

気象庁と進路予想を比較すると日本海を北上する際に、気象庁の予想よりも本州寄りに北上するという予想になっていて、西日本での強い雨や風で天気はあれるでしょう。

そして関東地方も強風域に入る可能性があるように見えます。

三連休は全国的に警戒が必要だと言えます。

 

9月21日追記

 

気象庁の進路予想

 

画像引用元:気象庁

ウェザーニュース

大型で強い台風17号(ターファー)は、久米島の南のしんろ南西を北北西に進んでいます。今後も暴風域を伴いながら北寄りに進み、東シナ海を北上。22日(日)には九州に最接近する恐れがあります。このため、沖縄や九州地方を中心に、西日本の広いエリアで大雨や暴風に警戒が必要です。台風は日本海で温帯低気圧に変わり、その後は北日本に接近します。北海道や本州日本海側でも、大雨に加えて暴風に警戒してください。交通機関に影響が出る恐れもありますので、3連休で移動を計画している場合など、随時最新の予報をご確認ください。

引用元:ウェザーニュース

 

米軍(JTWC)の進路予想

 

画像引用元:JTWC

 

ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想

9月20日21時発表

9月21日21時の予想 

9月22日21時の予想 

9月23日21時の予想 

9月24日21時の予想 

 

前日の予想よりも少し早く、東北地方に上陸するような予想になっています。

ECMWFは気象庁や米軍よりも早く東北に上陸するという予想でした。

北日本の上陸が不透明な感じになっているので、警戒しながら生活したほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

9月22日追記

 

気象庁の進路予想

 

画像引用元:気象庁

 

ウェザーニュース

 

画像引用元:ウェザーニュース

台風17号は九州に最接近へ

大型で強い台風17号(ターファー)は、東シナ海を北寄りに進んでいます。今後も暴風域を伴いながら東シナ海を北上して、日本海へ進む予想です。22日(日)の午後に九州に最接近。九州地方を中心に、西日本の広いエリアで大雨や暴風に警戒が必要です。また、23日(月)は北海道や北日本の日本海側でも大雨に加えて暴風に警戒してください。交通機関に影響が出る恐れもありますので、3連休で移動を計画している場合など、随時最新の予報をご確認ください。

引用元:ウェザーニュース

 

北日本へ上陸する頃には、温帯低気圧に変わっているという予想になっています。

しかし、強風などが起こる可能性は高いので、完全に通過したとなるまでは、注意が必要になります。

 

米軍の進路予想

 

画像引用元:JTWC

JTWCの予想は、気象庁と違い前日から変わっておらず、日本時間24日3時頃に北海道へ上陸する予想になっています。

 

ヨーロッパの予想

 

9月22日発表

9月22日21時の予想

 

9月23日の予想

 

9月24日の予想

 

9月23日追記

 

気象庁の進路予想

 

画像引用元:気象庁

ウェザーニュース

 

画像引用元:ウェザーニュース

大型の台風17号(ターファー)は、山陰沖を北東に進んでいます。今後は速度を上げながら北東に進み、温帯低気圧に性質を変えながら北海道に近づく予想です。今後も広い範囲で風が強まり、特に日本海側や紀伊水道周辺では暴風に警戒が必要です。また、温帯低気圧に変わっても雨風の強さは変わらないため、24日(火)にかけて、北日本でも大雨や暴風となるおそれがあります。交通機関に影響が出る恐れもありますので、最新の情報をご確認ください。

引用元:ウェザーニュース

 

米軍の進路予想

 

画像引用元:JTWC

気象庁の予想では温帯低気圧に変わると言われていますが、JTWCの予想では、勢力は下がるものの大きな勢力で北海道の方へ進んでいくと予想されています。

 

ヨーロッパの進路予想

 

9月22日21時の発表

9月23日21時の予想天気

 

9月24日21時の予想天気図

 

9月25日21時の予想天気図

ECMWFの予想をWindyで動きを見よう!

 

Windyとは、ECMWF(中期予想センター)の予想を動画にしているサイトです。

ECMWFが1日刻みの予想を発表になりますが、Windyだと1時間刻みの動きを見ることができるので、より動きがわかりやすいのです!

 

今日はECMWFの画像が表示されなかったので、Windyのみで動きを見ていきましょう。

 

 

JTWCの予想に近く、沖縄、九州から日本海側の地域や北日本が大きな影響を受けるということがわかっていますが、台風17号は大型のため、関東も強風や雨などの影響が出てしまうことが予想されます。

三連休は日本全域で台風の動きに注意が必要になります。

 

まだまだ先のことなので不確実な部分はあるかもしれません。

ただ、こういった予想もあるということを参考に、予定などを立てればせっかくの予定も無駄にならないかもしれませんよ!

 

台風17号(2019)がターファーの名前の意味や命名国は?

 

台風17号についている名前は『ターファー』ですが、その名前の意味や命名した国はどこなのでしょうか。

『ターファー』とは マレーシアで「ナマズ」という意味です。

つまり、命名国はマレーシアですね。

 

↓↓台風の名前や番号についての詳しい記事はコチラ↓↓

台風の番号や名前も付け方をわかりやすく説明しよう!思ったよりも簡単だよ
今年も全国各地で猛威を奮っている台風ですが、毎回「〇〇号が接近している」などと、天気予報を聞いてなんとなく意識していると思いますが、いきなり「5号」とか「10号」とか言われてるような感覚があると思います。 そしてたまに聞くのが、「レイ...

 

まとめ

 

各機関で予想が同じこともあれば、全く違うこともあります。

ある程度の期間の先の予想だと、かなり変わってきます。

 

特に台風のタマゴの場合は、気象庁の発表が遅くなる傾向もあるので、先の期間の予想に関しては、ヨーロッパの中期予想センターの予想などを参考にするなど、状況に応じてうまく使い分けるといいかもしれません!

 

三連休は台風の影響で天気が荒れる恐れもあるので、注意しましょう!

 

関連記事

 

【台風17号・2019】ターファーのヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想を比較!

【台風17号・2019】ターファーのヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想を比較!
9月も下旬になってもまだまだ台風が日本を襲ってきそうです。 9月21~23日が三連休で、楽しみにしている人が多いであろう時期に日本全域が台風の影響で荒れた天気になってしまいそうです。 ヨーロッパの中期予想センター(ECM...

 

【台風17号・2019】ターファー米軍(JTWC)の最新進路予想を比較!

【台風17号・2019】ターファー米軍(JTWC)の最新進路予想を比較!
千葉県で未だに台風15号の爪痕が残っている日本に、大型台風である台風17号ターファーが9月の2回目の三連休に日本全域を襲ってくるようです。 台風が来たときにより、確実な対応をするために、日本の気象庁の予想と米軍の合同台風警報センター=...

コメント