Foorinのメンバーまとめ!米津玄師プロデュース『パプリカ』歌う5人の経歴

エンタメ情報

2020年の東京オリンピックに向けて、テレビやラジオ様々な番組で東京オリンピック関連の番組や企画などが日々流れています。

そういった東京オリンピックの話題の際にBGMで流れがちな曲が『パプリカ』ですね。

「〈NHK〉2020応援ソング プロジェクト」による応援ソングということで、NHKによる曲なせいなのか、民放がまだ東京オリンピックのテーマソング的なものが出ていないせいなのか、各局で『パプリカ』がBGMで使われているのです。

 

 

そんな『パプリカ』は米津玄師さんの作詞作曲プロデュースで、最近は本人がセルフカバーをしていることでも話題になっています。

そんな『パプリカ』のオリジナル版を歌っているのは小中学生の5人のメンバーで構成されたグループ「Foorin」です。

 

今回は、そんなFoorinのメンバーのプロフィールをまとめました!

 

Foorinメンバーのプロフィール

 

Foorinはオーディションにて選出された当時小学生5人により結成された男女混合のユニットです。

メンバーは、

 

《メインボーカル》
ひゅうが(吉田日向)、もえの(住田萌乃)

《ダンス・コーラス》
たける(楢原嵩琉)、りりこ(池下リリコ)、ちせ(新津ちせ)

 

の5人で構成されています。

それでは一人ひとりを見ていきましょう!

 

ひゅうが(吉田日向)

 

画像引用元:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/article/profile/

 

 

名前:吉田日向
パート:メインボーカル
生年月日:
2006.10.13
出身地:東京都
血液型:
不明
身長:
148cm
サイズ:B 64 W 58 H 70  S 25
趣味:俳句、 昭和歌謡、 エレキギター
特技:
作文、 小説、 タップダンス、 友達作り
所属:芸能事務所アイリンク株式会社

 

プロデューサーである米津玄師さんからは

「あまり染まってないところが魅力的に思えた。」

「天然素材で無垢、ワイルドなところもあるし、歌い方もいぶし銀、声もいい。」

と言われており、まさにこれからの活躍が期待できる逸材という感じですね。

Foorinではメインボーカルとして、力強い歌声で全体を支えているようなイメージですね。

 

↓↓ひゅうがくんについて詳しい記事はこちら↓↓

Foorinメインボーカル”ひゅうが”の学校や経歴、マルチな才能について調べてみた
子供達の間で流行っている、Foorinのパプリカ。そのFoorinのメインボーカルのひゅうがについて色々調べてみました!東京オリンピック応援ソングのパプリカを歌う現在中学1年生のひゅうがくんは、東京オリンピック本番では中学2年生になるその本番でメインボーカルができるのかも考えてみた。

 

もえの(住田萌乃)

 

画像引用元:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/article/profile/

 

本名:住田 萌乃
パート:メインボーカル
生年月日:2008年3月29日(11歳)
出生地:大阪府
出身地:兵庫県
特技:ピアノ、英語、水泳、体操
活動期間:2013年 –
事務所:ジョビィキッズプロダクション

 

二人のメインボーカルですが、女の子の声で『パプリカ』では中心的な位置で、イメージされる『パプリカ』の声はもえのちゃんの声と言っても良いかもしれませんね。

数多くのドラマでも活躍している将来は女優さんになるかもしれない逸材です!

 

↓↓もえのちゃんの詳しい記事はこちら↓↓

Foorin”もえの”住田萌乃の経歴や学校は?パプリカを歌うメインボーカルを調査
オリンピックまであと1年を切って、NHK 2020応援ソングプロジェクトのFoorinが歌う応援ソングの『パプリカ』がテレビなどでよく流れてきますね。 小学生が歌っているということもありますが、去年の大晦日の『紅白歌合戦』の出演で話題...

 

たける(楢原嵩琉)

 

画像引用元:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/article/profile/

 

本名:楢原嵩琉(ならはらたける)
パート:ダンス・コーラス
生年月日:2006年4月8日
身長:139cm
趣味:こま(ベイブレード)、ブレイブボード、スキー、スケート、お城めぐり、歴史研究
特技:タップ・ジャズダンス、バレエ、けん玉
所属:ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー

 

コーラスで歌では、あまり目立ちませんが、ダンスのメンバーでは一番背が高く、中心的な存在だと言えます。

優しい笑顔がとても特徴的なメンバーです。

 

りりこ(池下リリコ)

 

画像引用元:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/article/profile/

 

本名:池下リリコ
パート:ダンス・コーラス
所属:劇団ひまわり

 

残念ながらりりこちゃんに関する情報はとても限られたものでした。

Foorinではダンスを担当していて、『ミュージックステーション』やイベントなどでりりこちゃんが満面の笑で踊っている姿が印象に残っている人も多いかもしれませんね。

 

ちせ

 

画像引用元:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/article/profile/

 

本名:新津ちせ
生年月日:2010年5月23日(9歳)
出身地:東京都
身長:116 cm
活動期間:2014年 –
著名な家族:新海誠(父)三坂知絵子(母)
所属劇団:劇団ひまわり
特技:タップダンス、歌、英語、クラシックバレエ、日本舞踊、ピアノ
資格:漢字検定6級、書道3段

 

メンバー最年少のちせちゃんを説明するのに避けられないのが、お父さんが『君の名は』や『天気の子』で有名な映画監督の新海誠さんであるということですね。

しかし、ちせちゃん本人も映画『3月のライオン』などに出演していて、最年少ですが、子役としてのキャリアはバッチリだということですね。

Foorinの中では、一番小さく、小さな体をいっぱいに使ってダンスをしている姿がとても可愛らしいですね。

 

↓↓ちせちゃんの詳しい記事はこちら↓↓

Foorin”ちせ”新津ちせの親がスゴい!経歴や学校について調べてみた
来年東京オリンピックイヤーということで、昨年2018年から応援ソングとして注目を集めている『パプリカ』ですが、その曲を歌っているFoorinも小学生ユニットということで人気です。 今回はそんなFoorinの”ちせ”こと新津ちせさんにつ...

 

Foorinというグループ名の由来

 

Foorinというグループ名は、どうやって付けられたのか。

難しい英単語の様な感じもしますが、いたってシンプルです。

 

プロデューサーである米津玄師さんが、歌って踊るメンバーを「風鈴」例えたことが由来です。

シンプルですが、米津玄師さんが付けたと聞くといきなりおしゃれに感じるのはボクだけでしょうか(笑)

 

MTV VMA2019で史上最年少出演!

 

9月18日(水)に開催されるスペシャルイベント「MTV VMAJ 2019-THE LIVE-」にFoorinの出演が決定しました!

年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ2019」にて、Foorinの『パプリカ』が「社会現象を巻き起こし、最も話題を集めた楽曲」として表彰され、特別賞『MTV Breakthrough Song』を受賞しました。

引用元:ソニー・ミュージック

 

東京オリンピックが2020年で、『パプリカ』を歌いだして丸1年以上が経ち、全国の人がパプリカダンスを踊るほどの社会現象になっていると言っても過言ではないので、賞をもらって当たり前といえば当たり前かもしれません。

しかし、MTVはどちらかというと、大人向けのアーティストが出るようなイメージの強いイベントなので、その中に小学生が中心のFoorinが出演すると言うのは、歴史を塗り替えたと言って間違いないでしょう!

 

制作陣がスゴすぎる!

 

『パプリカ』の制作陣がスゴいということで、楽曲に関しては米津玄師さんによる作詞作曲プロデュースです。

 

そして『パプリカ』といえば、多くの子供達が踊っている「パプリカダンス」も印象的ですよね。

普通のダンスでは変わった動きで、どこか世界的な雰囲気を感じさせるような振付です。

その振付をしているのが、シルク・ドゥ・ソレイユで日本人初の男性ダンサーに選ばれた辻本知彦さんと2018年の紅白歌合戦で米津玄師さんとコラボパフォーマンスを披露して海外でも活躍している菅原小春さんです。

 

辻本知彦さんと菅原小春さんは、よく共作を作っており、辻本知彦さんは米津玄師さんの楽曲の振付なども行っています。

 

つまり、『パプリカ』という曲は、チーム米津玄師が全力で制作した曲だと言えるかもしれません!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ [ Foorin ]
価格:712円(税込、送料無料) (2019/10/2時点)

楽天で購入

 

 

 

米津玄師の『パプリカ』セルフカバー(動画あり)

 

『パプリカ』の作者であり、プロデューサーでもある米津玄師さんですが、実はオリジナルの後半のサビでコーラスをしていたりもします。

でもやはり米津玄師さんのファンはフルで米津玄師さんが歌った『パプリカ』を聞きたいと言う人も多いですよね。

2019年9月にNHK「みんなのうた」でセルフカバーを発表しているのです。

 

米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

 

どうしても子供の声がかわいらしいというのが印象的な曲なので、イメージが沸かないという人も多いでしょう。

でも米津玄師さんが歌ったパプリカも味があってまた良いですよね!

 

まとめ

 

日本の全世代の人が聞いていると言っても過言ではない『パプリカ』ですが、御存知の通りこの曲はオリンピックを応援するための曲なので、本番はもちろん2020年東京オリンピックになります。

これから本番に近づくに連れて、更に『パプリカ』を聞くことになるかもしれません。

 

あの特徴的な踊りは子供を中心に人気になっているので、もしかしたら以前ブームになった『恋するフォーチュンクッキー』のようにみんなで踊る曲になるかもしれません。

もし全くわからないという人は今からでも間に合うので、パプリカダンスの練習をしてみても良いかもしれませんよ!

 

トップ画像引用元:ソニー・ミュージック

コメント