マホトが逮捕!人気Youtuberの同棲相手で元アイドルA子の画像を発見!

Youtuber

人気ユーチューバーのマホトさんが、逮捕されていました。

マホトさんは既に釈放されて、活動を自粛することを自身のYoutubeチャンネルで発表しました。

 

女性問題の上に、暴行事件というかなりショッキングなニュースですが、今回はマホトさんの同棲してのA子さんや、事件のことについてまとめみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Youtuberマホト・逮捕されていた

 チャンネル登録者数270万人超の超人気ユーチューバー、ワタナベマホト(26)が東京・港区の自宅で同居女性に暴行を加えたとして6月2日未明、警視庁三田警察署に傷害容疑で逮捕されていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

「中学生の頃から動画配信を始めた、ユーチューバー歴10年以上の大ベテランです。最近ではトリオ芸人『安田大サーカス』のクロちゃんとコラボをしたり、ラッパーとして音楽活動もしています。ワタナベが参加する音楽ユニット『カイワレハンマー』は今年の夏に大手レコード会社からシングルをリリースし、デビューする予定でした」(音楽業界関係者)

甘いベビーフェイスで女性ファンも多いワタナベ。同居していた恋人のA子さん(10代)も現役のユーチューバーだ。

「A子さんはもともとアイドルとして芸能活動も行っていたそうです。その日、ワタナベの別の女性関係をめぐって2人は口論になり、ワタナベが逆上してA子さんを殴りつけ、顔を踏みつけるなどの暴行を加えた。A子さんは全治2週間の怪我を負い、駆けつけた捜査員に現行犯逮捕されました」(捜査関係者)

所属先のUUUMに事実確認を求めたところ、

「(傷害逮捕については)当社からお話しできることに限りがございますので、回答を控えさせていただきます。ワタナベマホトについて、無期限活動休止を決定したのは事実です」

と回答した。

引用元:文春オンライン

 

まさかの逮捕ということで、驚きを隠せませんが、女性に暴力を振るってしまったら、活動は自粛せざるを得ませんね。

ミュージシャンとしてのデビューも決まっていたのに、本当にもったいないことをしてしまいました。

 

マホト、活動自粛を自ら発表

 

そんなマホトさんは、自身のYoutubeチャンネルで、活動自粛を発表しました。

 

今回の騒動について、活動休止させていただきます

 

声のトーンや表情を見るからに当たり前ですが、かなり落ち込んでますね。

でもしっかりと話をされていて、謝罪としてはしっかりできてるものでしょうから、謝罪のしかたとしては、最近の芸能人の残念なものとは違い、ちゃんとできています。

 

スポンサーリンク

同棲していた元アイドルA子の正体は??

 

マホトさんが暴行をしてしまった被害者の方は、マホトさんと同棲していて元アイドルだそうです。

そして更に、Youtuberだったということです。

そのA子さんについて色々調べてみました!

 

今回の文春の情報だと、A子さんは、10代で元アイドルのYoutuberということです。

色々と調べてみたところ、条件に当てはまる人がいました!

 

元夢見るアドレセンスの京佳

 

10代で元アイドルであり、Youtuberもしているという条件に当てはまるのが、元夢見るアドレセンスの京佳さんです!

 

 

生年月日 1999年12月2日
現年齢 19歳
出身地 埼玉県
血液型 B型

 

かつて、マホトさんは夢見るアドレセンスのメンバーとの噂が、京佳さんと他のメンバーでもありました。

今回の事件情報からすると、京佳さんが一番当てはまるのではないかと思われます!

ただ、Twitterは事件後も更新されているので、もしかしたら他の人である可能性も捨てきれませんが、現段階で京佳さんが有力ではないかと考えられます!

 

マホトの別の女性は誰なのか!

 

 

今回の暴行事件のキッカケは、A子さんとの別の女性について口論となったというのが、キッカケになります。

つまり、マホトさんが浮気をしたことに対して、A子さんと口論になってしまったということです。

 

つまり、相手がいたということですね。

その浮気相手のことも調べてみました!

しかし、本題のA子さんの情報も錯綜してる中で、浮気相手に関しての情報はつかめませんでした。

 

コチラも分かり次第更新します!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回、人気ユーチューバーの逮捕ということで、かなり衝撃的なニュースでした。

しかも女性問題で、同棲相手を殴ってしまうというスキャンダラスな事がいくつも重なってしまっており、この問題は今後も様々な憶測を呼ぶのではないかと思われます!

 

コメント