ラグビーワールドカップ2019の台風19号での中止や代替開催はいつ決定でわかるの?

スポーツ

2019年の台風19号は2019年だけでなく、近年の台風の中では最強クラスで、しかも本州全域に影響があるかもしれないと言われています。

その台風19号が関東に最接近すると言われている日にちは、10月12日~13日です。

 

そしてラグビーワールドカップの日程は10月12日~13日なのです!

今破竹の勢いで世界ランキング上位のライバルを倒している我らが日本代表の、決勝トーナメント進出を懸けたスコットランド戦は10月13日なのです!

 

そして台風などで試合ができない場合は、予選プールの日程に予備日などの設定はなく、中止となり、その試合は引き分けとなるのです。

しかし、いまのところ、中止は発表されていません。

 

今回は、ラグビーワールドカップの台風による中止はいつ発表されるのかなどをお伝えします。

 

ラグビーワールドカップの中止を決定するのは?

 

ラグビーワールドカップの日程は日本ラグビーフットボール協会(JRFU)とラグビーワールドカップリミテッド(RWC)が決定を行っています。

そこで今回の台風でどのような判断を行うかについては以下の通りになります。

 

大会規則や組織委員会によると、台風が高い確率で試合会場近くを通る恐れがある場合、観客の安全面などを踏まえて東京都新宿区の大会運営本部で開催の是非を検討する。民間気象会社などから情報を得て開催都市とも共有し、中止する場合は試合開始6時間前までに決定して公表する。

引用元:日経新聞

 

試合開始6時間前までわからないかもしれないということです!

つまり当日までどうなるのかと待たなければいけないなんてことになってしまうかもしれないのです。

 

大型で猛烈な台風19号は、ラグビーワールドカップ(W杯)の大会運営にも影響をもたらす可能性がある。3連休初日の12日から13日にかけ日本列島に接近する見通しで、関東地方などを直撃する恐れも。両日は日本戦など7試合が予定され、大会関係者は「進路を注視している」と気をもむ。試合中止の場合は引き分け扱いとなるが、代替会場開催の可能性も含めて検討している。

引用元:日経新聞

 

代替会場開催の可能性もあるということで、ということは前日や前々日の発表の可能性もあります!

 

10月10日追記:12日イングランド、ニュージーランド戦中止に。

 

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は10日、都内で会見し、台風19号の接近により、12日に予定されている1次リーグC組のイングランド-フランス、B組のニュージーランド-イタリアの2試合を中止にすると発表した。

ラグビーW杯は、今大会が9回目の開催で、試合が中止になったのは今回が初めて。1次リーグの試合が中止の場合は、引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられる。

大会統括責任者の国際統括団体ワールドラグビー(WR)のアラン・ギルピン氏は「台風により、大きな影響が東京、横浜、豊田市を含む地域におよぶと専門家の見解を踏まえて、検討した。安全を第一に考え、すべての観客の安全を確保できないと考えた」と説明した。

大会組織委の嶋津昭事務総長は「チームおよび観客の安全を考え、適切な対応を取るために検討してきた。2試合を中止することはやむを得ないと判断した。13日の4試合に関しては、それぞれの会場で詳細に検討した上、台風通過後の安全性を考え、日曜日の朝に判断したい」とした。

引用元:日刊スポーツ

 

12日は中止になりましたね。

代替開催検討という話もありましたが、日本全国的に台風の影響が考えられたので、代替開催する会場が見つからなかったということでしょう。

 

まだ13日に行われる日本対スコットランド戦などの日程については発表されていません。

 

中止になった場合はどうなるのか、日本には有利なのか

 

現在3勝で予選プールで1位になっている日本は、中止になった場合は、予選通過となることが確実です。

 

しかし、正直端切れが悪いと考える人も多いです。

スコットランド代表のグレガー・タウンゼント監督は日程などの不利などをはじめ、開催国で有利な部分がある日本代表に対しては多くの批判をしています。

このまま中止になって決勝進出となった場合は、タウンゼント監督にまた批判されるかもしれません。

 

日本代表のレメキ・ロマノ・ラヴァ選手はインタビューで、「中止引き分けでの決勝進出ではなく、直接対決で勝利した上で決勝進出をしたい」と話しているので、見ている我々としても日本代表がスコットランド代表にも勝利を収める姿を目に焼き付けたいですよね!

 

台風19号の動きはどうなのか?実際にどうなりそうか?

 

台風19号の接近が予想されてこのようになっているわけですが実際にどうなるのかということを調べてみました。

 

画像引用元:ウェザーニュース

 

画像引用元:JTWC

画像引用元:ECMWF

上記はウェザーニュース、米軍合同台風警報センター、ヨーロッパ中期予想センターの10月12日の予想です。

台風19号はかなり大型で、本州をすっぽり覆ってしまうほどの範囲です。

全国各地での大会開催を行う予定ですが、全国的に台風の影響があるのは明白なので、代替会場での開催も難しいではないのかなというのが個人的な見解です。

 

↓↓台風については詳しくはこちら↓↓

【台風19号・2019】ハギビスの最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!
↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓ 天気予報と言えば気象庁の予想を見ることが多いのですが、気象庁の発表は、日本に接近して台風に発達直前に予想を発表する傾向があります。 というこ...

 

まとめ

 

日本対スコットランド戦はぜひ見たいという気持ちもありますが、なかなか難しそうですね。

もし代替会場になった場合は、チケットを持っている人がどうなるのかというのは気になりますよね。

 

まだ代替会場での開催や中止に関しての発表がないので、チケットの払い戻しなどについては情報がありませんが、今後また動きがあったら、追記または、新たに記事を書きます!

 

↓↓ハカなどのウォークライについての記事はこちら↓↓

『ハカ』ラグビーニュージーランド代表が踊る意味は?伝統や他国のウォークライなどを調査【動画あり】
世界ランキング11位の日本代表が世界ランキング2位のアイルランドを下すというまさにジャイアントキリングが起こって、大盛りあがりのラグビーワールドカップですが、世界のナショナルチームが一堂に会する大会という事で、プレー以外によく流れる映像があ...

コメント