久保建英はバルセロナに復帰?身長について、今後の伸びしろを予測!

サッカー

今、日本のサッカー界で未来を背負ってるのは、間違いなく久保建英選手です。

まだ若干17歳ながら、今度行われるキリンチャレンジカップ、コパ・アメリカで日本代表に、つまりトップのA代表に、”飛び級”で選出されました。

 

来年の東京オリンピックでの活躍も、間違いないと見られる久保建英選手ですが、日本代表だけでなく、出身クラブであるスペインのFCバルセロナへの復帰も期待されています。

 

今後、久保建英選手はどこまで飛躍していくのか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バルサBへの移籍の可能性がある

 

元々FCバルセロナの下部組織で活躍していた久保建英選手は、バルセロナがペナルティを受けていしまい、久保建英選手を手放さなければいけなかったという過去があります。

 

そして今シーズンの久保建英選手は、現時点でJ1のFC東京で2ゴール3アシストで、チームを首位に貢献する活躍をしています。

 

スペインと比較して、日本はレベルは劣るのは間違いありませんが、トップのJ1で首位になっており、そこで中心とも言えるような活躍をしてるので、今も久保建英選手の評価は良いでしょう。

そこに先日発表された、A代表への選出は評価をかなり後押しするでしょう。

 

今も、インスタグラムで、バルセロナのマネージメントとコメントのやり取りをしてるところなどを見ても、これから何か動きがあるのではと、考えずにいられません。

 

移籍するとすれば、6月がまさにその期間で、これからどうなるのか?

バルセロナに移籍すると言っても、メッシやルイス・スアレスと一緒にプレーするのは考えにくいでしょう。

 

ではバルセロナに契約だけして、レンタル移籍をさせられる微妙なパターンなのかと言えば、そうではありません。

バルサBという、いわばセカンドチームです。

Jリーグでも、久保建英選手も出場していたJ3でFC東京U-20などと同じような感じです。

 

バルサBは登竜門

 

バルサBでの活躍が評価されて、ヨーロッパの各リーグへ羽ばたいていった選手は多いです。

もちろん、バルサBからトップのバルセロナに、上がった選手もいます。

 

しかし、バルセロナにそのまま昇格するというのは決して簡単ではありません。

 

バルセロナの生え抜き選手といえば、メッシやイニエスタ、ピケなどの有名な選手がいますが、他のクラブからの獲得も頻繁にしており、今だと、フランス代表のグリーズマンの獲得が報道されています。

 

その中でも、使いたい選手だと思われなければいけないということです。

久保選手がすごいと言っても、決して簡単ではありません。

 

スポンサーリンク

 

いくらスゴいと言っても日本人は通用するのか?

 

日本人が海外でスポーツをすると懸念されることは、日本人の体格です。

 

特に海外のサッカーは日本に比べて、激しい接触をされることが多く、それに耐えられるのかがよく問題点に上げられます。

 

身長は174cm

 

今Googleで検索をすると「174cm」と表示されます。

そしてFC東京の公式サイトや、Wikipediaなどでは「173cm」と表示されます。

 

17歳で、まだまだ身長が伸びる可能性のある年齢ですが、ネットで検索すると、中には身長伸びるのが止まってしまったようなことが書かれていますが、最近少し大きくなったような感じがします。

 

以前は、少年のような雰囲気もあり、あの体でよくやってるなという感じでしたが、今はそこまで見た目だけでは特に遜色もなく、実際に試合を見てても、当たり負けすることも少ないのです。

ちなみに、メッシ選手は公式に170cmとされてますが、もっと小さいと言われています。

 

それに比べて、久保建英選手は、174cmあり、それ以前に和製メッシと言われる技術もあります。

つまり、身長で活躍が出来るかを、久保建英選手に対して気にするのはナンセンスだと言えるでしょう。

 

久保建英のバルセロナへの移籍報道

 

今年の2月にFC東京の社長は、バルセロナへの移籍を否定し、ガセネタだとまで言っています。

これはスペインの地元紙で、久保建英選手がバルセロナへの移籍を合意したという報道がされて、それを受けて、FC東京の社長が出したコメントです。

 

 

しかし、これは2月のことです。

もちろん、移籍市場に向けて前もって、契約に動くこともありますが、ギリギリで合意されるような事も多くあります。

なので、まだまだ可能性はあります!

 

スポンサーリンク

 

今の状況は、久保建英にとって不足としか言いようがない

 

所属チーム FC東京

年齢 17

年俸 700万円

 

これを見ていかがでしょうか?

17歳で700万円を稼いでると考えればスゴイと思うかもしれませんが、世界で活躍するプレイヤーになれば、かなり安いと言えます。

 

バルセロナとしてもお買い得な選手だと言えます。

しかも小学生の頃から育てたバルセロナとしては、自分たちの育成方法で育った選手で、扱い選手なのは間違いありません。

 

今はFC東京が1位をキープしており、このチームを支えてると言えますが、しかし、バルサBもスペインの2部リーグから3部リーグに落ちてしまってる状況です。

 

セカンドチームと言えど、バルセロナは今の状況を打破したいのは間違いありません。

 

そして、久保建英選手はトップチームにいるとは言ってもJ1リーグです。

ヴィッセル神戸へ移籍して話題になったポドルスキ選手は、J1リーグのレベルは途上段階だとコメントしていました。

 

せっかく、世界トップを争うチームが興味を持ってるのに行かない理由がありません。

 

これからの日本サッカーのことを考えたら行くしかない!

 

今、堂安律選手や南野拓実選手など、若くして、海外のリーグで活躍してる選手がいますが、彼らよりも、久保建英選手の前評判や期待値が大きいのは事実です。

 

日本のサッカーの未来のためにも、バルセロナに復帰し、更にレベルを上げてもらうことを期待してしまいます。

 

移籍も気になりますが、6月はキリンチャレンジカップとコパ・アメリカが日本代表で控えています。

U-20ワールドカップ出場の為に、U-20世代がいないとはいえ、A代表に選ばれた事実に変わりはありません。

 

久保選手がA代表に入ってどんな活躍をするのか、今から楽しみで仕方ない人は多いでしょう。

 

コメント