ビクトリーロードの歌詞全文は?【動画】ラグビー日本代表のチームソングの元ネタを調査

スポーツ

ワールドカップで、予選プール全勝という、今までにはない活躍を見せているラグビー日本代表チームですが、そんなラグビー日本代表のチームソングが注目されています!

このチームソングはとても歌いやすく、みんなで歌えば盛り上がること間違いなしの『ビクトリーロード』の歌詞や元ネタ、この歌を作った人などについてお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラグビー日本代表チームソング・ビクトリーロードとは

 

チームソングというのは、あまり聞き慣れませんよね。

主に応援するファンが歌う阪神タイガースの『六甲おろし』のような応援歌などとは違い、試合に出る選手たちが自分たちが、チームが一つとなるようにと歌う歌なのです。

 

ビクトリーロードの歌詞全文

 

実際にここまで盛り上がっていれば歌ってみたいですよね!

ということで、『ビクトリーロード』の歌詞全文を御覧ください。

 

ビクトリーロード

この道ずっとゆけば

最後は笑える日がくるのさ

ビクトリーロード

 

かなり簡単ですよね?

この歌詞を繰り返しているだけです。

繰り返していくごとに徐々にテンポを上げて、盛り上げて行くような感じで、選手たちは歌っています。

 

動画でも確認してみよう!

 

実際にどんな感じで歌っているのかわからないという方のために、日本代表チームが実際に歌っている動画を用意しました!

 

ビクトリーロード | ラグビー日本代表チームソング

 

これは練習時の落ち着いた雰囲気で歌っているので、ちょっと雰囲気が伝わらないかもしれませんね。

試合後に歌われることが多いので、もっとテンションは高いです。

実際にスコットランド戦後に歌っている動画見てみましょう。

 

360°「ビクトリーロード」日本代表チームソング【ラグビーワールドカップ】

 

かなりの盛り上がりですよね。

歌いやすいけどみんなで一緒に歌えば最高に盛り上がる一曲だと言えるでしょう!

 

ビクトリーロードを作ったのは誰?

 

この『ビクトリーロード』はどこかで聞いたことがあると思う人が大半でしょうが、そのとおり替え歌です。

これを作ったのは日本代表チームの選手なのです。

 

この歌詞を作ったのは、山本幸輝選手と三上正貴選手です。

チームを1つにするために生み出したチームソングなのです。

 

現在の日本代表チームにこの2選手は選ばれていませんが、最高の置き土産を残したのだと言えますよね!

山本幸輝選手もTwitterで実際に歌っています。

 

 

ビクトリーロードの元の歌は?

 

この『ビクトリーロード』の元になっているのは、『カントリーロード』という歌です。

スタジオジブリ作品の『耳をすませば』の主題歌として有名になった曲です。

 

カントリー・ロード(Cover)

 

この動画はその『カントリーロード』のカバーをした動画ですが、実はこの曲はオリジナルではなく、英語の曲があり、その曲に日本語の歌詞を付けたものがこの曲になります。

正真正銘のオリジナルの『カントリーロード』はコチラになります。

 

John Denver – Take Me Home, Country Roads (Official Audio)

 

カントリーの名曲として今となっては有名な曲ですが、実はこのオリジナルよりも実際に世に出て売れたのは、オリビア・ニュートン・ジョンという女性歌手がカバーした曲なのです。

多くの色々なアーティストのカバーされてきた『カントリーロード』ですが、巡り巡って今は『ビクトリーロード』としてまた日の目を見ることになったのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

斬新な曲でもなければ、歌詞も決して難しいものではありません。

しかし、この歌がなぜか心に響いてしまいますよね。

これは、ラグビー日本代表チームが、負けると言われているような相手に、体1つで立ち向かってく姿が心を打たれているのもあるのでしょう。

 

ラグビー日本代表チームがどこまで勝ち進んでいくか大きな期待で胸が躍りますよね。

これからのラグビー日本代表チームの活躍を『ビクトリーロード』を歌いながら応援しましょう!

コメント