小出義雄さん死去有名マラソンランナーを育てた監督だけどどんな人?

スポーツ

今日の朝、高橋尚子有森裕子という五輪メダリストを育てたことで有名な小出義雄さんの死亡が伝えられました。

「なんか、話題になってるけど、五輪メダリストを育てたということすら知らなかった!」という人のために小出義雄さんがどんな人だったのかをお伝えしたいと思います。

東京五輪を来年に控えてる今、マラソンの歴史の一部を知るのも悪くはないですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小出義雄という人は何をした人なのか?

2000年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん

1992年バルセロナ五輪で銀、1996年アトランタ五輪で銅メダリストの有森裕子さん

などを育てた長距離陸上界の名監督です。

これを聞いてピンとこない人もいると思いますが、現時点で日本人マラソンランナーは男女合わせても4人しかいません。

つまり、そのうちの2人を小出さんが育てたランナーなのです。

まさに名監督という名がふさわしい方だと言えますね。

キャラが強すぎる名物監督

小出さんはマラソン監督としての功績はさることながら、小出さん自身の言動や行動が注目を集めて、メディアで話題になった人でもありました。

ではどんな人柄だったのかをお伝えしていきます。

Qちゃん

高橋尚子さんの愛称と言えば、「Qちゃん」でしたが、この愛称はなぜ日本中で呼ばれようになったのかというと、小出さんが記者会見で高橋さんのことをそう呼んだので、話題になったのです。

そして、改まったような態度ではなく、明け透けなく話す小出さんのキャラクターが世間で話題になり、注目を集めるようになったのです。

大の酒好き

インタビューを受けてる映像などを見ると、赤い顔をしてる姿がよく出てる映像が多いのですが、それはまさに、酒を飲んだ状態でインタビューを受けていたのです。

シドニー五輪で高橋尚子さんが金メダルを獲ったレースでは、レースの途中で「これは勝てる」と確信をしたので、”祝杯”と称して酒を飲みすぎて、ゴール地点や祝勝会に姿を表さなかったのです。

お酒にまつわるエピソードにはなかなか事欠かない人でもありました。

2000年代の話でまだコンプライアンスなどにうるさくない頃だったのですが、今こんなことをしたら大問題になってる可能性もありますよね(汗)

メダリストの2人以外にも有名なランナーを育てていた

五輪でメダルを獲得した、高橋尚子さん、有森裕子さんの2人が小出さんの教え子としては有名ですが、この2人以外にも有名なランナーを育てているのです。

宮井仁美、千葉真子、新谷仁美などの五輪出場を争ったり、1万メートルなどで世界選手権に出場をするような選手を育てているのです。

名監督と呼ばれるのは、監督としての言動や考えがあったのです。

褒めて育てる

小出さんの育成方法として有名なのが、「褒めて育てる」というものが代名詞のように言われています。

そのかわり、褒めるだけではなく、アドバイスをしたり、叱ったりすることもあったそうです。

監督がゴール地点に立つ必要がある時はどんな時かと聞かれると、負けた時に「選手が悪いのではなく、監督が悪いんだから気にするな」と伝えるためだと語っていたそうです。

ただ、優しいのではなく、厳しさも兼ね合わせて、選手を育成してきたから優秀なランナーを育てられたのかもしれませんね。

まとめ

小出さんは今年の3月をもって、現場を離れていました。

そして今日の朝の報道がありました。

小出義雄という監督は、まさに漫画のキャラクターに出てきそうな監督だったなと、改めて思います。

はっきり言ってぶっ飛んでますよね(笑)

でもこんな監督だったからこそ、メダリストを育てられたのかもしれません。

令和を目の前にして、平成で素晴らしい記録と記憶に残る監督さんだったと言えます。

こんな監督さんはもう出てこないかもしれない。

そう考えると寂しいですね。

新たな時代を迎えてもこういう監督さんが出てくることを期待したいと思います。

コメント