スポンサーリンク

コビッドじゅうきゅう(COVID-19)名前の意味は?わかりやすく解説!中国に忖度か

社会のニュース
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの名前を「COVID-19(コビッドじゅうきゅう)」と名付けると発表しました。

今までの流行病と違い、わかりにくい名前で色々と物議を醸しています。

今回は、そんな新型コロナウイルスの名称「COVID-19(コビッドじゅうきゅう)」についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

「COVID-19(コビッドじゅうきゅう)」って名前の意味は?

 

 

WHOが話題になっている新型コロナウイルスの名称を発表しました。

COVID-19(コビッドじゅうきゅう)」という名前です。

 

 

つまり、「2019年にコロナウイルスで引き起こされた病気」という意味だと言うことなのです。

しかし、このネーミングについて物議を醸しているのです。

 

スポンサーリンク

「COVID-19(コビッドじゅうきゅう)」の由来は?

 

これまで世界的な流行病ではわかりやすい名前が使われていました。

よくわかりやすいのが「スペイン風邪」です。

これはスペインで流行したインフルエンザが世界的に広まったことで、名付けられました。

そう考えると、わかりやすいのは、「中国」や「武漢」とう言葉のはずだと思っている人が多いのです。

 

しかし、WHOはあえて地名を使わなかったと言っているのです。

 

国連食糧農業機関(FAO)などとの合意に基づき、風評被害などを避けるため地名、動物名、人名、組織名などを盛り込むことはしなかったと説明

引用元:共同通信

 

欧米では感染の拡大が最も深刻な中国の武漢にちなんで「武漢ウイルス」などと伝えるメディアもある中、WHOとしては、地名を避けることで中国への配慮をにじませた形です

引用元:NHK

 

「武漢」という言葉を使ったら、風評被害が起こってしまうから地名を使わなかったとWHOは言っているのです。

日本が実際に今も福島県が放射能汚染の風評被害にあって、経済的なダメージを受けていますが、そのようにならないように配慮したということになるのです。

 

スポンサーリンク

WHOテドロス事務局長が中国に忖度?

 

それを受けてネットではこのようなことを言われています。

 

 

WHOのテドロス事務局長は以前から、コロナウイルスに関しての情報を話すときには、中国に過剰に配慮するようなコメントが注目されていました。

テドロス事務局長の母国エチオピアなどのアフリカの国は、中国から多額の支援などを受けていて、WHOは忖度していると言われているのです。

 

 

実際にどうなのかと言い切るのは難しいですが、テドロス事務局長が中国へ忖度していると考えている人が多くいるのは間違いないようですね。

社会のニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム