ミキがステマツイート?1ツイート50万円で波紋!吉本興業と京都市は「問題なし」で炎上

巷で話題なこと

京都市と吉本興業の間で取り組んだPR活動が問題になっています。

京都市出身の芸人さんに1ツイート50万円が支払われていたそうです。

これに対して、京都市や吉本興業では「問題ない」と判断しているということです。

しかし、これを見た人たちは、「ステマだ」という意見が多く、PR活動としておかしいのではないかという意見も多いのです。

 

今回は、吉本興業と京都市のPR活動としてミキなどのお笑い芸人が行ったステマツイートに関してお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミキが行ったツイート、吉本興業と京都市のPR活動がステマ?

 

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。

 

「京都国際映画祭」などのPRが目的
市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。

昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。

引用元:京都新聞

 

20万人以上のフォロワーがいる芸人さんに、ツイートをお願いして、そのツイートに対して報酬を払うというのは、ステマだと言われてしまってもおかしくないのかもしれません。

実際に有名人が何かを勧めるようなツイートはたくさんありますが、こういった形で1ツイート50万円という高額な報酬が更に後押しをしているのかもしれません。

 

 

実際にこちらが問題になっているツイートの一つですが、思いっきり宣伝しているので、ステマなのかと言われるとちょっとむずかしいですよね。

思いっきり宣伝しているという感じなので、ステマということよりも、このツイートをしただけで、50万円の税金が使われたということが問題ですね。

 

ステマとは?

 

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

ステルスマーケティングは、中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。商品の特長の紹介や、評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、多くのユーザーの目に触れさせ、またユーザーの商品に対する印象を上げることが主な目的とされる。

インターネット上では、ショッピングサイトのユーザー評価の投稿欄や、ブログ上の体験記、口コミ情報サイトなどがステルスマーケティングに利用されやすい。有名人などがブログでお気に入りの商品を紹介する記事の中にも、ステルスマーケティングに該当する例があるとされる。

ステルスマーケティングを行うことで、バイラルマーケティングやバズマーケティングを意図的に引き起こすことが期待できる。ステルスマーケティングはそれが宣伝であることを意図的に隠すやり方であり、一般的にはモラルに反するとされる。ステルスマーケティングを行っていることが発覚した場合、非難の対象となる場合が多い。

引用:Weblio辞書|ステルスマーケティング

 

過去に、ステマで問題になったこともありますよね。

ニュースの内容からすると、京都に関して露骨におすすめしているから、ステマには該当しないという判断があったのかもしれませんね。

ただ今回の場合は、1ツイート50万円ということで、金額も高額でちょっと露骨な部分もあります。

CMなどを作って、その一環でのツイートなら問題にならなかったのかもしれませんが、京都出身とはいっても、広報活動に今まで関わっていなくて、ツイートだけをして高額な報酬が払われるというのは、ステマの定義から少し外れても批判されてしまうのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

これ金額よりもこの手法がステマで、その自覚がないことがだめ。表立って親善大使にして宣伝してもらったわけじゃないんでしょ?裏で金渡していいことつぶやいてもらうのはステマだよ。金額に関してはインフルエンサーで広告費換算すればこれくらいかかっても不思議ではない

何がイヤかってステマって事よね。京都がPRに金使うのも、京都出身の芸人が金もらって発信するのも構わないけど、なぜ隠してやるのか。PR大使とかで堂々とやればいいのに。

京都市と吉本のツイートの件、報酬が高額ということ以上に、広告が広告とわかる形になっていなかった点、すなわちステルスマーケティングになっていたことの方が問題じゃないのかな? てか、マーケティングの相場ってどんなもんなんやろ?

多額の広告費出してること隠してた京都市、それ公言したら批判されるって思って隠してたんかな。 てか、正直吉岡里帆にツイートしてもらった方がいいわ

 

京都市の一連のことを批判する人、ステマを批判する人、税金を使ったことを批判する人、様々な意見がありますね。

 

まとめ

 

今回の問題は、色々な問題が混ざっていて、難しい問題なのかなと思いました。

CMを作るなどとなれば、1ツイート50万円とは比べ物にならないくらいの金額がかかってしまうということも考えられるので、税金の無駄遣いだと言えるのかと言うと、お金の計算だけを見るとむしろ上手に運営していると言えるかもしれません。

 

世の中には、多くのインフルエンサーと呼ばれる人がいて、企業からお金をもらって発信しているという人がいるのも事実です。

 

ただ、京都市がバレるまで隠していたということが、問題なのかもしれません。

吉本興業の芸人さんが京都国際映画祭に限らず、吉本興業が関わっているイベントなどをツイートすることは、他でもあったと思います。

しかし、今回は、1ツイートに50万円という条件なども、よく見られなかったということだと言えます。

 

ステマをするというのは、費用対効果が大きいから行うという背景もあるので、税金の無駄遣いというのは、違うPRの仕方と費用が変わるのかを検証しないと言い切れません。

なので、今回は京都市が公にせず、今になって発覚してしまったということが著しく印象も悪く、吉本興業も闇営業やチュートリアル徳井さんの件などもあった中での発覚で、また印象が悪いということでかなりタイミングも悪かったということでしょう。

 

今回ミキが矢面に立つような形になってしまいます。

ミキのツイートは、吉本興業も絡んでいることなので、ミキが個人的に50万円をもらっているわけではなく、吉本興業からの指示でツイートしたということだと思われるので、ミキに何か起こるような事がないことを、個人的には願っています。

コメント