ダブル台風は合体するのか?台風20号と台風21号の米軍・ヨーロッパの予想進路などまとめ

台風

台風19号でかなりの爪痕を残した日本に再び、台風が接近しています。

今回は台風20号ノグリー台風21号ブアローイダブルで発生しています!

 

2019年は、数週間に一回日本に接近していた台風ですが、今回はダブル台風が接近ということで、今までとは少し違う形状の台風です。

そのダブル台風が、お互いに近づいているような動きにもなっており、この台風が合体して更に大きくなるのか?

 

今回は、ダブル台風が発生したらどうなるのかなどについてお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダブル台風は合体したりするの?

 

今までもダブル台風の発生はありましたが、台風15号や台風19号が大きな爪痕を2019年だからこそ今注目する人が多いと言えます。

ダブル台風が発生した場合はどうなるのかを調べました。

 

ダブル台風が接近した場合に、合体することはないと言われています。

 

これは藤原効果と呼ばれているもので、1921年に当時の中央気象台所長だった藤原咲平が、相互作用の存在を提唱したので、そう呼ばれています。

 

スポンサーリンク

藤原効果とはどんな動きをするのか?

 

熱帯低気圧は、大まかには近くの亜熱帯高気圧や気圧の谷に伴う上空の風に吹き流されて移動していくので、2つの熱帯低気圧が接近すると、それぞれがもう片方の熱帯低気圧の周りを反時計回りに接近しながら移動していくと言われています。

 

実際にどんな動きをするのか?

藤原効果には6つのパターンがあると言われています。

 

  • 相寄り型
    弱い方の熱帯低気圧が接近しながら急激に衰弱し、強い方の熱帯低気圧に取り込まれてしまう。
  • 指向型
    片方の熱帯低気圧だけが干渉を受けて、もう片方の熱帯低気圧の回りを運動するように見える。
  • 追従型
    片方の熱帯低気圧がまず移動し、その後ろをもう片方の熱帯低気圧が追いかけていく。
  • 時間待ち型
    東側の熱帯低気圧がまず北上し、その熱帯低気圧が去った後に西側の熱帯低気圧が北上しはじめる。
  • 同行型
    2つの熱帯低気圧が並行して移動する。
  • 離反型
    東側の熱帯低気圧が加速して北東へ移動し、西側の熱帯低気圧が減速しながら西へ移動する。

 

相寄型を見ると合体して勢力が増すことはないようですが、片方の勢力が下がって、もう片方に取り込まれるという企業の吸収合併のようなものはあるので、これは合体と言えば合体と言えるかもしれませんね。

それ以外のパターンだと元々は日本へ接近しないと言われていましたが、これらの現象により、日本へ接近する可能性もあると思われます。

 

スポンサーリンク

ダブル台風の進路はどうなる?

 

一番気になるのは、ダブル台風がどこに来るのかですよね。

現段階(10月20日12時)で出ている情報をまとめましょう。

 

画像引用元:気象庁

画像引用元:JTWC

上の動画はWindyといってヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想を動画にしているものです。

 

いまのところ、順番に接近し、上陸の可能性はないような予想になっていますが、台風の動きは複雑でかなり変わることも多いので、今後も動きに気をつけましょう。

 

↓↓台風20号ノグリーの詳しい進路予想まとめはこちら↓↓

【台風20号ノグリー・2019】の現在地と最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!
↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓ 2019年の台風20号が発生しました! 各観測機関の進路予想などを比較するためにまとめています! 天気予報と言えば気象庁の予想...

 

↓↓台風21号ブアローイの詳しい進路予想まとめはこちら↓↓

【台風21号ブアローイ・2019】の現在地と最新進路予想|米軍・ヨーロッパ・気象庁の比較まとめ!
↓↓最新の台風情報はこちらから確認してください↓↓ 2019年の台風21号が発生しました! 各観測機関の進路予想などを比較するためにまとめました! 天気予報と言えば気象庁の予想を見る...

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

台風があまりにも連続して日本へ接近しているので、ネットでもかなり敏感になっています。

先行きが読めない部分もあるので、天気予報によく注意して、生活しましょう!

 

コメント