【台風18号・2019】ミートクの現在地は?米軍(JTWC)最新進路予想を比較!

台風

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

2019年の台風18号による米軍の観測機関である
米軍合同台風警報センター(JTWC)の
進路予想などをお伝えします!

 

天気予報と言えば気象庁の予想を見ることが多いのですが、気象庁の発表は、日本に接近して台風に発達直前に予想を発表する傾向があります。

そして進路予想なども、全く同じとは限りません。

ということで、米軍の合同台風警報センター(JTWC)の進路予想をお伝えします!

気象庁との違いなども見ながらどちらの予想通りになっても良いように、準備をしましょう!

 

米軍(JTWC)ヨーロッパ(ECMWF)はUTCのタームゾーンでの発表になります。
日本時間に換算すると、表記の時間の+9時間となります。「25/2200」と表記されたら、日本時間26日7:00ということです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最新】2019年台風18号の現在地

 

気象庁

 


画像引用元:気象庁

 

米軍(JTWC)

 

日本時間10月3日14時30分発表

画像引用元:JTWC

 

ウェザーニュース

 

画像引用元:ウェザーニュース

 

【最新】2019年台風18号ミートクの米軍(JTWC)・ヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想を比較!

 

日本時間10月3日14時30分発表

 


画像引用元:JTWC

 

ウェザーニュース:10月3日6時

 

画像引用元:ウェザーニュース

 

台風18号は温帯低気圧に

台風18号(ミートク)は、3日(木)15時に日本海で温帯低気圧に変わりました。

引用元:ウェザーニュース

 

温帯低気圧になれば安心できるわけではない!詳しい記事はこちら!

 

台風が温帯低気圧になっても安心できない!熱帯低気圧との違いなどをわかりやすく教えます
日本に住んでいると台風というのは、年に数度襲われてしまうこともありますが、「台風が温帯低気圧に変わる」という天気予報を聞いて、台風がいなくなったのかとホッとする事はありませんか? その認識は間違っています!! 温帯低気圧というの...

 

スポンサーリンク

台風18号(2019)がミートクの名前の意味や命名国は?

 

台風18号についている名前は『ミートク』ですが、その名前の意味や命名した国はどこなのでしょうか。

『ミートク』とは ミクロネシアで女性の名前に使われる言葉です。

つまり、命名国はミクロネシアですね。

 

↓↓台風の名前や番号についての詳しい記事はコチラ↓↓

台風の番号や名前も付け方をわかりやすく説明しよう!思ったよりも簡単だよ
今年も全国各地で猛威を奮っている台風ですが、毎回「〇〇号が接近している」などと、天気予報を聞いてなんとなく意識していると思いますが、いきなり「5号」とか「10号」とか言われてるような感覚があると思います。 そしてたまに聞くのが、「レイ...

 

米軍・合同台風警報センター(JTWC)とは

 

合同台風警報センターとは英語表記ではJoint Typhoon Warning Center(JTWC)といい、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に共同で設置した、アメリカ国防総省の機関なのです。

北西太平洋・南太平洋とインド洋で発生する熱帯低気圧を偵察するとともに予報や警報を発し、国防総省および他の合衆国政府の諸機関を支援する任務を負います。

また、熱帯低気圧および津波に関して、アメリカ艦隊総軍司令官の指示により、主に海軍の沿岸施設および軍艦と軍用機を含む艦隊の諸資産を対象とする意思決定を支援する機関なのです。

 

なぜ米軍がここまでするのかというと、日本には米軍基地があり、アジアにも多くの米軍の部隊が派遣されているので、日本などの東アジアの天気も観測する必要があるということで設置された機関なのです。

 

スポンサーリンク

台風18号の進路予想比較まとめはコチラ

 

【台風18号・2019】ミートクの最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!
↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓ 2019年の台風18号の各観測機関の進路予想などを 比較するためにまとめました! 天気予報と言えば気象庁の予想を見ることが...

 

温帯低気圧になれば安心できるわけではない!詳しい記事はこちら!

 

台風が温帯低気圧になっても安心できない!熱帯低気圧との違いなどをわかりやすく教えます
日本に住んでいると台風というのは、年に数度襲われてしまうこともありますが、「台風が温帯低気圧に変わる」という天気予報を聞いて、台風がいなくなったのかとホッとする事はありませんか? その認識は間違っています!! 温帯低気圧というの...

 

まとめ

 

台風に限らず天気は、予報通りにならないこともけっこうありますよね。

それが台風となれば、進路予想も変わってしまったりして、思わぬ被害が出てしまうこともあります。

そして気象観測機関もそれぞれの予想で少しずつ差異が現れます。

 

それか1つが信じられるということではなく、様々な予想を聞いて、自分のいる地域への影響があるかもしれないと警戒をするというのは得策だと思います。

警戒して何事もなければ、それに越したことはありません。

しかし、無警戒で対策もせずに被害に遭ってしまうと、大きな被害になってしまうこともあります。

 

過度に警戒する必要はありませんが、頭の片隅に入れて、対策を考えて生活するなどしても良いでしょう。

コメント