池田まき(池田真紀)の経歴が壮絶!夫や息子・かわいいとも言われる立憲民主党議員を調査

政治関係

国会議員という職業は、様々な前職や経歴の人が立候補しています。

世襲議員の人や元議員秘書以外では、芸能人だったり、一般の企業に勤めていたり、様々なのです。

 

立憲民主党の池田まき議員は、シングルマザーで借金苦と戦っていたり、幼い頃にはDVの被害にあったりもしており、国会議員の中では、異色の経歴の持ち主だと言えるでしょう。

今回は、そんな池田まき衆議院議員について、お伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

池田まきのwikiプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田まき(立憲民主党・北海道第5区)さん(@ikedamaki55)がシェアした投稿

氏名 池田 真紀
生年月日 1972年5月24日
趣味 温泉、山菜採り
好きな食物 魚介類、天然の山菜
座右の銘 有言実行、一期一会
尊敬する人 マザー・テレサ、ガンジー
幼稚園に入る前から、父親からDVを受けていたそうで、とくにお母さんやおばあさんに対する暴力がひどかったそうです。

中学時代には父親から避難するため、家族がバラバラになってしまいます。

中学校を卒業後、高校に進学するも、学費が賄えず中退してしまいました。

(のちに、高卒と同等の資格である大検を取得しています)

 

18歳で事実婚をし、2人の息子さんを授かったのですが、2人目を妊娠中に夫が借金苦を理由に失踪してしまいます。

借金取りから逃げ回る生活に耐えかねて、弁護士に相談することに。

しかし、弁護士へ相談をしても、「離婚が成立すれば借金はなくなるから7年経つまで我慢しなさい」という意見がほとんどでした。

6人目の相談した弁護士にようやくしっかりと解決策を考えてもらうことができて、金銭危機を打開したのです。

 

借金苦の経験やシングルマザーとして保育・就業の困難に直面した経験から、「当事者視点からの支援」の大切さを実感し、「弱者が生きづらい社会を変えたい」との思いを抱くようになります。

 

パートを掛け持ちしながら勉学に励み、ホームヘルパー1級課程を修了し、福祉職場で働きました。

1997年、東京都板橋福祉事務所に勤務しながら、福祉関係の専門学校教育を受け、資格を取得。

他にも社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、防災士、国会議員政策担当秘書の資格も持っています。

行政における前例主義を排し、社会的弱者を含めた当事者の自己決定権を尊重しながら支援を続け、現場に加えてSNS等でも活動しています。

 

夫や息子について

 

池田まき議員の家族はどんな人なのか、調べてみました!

 

池田まき議員の二人の息子さんがどんな人なのか、詳細まではわかりませんでしたが、息子さんお二人とも既に独立されているそうです。

池田まき議員の夫はどんな人だったのかと言うのが、気になるところですが、失踪して既に20年以上の月日が経っているので、調べようが無いという感じですね。

 

スポンサーリンク

かわいい議員と呼ばれることも

 

「かわいい」 と呼ばれることもあるのですが、実際にどうなのか?

池田まき議員の画像を見てみましょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田まき(立憲民主党・北海道第5区)さん(@ikedamaki55)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田まき(立憲民主党・北海道第5区)さん(@ikedamaki55)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田まき(立憲民主党・北海道第5区)さん(@ikedamaki55)がシェアした投稿

笑顔が素敵な印象ですよね!

化粧っ気がない感じで爽やかな印象でもあります。

これが「かわいい」と言われる由縁かもしれません!

 

まとめ

 

池田まき議員の人生は波乱万丈と言っても過言ではないほどの激しさですよね!

シングルマザーだけでなく、借金苦で、更に幼少期にはDVに遭い、高校中退で大検を受けるという、かなり濃密な人生を味わっている議員さんです。

こういった議員さんにしかできない政治があると思います。

 

今後、どんな活躍をしてくれるのか、応援したいですね。

 

トップ画像引用元:インスタグラム

 

↓↓池田まき議員が起こしたパワハラ問題についてはこちら↓↓

池田まきが秘書にネチネチ陰湿なパワハラをしていると話題に!ネットの反応などまとめ
最近、パワハラや教師同士のいじめ問題などが話題になっていますが、また国家議員のパワハラ問題が出てきました。 立憲民主党の池田まき衆議院議員が秘書に対してパワハラをしていたというのです。 異色の経歴の持ち主で、応援...

コメント