【台風2号・2021】スリゲの現在地は?米軍(JTWC)最新進路予想を比較!

台風(2021年)

↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓

2021年の台風2号スリゲが発生しました!
米軍合同台風警報センター(JTWC)の観測を中心にお伝えします!

天気予報と言えば気象庁の予想を見ることが多いのですが、気象庁の発表は、日本に接近して台風に発達直前に予想を発表する傾向があります。

そして進路予想なども、全く同じとは限りません。

ということで、米軍の合同台風警報センター(JTWC)の進路予想をお伝えします!

気象庁との違いなども見ながらどちらの予想通りになっても良いように、準備をしましょう!

 

米軍(JTWC)はUTCのタームゾーンでの発表になります。
日本時間に換算すると、表記の時間の+9時間となります。「14/2200」と表記されたら、日本時間15日7:00ということです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最新】2021年台風2号スリゲの現在地 および 米軍(JTWC)の最新進路予想を比較!

 

気象庁

 

気象庁

気象庁

気象庁

画像引用元:気象庁

 

台風2号は現在、フィリピン付近に位置しています。

沖縄付近から東にそれて、日本から離れていくような進路に変わりました!

 

ウェザーニュース

 

ウェザーニューズ画像引用元:ウェザーニュース

 

台風2号、今後の動向に注意

台風2号(スリゲ)は非常に強い勢力のまま、フィリピンの東の海上を北寄りに進んでいます。 台風は今後、海面水温の低い領域に入るためだんだんと勢力を落とし、22日(木)には「強い」勢力となる見込みです。 今週後半は次第に進路を東に変え、沖縄の南の海上を進む予想となっています。 本州への大きな影響はないと考えられますが、沖縄ではすでに波が高くなってきており、21日(水)以降は4mを超える波やうねりが予想されています。台風が離れていくまで高波が続きますので注意が必要です。 また、小笠原諸島では週後半から強風や高波の影響が出るおそれがあります。今後の情報に注意してください。

 

引用元:ウェザーニュース

 

スポンサーリンク

米軍(JTWC) 日本時間 4月21日 3:00発表

 

JTWC JTWC画像引用元:JTWC

 

米軍・合同台風警報センター(JTWC)とは

 

合同台風警報センターとは英語表記ではJoint Typhoon Warning Center(JTWC)といい、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に共同で設置した、アメリカ国防総省の機関なのです。

北西太平洋・南太平洋とインド洋で発生する熱帯低気圧を偵察するとともに予報や警報を発し、国防総省および他の合衆国政府の諸機関を支援する任務を負います。

また、熱帯低気圧および津波に関して、アメリカ艦隊総軍司令官の指示により、主に海軍の沿岸施設および軍艦と軍用機を含む艦隊の諸資産を対象とする意思決定を支援する機関なのです。

 

なぜ米軍がここまでするのかというと、日本には米軍基地があり、アジアにも多くの米軍の部隊が派遣されているので、日本などの東アジアの天気も観測する必要があるということで設置された機関なのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

世界的に台風を定義づけて、台風発生を記録に残す権限を持っているのは気象庁です。

だからといって、米軍合同台風警報センター(JTWC)の予想が間違っているというわけではありません。

観測機関がそれぞれの技術で分析し、予想を発表しているということは、発表それぞれの可能性があると考えることができるのです。

 

つまり、気象庁が発表してない段階で予想が出ているというのは決して間違いではないということなのです。

一定期間先の予定などを建てる時は早い段階で教えてくれるので、便利だったりしますよ!

これらの情報も活かして、生活に役立ててください!

 

 

↓↓台風2号に関する他の記事はコチラ↓↓

【台風2号・2021】スリゲのヨーロッパ(ECMWF)の進路予想や現在地・Windyも比較

【台風2号・2021】スリゲの現在地と最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!

 

↓↓台風の役立つ情報はコチラ↓↓

台風に備えて対策グッズは何を買えばよいのか?目的などをわかりやすく説明

台風発生の定義とは結局何なのか?ハリケーンとの違いなどをわかりやすくまとめ

台風が温帯低気圧になっても安心できない!熱帯低気圧との違いなどをわかりやすく教えます

 

台風(2021年)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました