『ハカ』ラグビーニュージーランド代表が踊る意味は?伝統や他国のウォークライなどを調査【動画あり】

スポーツ

世界ランキング11位の日本代表が世界ランキング2位のアイルランドを下すというまさにジャイアントキリングが起こって、大盛りあがりのラグビーワールドカップですが、世界のナショナルチームが一堂に会する大会という事で、プレー以外によく流れる映像があります。

 

それは世界ランキング1位のオールブラックス”ことニュージーランド代表チームが試合開始前に行う『ハカ』という儀式です。

 

心が震える!闘い前の儀式<ニュージーランド代表> ※大音量でどうぞ!【ラグビーワールドカップ】

 

このハカって何のためにやっているのか?

恍惚にも見える表情を見て不思議に思った人もいるかもしれませんね。

 

今回は、このニュージーランド代表が行っている『ハカ』についてお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ハカ』って何のためにやっているのか?その意味は

 

そもそも『ハカ』はニュージーランドの先住民族であるマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊なのです。

 

ニュージーランドは国旗を見てわかるように、イギリスの植民地でした。
マオリ族はそれ以前からアオテアロア(ニュージーランド)に住んでいた民族です。

 

現代になって相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露さるようになり、ラグビーニュージーランド代表が国際試合の前に披露する以外には、国賓や海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されたりしています。

「HAKA」の文字には、「HA」は息、「KA」は炎という意味があり、結束してエネルギーを外に出して、集中するため儀式としてラグビーで用いられているのです。

 

オールブラックスが初めて踊りを披露したのは、1905年のイギリス遠征の時のことで、オールブラックスはこの対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意が込められていて踊ったのです。

それ以降、チームで受け継がれていくことになります。

ハカは一人がリードして行われるのですが、それをオールブラックスのキャプテンが歴任しています。

 

それ以外だと結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など、あらゆる場面で目にする機会も多く、死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として葬儀でハカを舞うこともあります。

Emotional wedding Haka moves Maori bride to tears, NZ
生徒たちが亡き恩師への追悼ハカ

 

ニュージーランドでは、古くから伝わる伝統の舞ということで、ラグビー以外でも多くの場面で行われる舞だということです。

 

カマテの歌詞とその意味

 

オールブラックスが踊っていることで『ハカ』の代表的な「カマテ」の歌詞と意味についてお伝えします。

カマテは1810年にンガティトア部族長のテ・ラウパラハ(英語版)が踊ったものである。テ・ラウパラハは敵に追われて、地下の食料庫に逃げ込み隠れていた。這い出してみると目の前に人がおり、殺されると観念したが、幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長であった。救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがカマテである。

カマテの歌詞:
リード
カ マテ! カ マテ!
(私は死ぬ! 私は死ぬ!)
コーラス

カ オラ、カ オラ!
(私は生きる! 私は生きる!)
リード
カ マテ! カ マテ!
(私は死ぬ! 私は死ぬ!)
コーラス

カ オラ、カ オラ!
(私は生きる! 私は生きる!)
テネイ テ タナタ プッフル=フル ナア ネ イ ティキ
(見よ、この勇気ある者を。)
マイ ファカ=フィティ テ ラ!
(ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!)
ア ウパネ! ア フパネ!
(一歩はしごを上へ! さらに一歩上へ!)
ア ウパネ! カ=ウパネ!
(一歩はしごを上へ! そして最後の一歩!)
フィティ テ ラ!
(そして外へ一歩!)
ヒ!
(太陽の光の中へ!)
歌詞を見てわかるように、オールブラックスは命を賭けて試合に臨むという意志を表している歌詞だと言えますよね。
これを試合会場で見た相手チームファンも含めて心を打つような儀式だと言えるでしょう。

ハカには種類がある

 

『ハカ』と聞くと、オールブラックスがやっていたことで有名な「カマテ」が代表的ですが、オールブラックスはカマテ以外にも「カパ・オ・パンゴ」というものを最近披露しています。

 

カパオパンゴ|ラグビー ニュージーランド代表

 

この「カパ・オ・パンゴ」が2005年から披露されるようになったのです。

踊りの中に首を切るような動作があることから物議を醸しましたが、オールブラックスからは「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」という趣旨が伝えられて、話し合いを重ねて、今も首を切るような動作は残っています。

 

上の動画を見るとわかりますが、結婚式や葬儀などで披露されているハカも、オールブラックスが披露しているものとは違う踊りが踊られています。

 

スポンサーリンク

他の国にも似たようなもの(ウォークライ)がある

 

『ハカ』という儀式は英語で「ウォークライ(War Cry)=闘いの雄叫び」と呼ばれて、日本語では「鬨の声」と呼ばれるものです。

「カマテ」の歌詞でも命をかけるという内容でもわかるように、中世の戦争の時に行われるもので、似たようなものが世界各国にあります。

日本で言う「エイエイオー!」という掛け声は鬨の声が由来するものなのです。

 

つまりハカはニュージーランドの原住民であるマオリ族が戦争する際に踊られた踊りでもあるということです。

そしてラグビーでは、オールブラックスの『ハカ』だけでなく、ニュージーランドに近い、トンガ、フィジー、サモアのラグビー代表チームも試合前に『ウォークライ』を披露しています。

 

各国のウォークライを見てみましょう!

 

トンガ代表(シピタウ)

 

大迫力!トンガ代表「シピタウ」 対 ニュージーランド代表「ハカ」【ラグビーワールドカップ】

 

サモア代表(シバタウ)

 

心が震える!闘い前の儀式<サモア代表> ※大音量でどうぞ!【ラグビーワールドカップ】

 

フィジー代表(ジンビ)

 

心が震える!闘い前の儀式 <フィジー代表>※大音量でどうぞ!【ラグビーワールドカップ】

 

各国それぞれの部族の特徴があるので、地域的には近く国同士ですが、ウォークライの感じは踊り方や節回しなどは全然違いましたね!

 

まとめ

 

今回は、『ハカ』についてお伝えしましたが、『ハカ』というのは、ニュージーランド固有のもので、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が行う「ウォークライ」であるということです。

他の国の代表チームが行うのも「ウォークライ」であってハカではないということだけでも覚えてもらえれば、むやみにハカだと言って恥ずかしい思いをしなくて良いかもしれませんね!

 

ネット動画を見ているだけでも、心を動かす力のようなものが働くハカやウォークライですが、実際に見てみると更に迫力があるのは間違いありません。

ラグビーで見ることができなければ、ニュージーランドなどの国に行って、目の当たりにするのも良いかもしれませんね!

コメント