スポンサーリンク

ネットフリックスがスタジオジブリ作品配信決定!日本では見れない理由を考察した

エンタメ情報
スポンサーリンク

動画配信大手のネットフリックスが2月からスタジオジブリ作品を配信することを発表しました。

これを聞いた日本のネットフリックスユーザーは喜んだでしょう。

しかし、残念です。日本、カナダ、アメリカでは配信されないのです。

それはなぜなのか?

様々な理由が考えられるので、今回はその事をまとめてお伝えします!

 

スポンサーリンク

日本ではネットフリックス(Netfrix)でジブリ作品が見れない

 

ネットフリックスと言えば日本だけでなく、世界で人気のネット動画配信サービスです。

人気の映画やアニメ・ドラマ作品が見れるだけでなく、日本国内でも話題になった『全裸監督』などのネットフリックスオリジナルコンテンツも充実しています。

そんな充実しているコンテンツの中に、未だネット動画配信サービスではどこで見ることができないスタジオジブリ作品が見れるとなると、文字通り最強のVODと言えますよね。

しかし残念ながら日本でのジブリ作品の配信は予定していないのです。

 

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

ジブリ作品を巡ってはAT&T傘下のワーナーメディアが展開する動画配信サービス「HBOマックス」で米国内でのジブリ作品の配信を決めるなど、動画配信サービスの目玉コンテンツとしてジブリと組む動きが広がっている。

引用元:日経新聞

 

このように、日本、カナダ、アメリカでは配信する予定はないようです。

特にアメリカは、「HBOマックス」という別のサービスが配信予定なのですが、そのような時に順番を争うのが常ですが、他のサービスに譲ってしまうというのは、戦略があってのことだと言えます。

 

日本、カナダ、アメリカという大きなマーケット以外の国での配信を目的としているということになります。

つまり、この3ヶ国は既にスタジオジブリ作品は有名な作品として多く知られているのですが、それ以外の国の人達を対象としているということなのでしょう。

 

スタジオジブリ=日テレ=Huluでは?

 

スタジオジブリ作品と言えば、金曜ロードショー(金ロー)での放送だというイメージを持っている人も多いですよね。

毎年『天空の城ラピュタ』の放送時に破壊の呪文「バルス」を唱える時に、Twitterで盛り上がるのは風物詩と化しています。

それだけ日本テレビの印象が強いので、スタジオジブリ作品がネットフリックスでの配信と聞いて、「Huluじゃないのか?」と思った人は多いでしょう。

特に金ローでのスタジオジブリ作品の視聴率は群を抜いているというのは言うまでもありませんね。

つまり、日本国内では、スタジオジブリ作品の放映権などの権利問題もあったのでしょう。

そのため、日本国内でのネットフリックス配信はなかったのでしょう。

こんな考察もあります。

 

 

そうなのです。

ディズニーは、ジブリ作品にも手を伸ばしているのです。

そのため、権利は色々なところでしがらみがあると言えるでしょう。

ディズニーでもネット動画配信サービスを行っているので、ジブリだからHuluという流れも簡単ではないと言えるかもしれません。

 



今後日本国内でスタジオジブリ作品が配信される可能性は?

 

気になるのは、今後スタジオジブリ作品がネット動画配信サービスで無料で見ることができる日が来るのかということですよね。

可能性は全くないと言えるでしょう。

それは、ネットフリックスでもHuluでも、Amazonプライムもあるかもしれません。

これはなぜかと言うと、他の映画作品の場合、複数の動画配信サービスで見ることができることは珍しいことではありません。

 

ジブリパークの宣伝の可能性も?

 

2022年に愛知県で「ジブリパーク」のオープンが予定されています。

そう考えると、ジブリ作品がいつでも見れる状態になれば、客足が伸びるということも考えられるでしょう。

スタジオジブリ作品の近年の公開作品よりも、『となりのトトロ』や『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』などの方が人気ということもあるので、ジブリパーク成功のためにネット動画配信サービスでの配信は考えられると思われます。

そのため、今後の動画配信サービスでの配信が全くないとは言えないと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

TSUTAYADISCASなら30日間無料でレンタルすることができる!

 

動画配信サービスでは見ることができないジブリ作品ですが、定額レンタルにツタヤディスカスならジブリ作品も見る事ができるのです!

初回30日間無料なので、30日以内に解約すればもちろん無料で視聴できるのです!



まとめ

 

日本でも見たいという人は多いですが、それと同時に権利関係が気になる人も多いですよね。

テレビで見れるからいいやという声もありますが、そういう声があることをネットフリックスが把握している可能性も有るかもしれません。

でもやっぱり、日本の動画配信サービスで見れるようになったら嬉しいですよね!

まだまだ可能性はあるので、配信されることを心待ちにしましょう!

エンタメ情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム