LiSA(アニソン)っておばさん?紅白出場歌手の年齢や経歴を調査!

スポンサーリンク
巷で話題なこと

2019年の紅白歌合戦の出場歌手の発表が行われました。

来年東京オリンピック開催ということで、「パプリカ」を歌うFoorinの初出場なども発表されました。

そのなかで、一番反響が大きかったのは、女性歌手のLiSAさんでしょう。

 

アニソン界の歌姫としては、かなり有名なLiSAさんですが、アニソンに詳しくない人からすると、誰なんだという感じでしょう。

音楽番組にはあまり出演する機会は多くないので、知らない人も多いでしょう。

 

今回は、LiSAさんについてや紅白出場決定で喜んでいるネットの反応をまとめました!

 

年齢や本名は?LiSAのwikiプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LiSA(@xlisa_olivex)がシェアした投稿

 

見た目がかわいいことでも有名ですが、そのかわいらしい見た目から年齢がわからないと感じる人も多いでしょう。

LiSAさんのプロフィールを見てみましょう。

 

本名 織部 里沙
生年月日 1987年6月24日
出身地 岐阜県関市

 

本名は「織部里沙」といい、年齢は2019年11月現在で32歳になります。

かわいらしい見た目に反して意外に感じる人もいるかも知れません。

しかし、LiSAさんはアニソンなどの世界では、おなじみの存在なのです!

 

母親の影響で3歳からピアノを習っていました。

幼稚園年長組の時、人見知りの激しさを見かねた母親に地元のミュージカル教室に入れられミュージカルが一番楽しく、そのおかげで歌うことが好きになったのです。

小学校中学年の頃、テレビでSPEEDが格好良く歌い踊る姿に憧れを抱いていました。

中学に入った頃まではミュージカル教室の延長で歌とダンスのレッスンを続けていたところバンドをやっていた先輩達に卒業ライブでのボーカルを頼まれてボーカルをつとめました。

先輩に聴かせてもらったアヴリル・ラヴィーンがものすごくかっこ良く思えたこともあり、一緒に練習を始め、卒業ライブでアヴリル・ラヴィーン、LOVE PSYCHEDELICO、EGO-WRAPPIN’などのカバー曲を演奏したのです。

 

高校時代のバンド「CHUCKY」を結成したばかりの頃は、アヴリル・ラヴィーン、NOFX、ZEBRAHEAD、GREEN DAYなどのメロコアを演奏していた。その時のバンドメンバーの影響で現在の音楽性が形作られたと本人が語っています。

そして、バンドを解散後は、「チャンスは今しかない」と思い、音楽活動を続けるために高校へ進学せずに一人で東京へと上京したのです。

 

メジャーデビュー後

 

2010年、テレビアニメ『Angel Beats!』の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌唱パートに抜擢され、「LiSA」名義でメジャーデビューしました。

2011年からは、ソロでCDデビューをして、数々のヒットを出しています。

オリコンランキングが注目されにくくなってきていますが、オリコン週間ランキングの上位を何度も獲得しています。

 

音楽活動以外にもその見た目の人気もあり、写真集も4冊リリースしています。

 

紅蓮華が話題で紅白出場!

 

LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

 

そして、2019年アニメが大人気で、原作漫画はあの『ワンピース』の売上を抜くほどの大ヒットとなった『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』を歌い、注目を集めました。

そして、この曲で紅白歌合戦初出場となったのです!

 

スポンサーリンク

 

紅白初出場でネットで歓喜の声が多数!

 

芸能界からも喜びの声

 

 

やはりテレビ出演が珍しいこともあり、喜ぶ声がかなり多く、Twitterではトレンドに入るほどです。

テレビ出演が少ないなかで、紅白初出場となったら喜びは大きくなるのは仕方がないですよね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

LiSAさんが出た大きな音楽番組といえば、藍井エイルさんと一緒に出たミュージックステーション以来です。

喜ばしいとしか言えませんね。

 

この紅白出場をきっかけに更に活躍してくれそうですよね!

アニソン枠だと言う声もあるので、紅白出場した時の演出がどうなるのかもみどころですよね!

 

LiSAさんの紅白出場もその後の活躍も期待して、応援しましょう!

 

トップ画像引用元:インスタグラム