スポンサーリンク

趣里のバレエの実績がすごい!出身大学や親との関係などについても調査!

女優

 



 

『相棒シリーズ』で人気の水谷豊さんと元キャンディーズで現在は女優の伊藤蘭さんの一人娘である趣里さんは、伊藤蘭さんと同じく女優として活動しています。

バレエを学び将来はバレリーナを目指していたという趣里さんは何故、女優の道へと歩みだすことになったのでしょうか。

今回は、趣里さんの経歴や両親との関係について紹介します。

 

スポンサーリンク

趣里のプロフィールや経歴

 

 

名前:趣里
生年月日:1990年9月21日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:158cm
趣味:フィギュアスケート、映画鑑賞
特技:クラシックバレエ、英語、ギター
所属事務所:トップコート

 

怪我によりバレリーナの道を断念することになった趣里さんは、軽い気持ちで参加した塩屋俊さんが主宰している演技学校「アクターズクリニック」のレッスンで演技の面白さに目覚めました。

当時は、両親が有名俳優&女優ということから女優になることに対し「生半可な気持ちではできない」とプレッシャーを感じていましたが、塩屋俊さんからの「お前ならできる」と背中を押されたことで女優を目指すようになったのです。

「自分の力で一流の女優になりたい」、「親の七光りだと思われたくない」という思いから本名である「水谷趣里」ではなく「趣里」としてエイベックス・マネジメントに所属しました。

そして、2011年にオーディションに合格し『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優デビューを果たしています。

2014年6月からは劇団オーストラ・マコンドーに加入、その後は舞プロモーション、フリーを経て、現在所属しているトップコートには、2015年4月より所属しています。

2017年に放送されたドラマ『過ちスクランブル』でドラマ初主演を果たし、2018年に主演を務めた映画『生きてるだけで、愛。』では、第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞しました。

ドラマから映画、舞台まで様々な作品に出演し、注目を集めています。

 

バレエの実績がすごい!

 

趣里さんは、「一緒にバレエを習わない?」と、同じ幼稚園に通う友達から誘われ、4歳から「井上バレエ団」にてクラシックバレエを習い始め、6歳で初舞台に立ちました。

そして小学5年生の時に『くるみ割り人形』の主役・クララを演じた頃から本格的にバレリーナを目指すようになりました。

都内のインターナショナルスクールに3ヶ月間在籍していたのですが、オーディションに合格したことから本場・イギリスのバレエ学校へバレエ留学したのです。

しかし、一回のジャンプの失敗でアキレス腱断裂や足首の剥離骨折と度重なる怪我に遭ってしまい、「前みたいには踊れない」と医師から告げられ、治療をするために帰国しました。

この時の心境について趣里さんは、「すべてを失った気持ちになり絶望感でいっぱい」と明かしています。

 

その後大学に進学し、リハビリを続けながら練習に打ち込んでいたのですが、以前のように踊れるようになることはなく、バレリーナへの夢を断念することになってしまいました。

ずっと描いていた夢が叶えられなくなってしまった時に演技と出会い、女優という道を歩みだしたことから、趣里さんがバレリーナになっていたら「女優・趣里」は誕生しなかったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

趣里の学歴

 

趣里さんが通っていた学校について調べてみました。

 

趣里の出身高校

 

趣里さんは、都内のインターナショナルスクールを卒業したのち、イギリスにあるArts Educational Schoolsに留学しました。

 

 

午前中は授業、午後はバレエのレッスンと、プロのバレリーナになるために努力していました。

趣里さんは当時の生活について「ずっと憧れていたヨーロッパで、大好きなバレエにどっぷり浸かれることは幸せでした」と明かしています。

ところが怪我によりバレエができなくなってしまったことから日本に帰国、通っていたこちらの高校は中退しました。

 

趣里の出身大学

 

高校中退後、どん底にいた趣里さんは「大学に行けば新しい道が開けるかもしれない」という思いから、高卒認定試験を受け、見事大学に進学することができました。

大学については公表されていませんが「芸術学部のある大学に通った」とのことから、母親である伊藤蘭さんの母校・日本大学ではないかと言われています。

 

 

大学時代は「自分が知らなかったことを学べて楽しかった」と明かし、その中でも特に心理学に興味を持ったそうで「(大学を卒業した)今でも機会があれば心理学カウンセラーの資格を取りたいと思ってる」と話していました。

 

スポンサーリンク

趣里の両親(水谷豊&伊藤蘭)との関係

 

 

「親の七光り」を嫌っていた趣里さんは、デビュー時から両親については明かしていませんでした。

インタビューでは「親の名前を出さないこと」が条件になっていたこともあったそうです。

しかし、趣里さんと両親の関係は決して悪いわけではなく、バレリーナを目指していた時も、女優として活動するようになってからも趣里さんを支え、応援してくれています。

また、趣里さんもトーク番組などで両親と関係が良好であることを明かしていました。

芸能界では「親の七光り」を使う方も少なくないため、ネット上では「親の七光りを使わないなんて偉い」と称賛の声が聞かれています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

水谷豊さんと伊藤蘭さんという大物夫婦から誕生した趣里さんは、バレリーナの夢を断念し、両親と同じ道を歩むことになりました。

今は、親の七光りではなく「演技が凄い」ということで注目を集めています。

今後もそんな趣里さんの活躍に期待していきたいと思います。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

 

↓↓出演している『私の家政夫 ナギサさん』についてはコチラ↓↓

私の家政夫 ナギサさんの登場人物・出演者プロフィール関連記事まとめ!