スポンサーリンク

わかりやすく説明!12/28の慰安婦問題「日韓合意は違憲」訴え却下って結局どうなの?

社会のニュース
スポンサーリンク

2019年12月28日に日韓関係に影響がありそうなニュースが流れました。

韓国人元慰安婦が、2015年末の慰安婦問題を巡る日韓合意は韓国憲法に違反するとした訴えについて、韓国の憲法裁判所は27日、訴えを「却下」した。

引用元:Yahoo!ニュース

 

これだけを見ると、韓国が日韓合意を認めたような感じもしますが、しかしこんな文章もありました。

 

、一部の元慰安婦らは「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した合意について、「人間の尊厳と価値、外交保護権、財産権などを侵害された」として16年3月に憲法裁に提訴していた。文在寅(ムンジェイン)政権はすでに合意を形骸化させている。

引用元:Yahoo!ニュース

 

結局どっちなの?

ということで、今回のニュースはどういうことなのかをまとめました。

 

どうしてもこういう問題だと右か左かという話になってしまいがちですが、今回は憲法裁判所が却下したという一報に関して、どういう状況なのかということをまとめました。

この記事では慰安婦問題に関して、どうだとコメントするようなものではないのでありませんので、予めよろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク

韓国憲法裁判所「日韓合意は違憲」訴え却下の判断でどうなるの?

 

「日韓合意は韓国憲法に違反するという訴えを却下した」と聞くと、日韓合意を認めたような感じがしますが、そうではありません。

 

 

このツイートの通り、訴えを却下しただけで日韓合意が合憲なのか否かについては述べていなのです。

つまり、韓国として慰安婦問題についてコメントしたのではなく、あくまで1件の裁判の訴え自体に対して「憲法違反ではないから却下した」と憲法裁判所が言っているだけなので、日韓合意自体に関しては、関係ないものと考えて間違いないでしょう。

 

Twitterなどでは、勘違いをして「合憲だ」と言っている人もいますが、韓国政府はそのようには言っていませんし、韓国も三権分立なので、裁判所と政府が一致しているとは言えません。

 

「日韓合意は違憲」訴え却下に対してネットの反応

 

実際に今回の報道でかなりの色々違憲が見られます。

 

 

保守的な人が割合としては、多く反応していますが、NHKが後に訂正をしていますが「合憲」という報道をしてしまったことで、少し混沌としてしまっています。

報道から時間もそこまで経っていないので、政府の反応なども含めて、追加情報があれば追記します!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回の報道が、少し多く報道されてしまっているような印象が個人的には感じます。

韓国政府の判断に全く影響がないとは言えませんが、1つ訴えが裁判に値しないので却下されたということでしかなく、韓国が何かメッセージを発したわけではありません。

ここから、韓国側が日韓合意を認める可能性もないわけではないでしょうが、判断は難しいと言えます。

 

少しでも日本と韓国の両国にとって良い方向に向かってくれればいいですよね!

社会のニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム