久保建英がレアル・マドリードへの移籍が決定!日本の至宝が世界へ

サッカー

日本の至宝と呼ばれ、今日本で一番注目されてるサッカー選手の一人とも言える、久保建英選手ですが、18歳を迎えて、海外の移籍市場から注目を集めています。

 

もともとバルセロナFC出身の久保選手ですが、バルサ復帰の噂されてる中、PSGことパリ・サンジェルマンがさらに高額の移籍金を提示してると言われていた中で、あの銀河系軍団でおなじみのレアル・マドリードが、その上をいく移籍金を提示したのです!

 

そしてレアル・マドリードから正式に久保選手の獲得が発表されました!

 

Twitter

 

今回はそんな久保建英選手の移籍についてまとめてみました!

 

日本の至宝をビッグクラブが取り合う!

 

現在JリーグのFC東京に所属してる久保選手ですが、有名な話ですが、もともとFCバルセロナの下部組織に所属していました。

 

FIFAに所属する欧州のクラブチームでは、未成年の外国籍選手を獲得することを禁止という規定に引っかかり、帰国を余儀なくせざるを得なかったのです。

 

そして18歳になった今は、まさに解禁されて、一時は「世界の至宝」とまで呼ばれた久保選手ですから海外のビッグチームから声をかけられたのです。

 

レアル・マドリードで決定

 

日本でも有名な海外サッカーチームといえば、メッシを擁するバルセロナFCとレアル・マドリードです。

 

この2チームが直接対決をする試合を「エラシコ」と呼ばれ、毎回注目を浴びるのです。

スペインリーグのレベルは、レアルとバルサの2強状態が長く続いており、資金力もこの2チームが頭一つ飛び出しているので、有名な選手を高額な移籍金でどんどん引き抜いてるのです。

 

そんなレアル・マドリードが、久保選手を獲得するために「年俸100万ユーロ(約12200万円)の5年契約、移籍金として200万ユーロ(約24400万円)を準備しているという情報が流れたのです。

 

最初はバルセロナFC

 

久保選手といえば、バルセロナFCの下部組織の「カンテラ」に所属して、そこでユースのリーグとカップ戦に30試合出場し、47ゴールを上げているのです。

そんな活躍をしてる久保選手を放出せざるを得なかった。

 

もちろん、バルサは、自分たちが育てた選手ですし、バルサのサッカーを理解してる久保選手を取り戻したいと考えるでしょうし、久保選手もバルサに帰るだろうと、誰もが考えていました。

バルサは、PSGが獲得に乗り出し、移籍金が高騰すると、久保選手獲得から撤退してしまいました。

 

パリ・サンジェルマン(PSG)が名乗りを上げた!

 

PSGも2017年ごろから、久保選手には、興味を持っているという報道がありました。

久保選手は、トップチームとの契約を望んでおり、バルサとの契約が難航したため、PSGが獲得するのではないかと考えられていました。

PSGも、フランスのリーグで1強を担うビッグクラブです。

 

資金力はあるので、そこに獲得に名乗りを上げてきたのですが、さらに大きな資金力を誇るレアル・マドリードが現れて、今回レアル・マドリードで決着するのではないかと言われているのです。

 

18歳で、年俸約1億3000万円!

 

先ほどもお伝えした通り、年俸100万ユーロ(約12200万円)の5年契約、移籍金として200万ユーロ(約24400万円)という契約を用意してるという話です。

 

この金額をまだトップチームと言えども、Jリーグでしか経験のない、ましてやそんな条件を日本人選手に出すなんてことは前代未聞のことです。

しかし、そこはバルセロナFCの下部組織「カンテラ」での実績を評価されてのことであると言えます。

 

日本人から見ると破格の契約内容ですが、レアルには同じ18歳で、移籍金が50億円を超える2人のブラジル人プレイヤーがいます。

ヴィニシウス・ジュニオールとロドリゴ・ゴエスの両選手です。

 

彼らはFWで、少しポジションが違いますが、彼らでさえも、レアル・マドリードのトップチームではなく、Bチームや他チームへのレンタル移籍になるという声もあります。

もちろん、移籍金だけでは、判断できることではないのですが、20倍以上の移籍金を払ってまで獲得した選手をBチームやレンタル移籍にするのであれば、久保選手も、そうなるのは仕方のないことです。

 

ただ、そうなっても、レベルの低いリーグにレンタルなどして、成長を妨げるのは、投資を回収できないので、日本に戻ってくるようなことはなく、ヨーロッパで活躍する姿を見ることができるのは間違いないと言えます。

 

中井卓大とプレイすることもあるのか?

 

レアル・マドリードに日本人が所属するとなると思い出されるのは、現在15歳でレアル・マドリードの下部組織に所属している中井卓大選手です。

その中井選手と久保選手が、レアル・マドリードで共にプレイをするのではないかと、気の早いサッカーファンはざわめいています。

 

しかし、これはもし実現するとしても、まだまだ先の話になるでしょう。

どんなに活躍してるとはいえど、中井選手まだ15歳で、トップチームに昇格するとしても、まだ3年ほどの時間がありますし、レアル・マドリードの選手層の厚さは、とても厚いので、そう簡単に飛び級で、トップチームに入るというのは考えにくいです。

 

でも、レアル・マドリードで日本人選手が、2人で協力するなんて、まるでキャプテン翼の世界のようですね。

こちらもいつかの夢ということで、期待していたいですね!

 

ネットでの声

 

Twitter / ?

まとめ

 

まさに日本中が、世界的スターの誕生の予感を感じるような出来事だと言えますね。

しかし、まだ道半ばです。

 

久保選手を見つめる我々サッカーファンは、ここで満足をするのではなく、これから世界に羽ばたいていく久保選手だけに限らず、日本のサッカー選手やJリーグの応援もしていくべくでしょう。

 

日本人はいつも、海外にいく瞬間だけ注目したり、日本代表しか応援をしないと言われています。

Jリーグも徐々に盛り上がってきていますが、久保選手や他の選手、Jリーグ共々、応援していけば、さらに日本サッカーの明るい未来が見えるのかもしれません。

 

レアル・マドリードや世界のサッカーはDAZNで見ることができます!↓

コメント