記事内にPRが含まれています。

山本リンダはハーフ!実家や生い立ち・父親と母親兄弟など家族構成も

yamamotorinda_family 歌手
スポンサーリンク

「こまっちゃうナ」、「どうにもとまらない」、「狙いうち」などのヒット曲を持つ歌手の山本リンダさんの両親はどんな人なのでしょうか。

国籍や本名、兄弟はいるのか、気になりますね。

そこで今回は、山本リンダさんの実家や家族について調べてみました。

山本リンダはハーフ!国籍や本名は?

山本リンダさんは、お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人のハーフです。

ただ山本リンダさん自身は日本生まれで日本国籍、本名は「稲葉(旧姓:山本)あつ子」さんと言います。

芸名の「リンダ」は、お父さんに生前付けられた愛称だったそうですよ。

山本リンダさんが幼い頃はハーフが珍しい時代だったこともあり近所の子に「やーい、合いの子!」といじめられたこともあったそうですが、お母さんや仲のいい友達に守られていたため寂しくはなかったと語っていました。

山本リンダの実家

山本リンダさんは、福岡県小倉市(現・北九州市)で誕生しました。

当時はお母さんと叔父さん、高齢の大家さん夫婦との暮らしだったそうです。

その後4歳半の時に神奈川県横浜市に引っ越し、お母さんと二人暮らしを始めました。

詳しい場所は公開されていません。

山本リンダの生い立ち

1951年3月4日に誕生した山本リンダさんは、物心ついた頃から歌が大好きで、朝から晩まで歌っているような子供でした。

そのため将来の夢は歌手でしたが、ある時近所の人から「大きくなったらモデルさんになるといいわね」と言われたことをきっかけに、それまで知らなかったモデルに興味を持ち、本屋さんでファッション雑誌を見た時に「私もモデルになりたい」と思うようになったそうです。

そして小学6年生の時に雑誌『装苑』の少女モデルの募集記事を見て応募、12歳から1年間の契約でファッションモデルの仲間入りを果たしました。

契約終了後もモデルの仕事を続けていく中で歌のコンテストを受け、不合格だったもののプロダクションから「レッスンに通いなさい」とスカウトされました。

ただこの時はモデルの仕事が順調だったため、「このままモデルをやっていた方がいい」とレッスンに通う回数が徐々に減ってしまったそうです。

そんな時にプロダクションから「君は歌手になりたかったんじゃないのか?」と言われ、山本リンダさんは幼い頃に夢見た歌手の道を歩むことを決意しました。

山本リンダの父親

山本リンダさんのお父さんは、一般人です。

米兵だったお父さんは山本リンダさんが1歳になる前、朝鮮戦争で戦死しました。

そのため山本リンダさんはお父さんと過ごした記憶が残っていません。

山本リンダの母親

山本リンダさんのお母さんは、山本百合子さんと言います。

福岡県小倉市のダンスホールでダンサーとして働いていたお母さんは、横浜に引っ越してからも女手一つで山本リンダさんを育てました。

山本リンダさんがモデル活動を始める時も反対はしなかったものの、売れ始めると「モデルで売れたからって最近いい気になってるんじゃないか?すぐ(モデルを)辞めてくれ」と、山本リンダさんが天狗にならないように厳しくしてくれたそうです。

そんなお母さんは元々内臓が弱く、50歳の時に事故で亡くなりました。

山本リンダの兄弟や姉妹

山本リンダさんは、一人っ子です。

お母さんは再婚をしていないため、異父兄弟もいません。

まとめ

物心つく前にお父さんを亡くした山本リンダさんの幼少期の生活は、楽なことばかりではありませんでした。

それでも芸能界に入り、モデルや歌手として成功したことは空の上にいる両親にとって誇らしいことだと思います。

これからも芸能界で山本リンダさんらしく輝き続けてほしいですね。

歌手
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました