【台風17号・2019】ターファーのヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想を比較!

速報

9月も下旬になってもまだまだ台風が日本を襲ってきそうです。

9月21~23日が三連休で、楽しみにしている人が多いであろう時期に日本全域が台風の影響で荒れた天気になってしまいそうです。

 

ヨーロッパの中期予想センター(ECMWF)の進路予想と比較しながら、台風が来たときの為にうまく対応ができるように警戒をするためのヒントにしてもらえたらと思います。

それでは見ていきましょう!

 

9月23日8時00分に更新した最新情報になります!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最新】2019年台風17号の現在地

 

気象庁

・9月23日6時40分発表

 

画像引用元:気象庁

 

米軍(JTWC)

日本時間:9月23日2時30分発表

 

米軍とヨーロッパの発表は、UTCの時間帯での発表となります。
日本時間だと+9時間となります。
画像内の表などは、+9時間計算して見てください。

 

 

画像引用元:JTWC

 

ウェザーニュース

 

画像引用元:ウェザーニュース

大型の台風17号(ターファー)は、山陰沖を北東に進んでいます。今後は速度を上げながら北東に進み、温帯低気圧に性質を変えながら北海道に近づく予想です。今後も広い範囲で風が強まり、特に日本海側や紀伊水道周辺では暴風に警戒が必要です。また、温帯低気圧に変わっても雨風の強さは変わらないため、24日(火)にかけて、北日本でも大雨や暴風となるおそれがあります。交通機関に影響が出る恐れもありますので、最新の情報をご確認ください。

引用元:ウェザーニュース

 

【最新】2019年台風17号の進路予想・ヨーロッパ中期予想センター(ECMWF)と比較!

 

9月22日21時の発表

9月23日21時の予想天気

 

9月24日21時の予想天気図

 

9月25日21時の予想天気図

ヨーロッパの中期予想センター(ECMWF)は10日先の予想まで見ることができますが、23日には日本海から東北などの北日本へ進んでくという予想になっています。

そして台風が大型であるため、台風が通過したあとも低気圧に覆われて悪天候になるおそれもあります。

 

ECMWFの予想をWindyで動きを見よう!

 

Windyとは、ECMWF(中期予想センター)の予想を動画にしているサイトです。

ECMWFが1日刻みの予想を発表になりますが、Windyだと1時間刻みの動きを見ることができるので、より動きがわかりやすいのです!

 

 

 

Windyの場合、1時間刻みの動画で見れるので、より動きがわかりやすいです。

実際に見てみると日本全域に影響があることがよくわかると思います。

 

台風17号(2019)がターファーの名前の意味や命名国は?

 

台風17号についている名前は『ターファー』ですが、その名前の意味や命名した国はどこなのでしょうか。

『ターファー』とは マレーシアで「ナマズ」という意味です。

つまり、命名国はマレーシアですね。

 

↓↓台風の名前や番号についての詳しい記事はコチラ↓↓

台風の番号や名前も付け方をわかりやすく説明しよう!思ったよりも簡単だよ
今年も全国各地で猛威を奮っている台風ですが、毎回「〇〇号が接近している」などと、天気予報を聞いてなんとなく意識していると思いますが、いきなり「5号」とか「10号」とか言われてるような感覚があると思います。 そしてたまに聞くのが、「レイ...

 

まとめ

 

米軍などの海外の観測機関は気象庁よりも先の予想が出ていることが多いです。

そこからより先の動きを予想しながら対策を取ることもできますね。

 

しかし、台風の動きは不規則で、予想通りに進まずに進路が二転三転してしまうことが多々あります。

今回の台風は大型のため、低気圧の範囲も大きいので、台風が過ぎたとしても天気が荒れるような可能性もあるので、油断せずに注意しながら生活したほうが良いでしょう。

 

↓↓台風17号・進路予想まとめはコチラ↓↓

台風17号(2019)ターファーが出現?気象庁・米軍・ヨーロッパの進路予想を比較
↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓ 2019年は関東への直撃があり、例年よりも被害が大きくなっている台風ですが、まだ他の台風も出てきています。 今回の台風17号になるであろう熱...

コメント