中井卓大の経歴や愛称”ピピ”の由来は?身長や家族、姉のことを調査!

サッカー

日本では久保建英選手がレアル・マドリードへの移籍が正式に発表されて、日本初のレアルに所属する選手の誕生だと喜ぶ人が多いかもしれません。

しかし、久保選手よりも先に、レアルに所属している選手がいるのです!

 

その人の名前は、中井卓大(なかいたくひろ)選手です。

まだ15歳の逸材です。

 

今回は、そんな将来が楽しみな中井卓大についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう一人の日本の至宝?中井卓大のプロフィール

 

若干15歳の、中井選手ですが、まずはプロフィールを見ていきましょう。

 

生年月日   2003年10月24日
身長     現在180cm
愛称     ピピ(pipi)
出身     滋賀県大津市
出身小学校  大津市立堅田小学校
所属     カデーデA
ポジション  MF

 

愛称”ピピ”の由来

 

愛称の「ピピ(pipi)」というのが、目を引きますが、これは実際に呼ばれている愛称なのです。

この愛称の由来は、サッカーをしていて、プレーがうまくできなくて、泣いている姿を見て泣き虫という意味で、「ピピ」という愛称をつけられてしまったのです。

これは、内輪だけでなく、ユニフォームの背中の名前部分に貼られていたり、スペイン現地の実況のアナウンサーもピピと呼ぶそうなのです。

 

日本人では珍しい恵まれた体格に!

 

日本人が海外でスポーツで挑戦すると、ハンデだと言われがちなのが、体格です。

実際に久保建英選手は、身長が伸びなかったらどうするみたいなことが、ネットなどでも心配されたりします。

 

しかし、中井選手の場合は、その心配はいりません!

なんと2019年になって、去年から5cm身長が伸びて、今は180cmの長身です。

 

ちなみにまだ今年16歳になる歳です。

成長期真っ只中で、これから大きくなる可能性は大いにあります。

 

背は高いのですが、体の線はまだ細い部類になります。

フィジカルトレーニングを本格的に始めたばかりで、まだまだこれから、ガッシリとした体を手に入れていき、レアルの下部組織それぞれで、会得した技術に磨きをかけて、サッカー選手として、さらに大きく成長することが期待できます。

 

日本のC.ロナウド

 

背が高く、ゴールを量産する選手といえば、元レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手がいますが、中井選手はスペインでは、日本のC.ロナウドと呼ばれることもあるのです。

 

中井選手は、ドリブルが得意で、自らゴールを決める姿が印象的な選手です。

その姿から、日本のC.ロナウドと呼ばれています。

ただチームやユニフォームが同じだということだけでなく、中井選手自身のプレースタイルや実力が、周りにそう呼ばせているのです!

 

 

まだ発展途上ではありますが、ここから体も大きく強くなることで、C.ロナウド選手により近づいていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

久保建英と一緒にプレーする日は近い?

 

久保建英選手が、レアル・マドリードへの移籍が決まった今、ネットでは、一つの期待されてることがあります。

それは、中井選手とのプレーがあるのではないかという期待です。

 

これが実現するには、まだあと何年かの時間が必要になりそうです。

中井選手は、まだ15歳で、所属してるチームもレアル・マドリードの下部組織のカデーデAで、レアル・マドリードのU-16チームになります。

 

つまり、まだ育成段階で、プロ契約はしていませんし、いくら才能があるとはいえ、よっぽどのことがない限り、トップチームの試合に出るようなことはないでしょう。

 

 

ちなみに久保選手も、レアル・カスティージャと言って、レアル・マドリードのBチームに所属することになったのです。

つまり、スペインの3部リーグか、レンタル移籍することになります。

 

でも、久保選手も和製メッシと呼ばれることもあります。

つまり日本のC.ロナウドとメッシは共にプレーするということにもなるので、期待せずにはいられないですよね!

まさにキャプテン翼のような世界が広がるようですね!

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックには選ばれる?

 

U-15日本代表に呼ばれたこともある中井選手は、次のカテゴリーの代表に召集されることも確実でしょう。

しかし、東京オリンピックは来年で、去年のU-19代表から選ばれた選手から選出されることが予想されているので、オリンピック本番はまだ16歳の中井選手が選出されることは考えにくいでしょう。

 

チームでの連携などもあるので、年齢差があると、うまくいかないということもあります。

過去のワールドカップで、アルゼンチン代表に初めてA代表に、メッシが選ばれた時は、コミュニケーションがうまくいかずに敗退するということもありました。

 

そういうことが歴史として残っているので、無理に中井選手をオリンピック代表に選出するようなことはないでしょう。

 

中井卓大の家族や兄弟

 

4人兄弟で、10歳年上の兄と、7歳上の姉、5歳年上の兄がいて、中井選手は末っ子になります。

 

一番上のお兄さんは「みつや」さんという名前で、すでに結婚されて、日本でサラリーマンをしてるそうです。

 

次男は「あきと」さんという名前で、松蔭横浜大学に通っているという情報がネットなどであるのですが、色々調べてみましたが、確たる証拠は見つけることはできませんでした。

 

美人で有名な姉のほのか

 

お姉さんは、保乃可(ほのか)さんというお名前です。

インスタをやってるので、その中の写真を見た人たちが、保乃可さんのインスタグラムを見て、美人なお姉さんがいると話題になっているのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Honoka Nakai 中井 保乃可さん(@honoka_226)がシェアした投稿

 

保乃可さんのインスタには、中井選手の写真がたくさんの載っています。

スペインと日本で離れてる暮らしてる上に、7歳離れている弟で可愛いのでしょうね。

 

中井卓大の両親

 

中井選手の両親は離婚して、お母さんと暮らしているという情報が多くあります。

しかし、確証を得るようなものはありませんでした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Honoka Nakai 中井 保乃可さん(@honoka_226)がシェアした投稿

保乃可さんのインスタには、家族写真として載っていたのですが、お母さんの後ろに写る男性は、誰なのかという疑問もありますが、ネット上ではご両親は離婚をされてるという情報が多いです。

 

もし、何か情報が入ったら更新したいと思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

よく中井選手と久保選手はどちらがうまいのかなんて話を聞きますが、そんな野暮な話はないですよね。

二人ともうまいに決まってるし、どちらも全く同じタイプだということはないのですから、一緒にプレーしたら、お互いを補完しあってすごいプレーをしてくれるのではないかという期待しかありません。

 

中井選手は、間違いなく日本代表を背負う選手になりますし、それ以上に世界でトップを争う選手になるかもしれません。

クラブワールドカップで、ヨーロッパの代表チームの一員として参加する可能性も大いにあります。

 

日本の至宝と呼ばれた久保建英選手よりも先に、レアルの組織でプレーをし、育成を受けてる中井卓大選手ですが、これからが、楽しみでしかない、これからの成長も間違いないでしょう。

 

まだまだ若い中井選手なので、本格的なプロになるのは、あと2、3年後といったところでしょう。

そこから新しい日本サッカーの歴史が始まるかもしれません!

 

追記:16歳でレアルとプロ契約に!

 

白い巨人、レアル・マドリードの下部組織に所属するU-15(15歳以下)日本代表MF中井卓大(たくひろ=15)が16歳の誕生日を迎える今月24日以降にレアルとプロ契約を結ぶ可能性が高いことが22日、分かった。今夏レアルと契約し、現在はマジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英(18)に続いて、将来の日本サッカーを背負うであろう逸材がレアルでプロに。夢の共演へ、また1歩前進となる。また、中井が今年4月から芸能大手の吉本興業とマネジメント契約を結んでいたことも判明した。

引用元:日刊スポーツ

 

なんと16歳でプロ契約を結ぶことになったのです!

もちろん、レアルで才能を認められてのプロ契約ですから、将来的にはレアルのトップチームでプレーするでしょう。

マジョルカにレンタル移籍している久保建英選手と、ポジション争いや共にプレーする日もそう遠くはないかもしれません!

 

 

コメント