風間杜夫のプロフィールや経歴|学歴や嫁や息子についても調査!

俳優

 



 

風間杜夫さんは、これまでに俳優や声優として様々な作品に出演し、時には優しい役を、時にな少しクセのある役を演じています。

今回は、そんな風間杜夫さんの経歴や家族について紹介します。

 

スポンサーリンク

風間杜夫のプロフィールや経歴

 

名前:風間杜夫 (本名:住田知仁)
生年月日:1949年4月26日
血液型:O型
出身地:東京都
身長:171cm
趣味:麻雀
特技:落語
所属事務所:オフィスカザマ

 

1957年、8歳のときに児童劇団『東童』に入団、翌年の1958年に東映児童演技研究所の一期生になるとすぐに頭角をあらわし、東映作品に出演、少年雑誌の表紙を飾るほど人気になりました。

学校に通えなくなるほどのハードスケジュールだったものの、俳優の米倉斉加年さんに「俳優を一生の仕事にしたいのならば子役の仕事はやめた方がいい」といわれ、13歳で劇団を退団しました。

当時は子役は成功しないといわれていたため、風間杜夫さんもこのまま続けていけば売れなくなってしまうと思われていたのです。

1971年の秋、劇団『俳優小劇場』の養成所に通っていた風間杜夫さんは、劇団の幹部間に内紛が発生したため費用を返金してもらい、劇団『表現劇場』を立ちあげました。

1972年に現在の芸名で映画『艶色女侠伝 お万乱れ肌』でデビューし、1974年には『勝海舟』でテレビドラマデビューを果たしています。

1982年の映画『蒲田行進曲』の出演がきっかけで知名度が上がり、その後1983年に放送されたドラマ『スチュワーデス物語』の出演により人気に火が付きました。

声優としては子役時代に『安寿と厨子王丸』に、風間杜夫名義でも『風立ちぬ』や『アカギ~闇に降り立った天才~』に出演をしています。

 

若い時は仮面ライダーもやっていた?

 

風間杜夫さんは無名時代、アルバイトで仮面ライダーをやっていたことを明かしていました。

ただしテレビではなくアクションショーのスーツアクターで、仮面ライダーV3を担当していたそうです。

大竹まことさんやきたろうさん、斉木しげるさんと同じ劇団におり、その劇団がアクションショーの仕事を担当していたためこのメンバーで行っていたそうです。

当時は皆さん無名だったとはいえ、豪華なメンバーですよね。

 

風間杜夫の所属事務所

 

現在風間杜夫さんは、個人事務所である『オフィスカザマ』に所属しています。

他に所属しているタレントはいないので、完全に自分だけの事務所になっているようです。

 

スポンサーリンク

風間杜夫の学歴がすごい?

 

続いて、風間杜夫さんの通っていた学校を調べてみました。

風間杜夫さんは、玉川学園高校出身です。

 

中学校も玉川学園出身ということなので、中学で受験し高校はエスカレーター式だったようですね。

周りはおぼっちゃまが多く、あまり馴染めなかったそうです。

 

風間杜夫は早稲田大学中退

 

高校を卒業した風間杜夫さんは、早稲田大学第二文学部演劇科に入学します。

演劇サークル『自由劇場』に参加し、麻雀とアルバイトに明け暮れていましたが、のちに大学を中退し、俳優一本で活動するようになりました。

 

スポンサーリンク

風間杜夫の嫁や息子・家族について

 

続いては、風間杜夫さんの家族について紹介します。

 

嫁や息子について

 

風間杜夫さんは、25歳の時に、大竹まことさんの紹介で知り合った女性と結婚しました。

風間杜夫さんは東京、奥さんは静岡が生活の拠点だったため恋愛中は遠距離恋愛をしており、結婚してからも半年は通い婚だったそうです。

静岡でケースワーカーの仕事をしていた奥さんはその後東京の建築会社に就職し、まだ売れていなかった風間杜夫さんを支えていました。

子供は娘と息子の2人おり、息子は雑誌の編集者、娘はフラン図語の翻訳をしていることを明かしていますが、奥さんと子供二人は一般人のため写真や名前の公表はしていません。

娘さんはすでに結婚して子供がいるため、風間杜夫さんはおじいちゃんになっています。

 

父親や母親、姉弟について

 

風間杜夫さんのお父さんは新東宝の営業課長をしていました。

お母さんがお父さんの定年後に自宅を改装し、賄い付きの下宿屋と麻雀を経営していったそうです。

お父さんはとても厳しい人で、ちゃぶ台をひっくり返すこともあったそうですが、子供を大衆演劇に連れて行ってくれるなど優しい面もありました。

現在はともに他界されています。

また、風間杜夫さんにはお姉さんが一人います。

しかし一般人のため詳しい情報はありませんでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

風間杜夫さんは子役から活動していましたが、役者を続けていくために一度離れ俳優として再びデビューし現在も活躍されています。

下積み時代もありましたが、支えてくれた人がいたからこそ、風間杜夫さんは今も役者の道を歩むことができているのだと思いました。

今後も、そんな風間杜夫さんの活躍を期待したいですね。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

出演している『エール』についてはコチラ↓↓

NHK連続テレビ小説【エール】の登場人物・出演者プロフィール記事まとめ

 

出演している朝ドラ『エール』を全話見たい人はコチラから!

 

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム