ミツカン会長お家騒動、養子縁組画策、恫喝など、娘婿へのパワハラがヤバ過ぎる

巷で話題なこと

日本の多くの家庭で使われる食酢の多くはミツカンでしょう。

そんなミツカンは創業から200年以上代々、中杢家が愛知県半田市で営み、同族経営の非上場企業です。

 

そして中杢家の8代当主でミツカングループの代表取締役会長兼CEOを中杢和英氏。

その和英氏からひどいパワハラを受けたと、和英氏の次女中杢聖子氏の夫の中杢大輔氏が舅である中木和英会長を告発した事が週刊文春によって告発されました。

まさにミツカンのお家騒動だと言えます。

 

この記事では、大輔氏が告発した舅の和英会長から受けたとされる告発内容や、中杢和英氏の経歴や資産について、そして長女についてなどを調べてました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミツカン創業家のお家騒動

 

上高約2400億円、家庭用の食酢で約7割のシェアを誇るミツカン。創業200年超、愛知県半田市の中埜家が代々経営してきた非上場の同族会社だ。

現在は、中埜家の8代目当主である中埜和英・ミツカングループ代表取締役会長兼CEO(68)がトップを務める。和英氏は、高額納税者全国6位に名を連ねたこともある大資産家でもある。

しかし今、中埜家にお家騒動が持ち上がっており、それはミツカン本体をも巻き込むほどにエスカレートしているという。

「すべては私を家族から追い出し、妻や息子と引き離すために画策されたことです」

そう和英氏を告発するのは中埜大輔氏(38)。和英氏の次女で、次の当主と目される聖子氏(40・ミツカングループ専務)の夫だ。

大輔氏は2013年、聖子氏と結婚し、中埜家に婿入りすると同時にミツカンに入社。だがほどなく、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようになったという。誤解を解くために直接話したい、と申し入れたら「私と直接話がしたいと言える立場か!」と突き放された。そして結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けた。

2014年、義父母との関係が改善しないまま英国に居を移していた大輔氏夫妻に男児が誕生。中埜家にとって待望の跡継ぎ誕生を境に、圧力はさらに強まったという。

引用:週刊文春オンライン

 

週刊文春に取り上げられたお家騒動の内容とはどういうものだったのか?

今現在も中杢大輔氏と和英会長およびミツカンとの裁判は続いてます。

 

初孫が生まれ養子縁組届けを出させようとし、大輔氏を家族から引き離した

 

次女の聖子氏がロンドンで出産をし、そこに現れた和英会長と美和副会長夫妻が、養子縁組届を出すように迫ったのだそうです。

しかもそれは出産4日目に起こった出来事だったのです。

 

そして、ロンドンで出産、子育てをする予定だった家族の中から、一人大輔氏だけを比企花塚のように、大阪の関西物流センターへの異動を命じたということなのです。

 

大輔氏は、元々聖子さんが次の当主になるという話で、それをサポートすると考えていたようですが、和英会長は、孫の誕生するやいなや、御役御免と考えてるようにも見えてしまいます。

そしてロンドンで、出産して育児をするという方針も、贈与者と受贈者が海外に10年以上在住の場合、海外資産の相続税が免除されるという、節税スキームもあるのではないかと、大輔氏は考えられているそうです。

 

しかも、別居状態を理由に、離婚調停を進めようとしてるそうです。

 

スポンサーリンク

 

謙虚の意味を言えと辞書を朗読させられた

 

中杢家に尽くすことを心に決めていた大輔氏は、養子縁組に関しても仕方がないと考えていました。

しかし、突然の養子縁組の申し出に戸惑いを隠せない大輔氏は、サインをする手が一瞬手が止まってしまいます。

 

それを見た、和英会長は激昂し、こう言いました。

「謙虚の意味を言ってみろ」

とiPadを差し出し、辞書で謙虚の意味を朗読させられたそうです。

 

翌日義母の美和副会長から、

「ダダ(和英会長)で優しくて良かったね。先代だったらママは即座に子供と家を追い出されていたし、ダダも殴られるくらいではすまないし、もちろんあとを継ぐにはママと分かれることが絶対条件だと思います。」

優しくフォローしてくれるのかと思いきや、かなり追い打ちをかけるような内容です。

夫婦で精神的に追い込んでくるというのはなかなかのヤバさだと言えます(汗)

 

中杢家の長女はどんな人

 

火中の人物は次女の聖子氏の夫の大輔氏です。

しかも、次女の聖子氏は次代の当主だと目されてると言われています。

 

もちろん次女なので、長女はいるはずなのです。

調べたところ、お名前は裕子さんという方らしいのですが、それ以上の、情報は得られませんでした。

 

表立って出てきてないところを見ると、ミツカンの経営に興味がなかったり、聖子氏が経営を受け継ごうというので、譲ったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

中木和英会長の資産

 

冒頭でもお伝えしたとおり、国内7割のシェアを誇るミツカングループは、売上高が2400億円、2000億円規模のM&Aで「ミツカンと同じくらいの企業を手に入れた」という発言もしています。

過去には高額納税者番付で6位に入っており、その時の納税額で8億4000万円で、愛知県では1位でした。

20年以上前で、そのような状態ですから、その規模は更に大きくなっていても不思議ではありません。

 

この莫大な資産を受け継ぐとなると、後継者問題も戦々恐々としてしまうのも、他人事ながらわからなくもありません。

 

中杢家の学歴

 

調べてみたところ、中木和英会長は慶應義塾大学を卒業したという情報はありましたが、聖子氏の学歴などは見つかりませんでした。

聖子氏も当主候補になるくらいですし、学歴は有名大学であろうと思われます。

大輔氏は聖子氏と結婚して婿入りするまでは、エリート金融マンとして働いており、最終学歴は和英会長と同じ慶應義塾大学です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回のお家騒動を見ていると、少しのボタンの掛け違いで、おかしくなってしまったのかなと思いました。

大輔氏も、養子縁組を受け入れてたのに、和英会長の激昂によって、ここまでこじれてしまったという感じは否めません。

 

今回のお家騒動は、大輔氏の一方的な告発で、大輔氏よりなことだけが明るみに出てる可能性もありますが、力があるのは和英会長側なので、多少の誇張はあったとしても、無きにしもあらずな感じなのは間違いないでしょう。

 

この報道を受けて、安藤優子さんが和英会長を擁護してるとバッシング受けてしまうのも、事件でもなく、一方的な告発だからと言うのと、ミツカンがテレビCMなどで、影響力があるので、完全に悪いとわかるまでは責めづらいという感じも見受けられます。

 

この一連の騒動を見てると、簡単な問題ではないですが、起きた原因などはすごく簡単なことで起こってるのかもしれないなと感じました。

コメント