ミカエルミシェル騎手は結婚している?旦那や突然の帰国理由や美しすぎる画像まとめ

アスリート

 



 

ミカエルミシェル騎手と言えば、日本の競馬界で活躍しているフランス人女性騎手ですが、何よりもそのルックスで、大人気の騎手なのです。

突如現れたミシェル騎手は突如母国に帰国してしまいました。

今回は、ミシェル騎手についてや、帰国理由についてもお伝えします!

 

スポンサーリンク

ミカエルミシェル騎手結婚している?

 

美しすぎる騎手として注目を集めているミカエルミシェル騎手ですが、そのミシェル騎手の左手の薬指に光るものが見えるのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

これを見てネットでは悲鳴のような声が聞こえてきました。

 

 

左手の薬指に指輪はしていますが、現在はまだ未婚なのです。

「まだ」と書いているように、まだ結婚していないだけで、お相手はいるということです。

 

スポンサーリンク

ミカエルミシェル騎手の旦那になる人(彼氏)はどんな人?

 

ミカエルミシェル騎手のお相手は誰なのか気になる人はたくさんいるでしょう。

それは、ミシェル騎手のインスラグラムに載っていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

少し年上な感じがしますよね。

そうです。

お相手は、22歳年上のフレデリックスパニュさんという方なのです。

日本でも撮っている画像で見られるように、競馬関係者の方です。

フランスで活躍していた元騎手で、2016年に引退した後に、レポーターや競走馬の仲介などエージェントのようなことをしながら、師匠として公私ともにミシェル騎手を支えているのです。

かなり年上ですが、ここまで支えているので、ミシェル騎手にとって良きパートナーなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

ミカエルミシェル騎手が突如帰国!その理由は?

 

ミカエルミシェル騎手が2020年4月に突如帰国してしまいました。

2019年にJRA初勝利を納めて、まだまだこれから活躍するだろうと思っている中で、帰国で残念がる人も多かったことでしょう。

ミシェル騎手がフランスへ帰国した理由はビザの期限切れです。

外国人が滞在するには、当たり前のルールですが、そのビザの期限切れで帰国することになったということで、予め帰国することは決まっていたということですね。

コロナ禍での帰国で、その影響と考えた人も多いでしょう。

帰国後は、フランスが外出禁止令が出ており、家で過ごしていたそうです。

 

ミカエルミシェル騎手の美しすぎる画像まとめ

 

ミカエルミシェル騎手と言えば、「美しすぎる騎手」ということで、画像を見たい人もたくさんいますよね。

ということで、ミカエルミシェル騎手の美しすぎる画像を集めました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

ジョッキー姿もかなりの美しさですよね。

本当に騎手だというのが信じられないという感じですよね。

 

ミカエルミシェル騎手の私服姿も美しい!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

きれいな顔立ちで、おしゃれをするとわざわざ言うまでもなく、美しいですよね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

カジュアルな服装になると、かわいさが突き抜けていますね!

もし、町で出くわしたら、かわいすぎてビビりそうです。

 

スポンサーリンク

ミカエルミシェル騎手のプロフィールや経歴

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mickaëlle(@mickaelle_michel_officiel)がシェアした投稿

 

生年月日 1995年7月15日
身長 158cm
体重 48kg

 

マルセイユの競馬学校へ通い、3年間の見習いを経て、2014年にプロのライセンスを取得しました。

ミシェル・プラナード(Michel Planard)厩舎からデビューし、9月6日にフランス東部のヴスール競馬場でサンタルナに騎乗し初勝利を挙げました。

その後、練習中の落馬負傷で約1年半戦列を離れてしまう不運に見舞われます。

思うように騎乗できない時期が続いたのですが、2017年3月地元コート・ダジュールで頭角を現し、年間17勝をマークしました。

2018年には当地のカーニュ・シュル・メール競馬場の冬開催で女性として初のリーディングを獲得し、最終的にフランスにおける女性騎手年間最多勝記録の72勝という記録を樹立し、フランスは、一気に姿から「トルネード」の異名をつけられています。

初来日したのは2019年8月で、札幌競馬場で行われたWASJに出場するためでした。

8月25日の札幌競馬第10競走(WASJ第3戦)でスワーヴアラミスに騎乗して1着となり、JRA初勝利を挙げています。

WASJでの活躍で、地方競馬での短期免許取得基準である「見習騎手卒業かつ通算250勝以上、または重賞やJRAで実績があること」を満たしたので、2020年1月27日より免許を取得しました。

川崎競馬場の山崎裕也厩舎所属として約3か月間騎乗することになったのです。

2020年1月29日の川崎競馬第5競走でベルロビンに騎乗し地方競馬初勝利を挙げています。

地方競馬通算30勝目を挙げ、南関競馬での短期免許取得外国人騎手の最多勝記録を更新もしています。

2020年秋に行われるJRAの通年騎手免許試験を受験する予定で、まだまだ日本でも活躍する姿を見ることができそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

美しすぎる騎手ということで、見た目や彼氏がいるかなどがどうしても気になってしまいますが、実力やこれまでの功績だけでもかなりの凄さがありますよね。

すでに日本でも記録を作っていますが、これからもどれだけ活躍してくれるのか楽しみです!

見た目だけでなく、実力もあるミシェル騎手がいつか重賞での優勝をする日も来るかもしれません!

これからのミカエルミシェル騎手の活躍にも注目です!

 

トップ画像引用元:Instagram