スポンサーリンク

箱根の駄菓子屋が「中国人は入店禁止」で炎上!ハウスベイダーの場所は?

炎上ネタ
スポンサーリンク

今中国を中心に流行っている新型ウィルスによる新型肺の発生元が中国ということで、「中国人は入店禁止」という貼り紙をする駄菓子屋さんが現れて、それを朝日新聞が報じました。

ネットではこれが大きな話題になっています。

この貼り紙をした駄菓子屋さんはどこのなんというお店なのか、一連のことをお伝えします!

 

スポンサーリンク

「中国人は入店禁止」の駄菓子屋はハウスベイダー

 

話題になっている「中国人入店禁止」の貼り紙を貼っていた駄菓子屋さんは、箱根湯元駅の近くの「ハウスベイダー」です。

 

 

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本687
箱根湯本駅より徒歩5分 ホテル河鹿荘前

営業時間:PM12:00~PM6:00
2019年4月22日より、定休日が水曜日、木曜日になります。

引用元:ハウスベイダー

 

駄菓子だけでなく、射的場もあるお店で、懐かしい雰囲気のお店と思ったら、お店の名前を見てわかるように、スターウォーズのグッズなどがたくさんあるお店でもあります。

 

 

「中国人は入店禁止」にネットの反応は?

 

実際に今回報じられた「中国人入店禁止」という事を知ったネットの反応を見てみましょう。

 

 

やはり朝日新聞の報道の通り、批判的な意見がありました。

しかし、これはほんの一部で多くはその報道に対して批判的な意見、つまり駄菓子屋さんに対して共感をするようなコメントが多かったのです。

 

 

行動としては、差別ではないという人と、報道したのが朝日新聞ということで朝日新聞に対しての批判的な意見が多かったように思われます。

今回の問題では、差別的な問題なのかという事以外の部分でも物議を醸しているという感じですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

人から人へ感染するというニュースもありますし、中国から帰ってきた人が感染していたという事実もあるので、無防備にお客さんを迎え入れているお店としては、自衛策といえばそのような気もします。

韓国が放射線で日本をヘイトのような事をしているのと似ていますが、韓国の場合は実害が考えにくく、今回は、実害があり得るということなので、一概に批判はしづらい部分ではあります。

そして、今箱根などに中国人を含む多くの外国人観光客が押し寄せているという状況の中で、マナーが悪いから書いているのではというコメントもありました。

そういう意味では、お客さんを選べないというのも事実なので、無関係な第三者としては、見守るしかないでしょう。

それよりもあの駄菓子屋の「ハウスベイダー」が楽しそうなお店だなと個人的に思っていましたw

炎上ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム