スポンサーリンク

篠原ゆき子の出身高校や大学・経歴は?演技や滑舌などの評判も調査

女優

2020年、『相棒 season19』にて新レギュラーに抜擢された篠原ゆき子さんは、女優としてこれまで多数の作品に出演してきました。

そんな篠原ゆき子さんはどんな人なのか、気になりますよね。

今回は、篠原ゆき子さんの経歴や出身学校、演技力について調べてみました。

 

 



篠原ゆき子の学歴

 

篠原ゆき子さんが通っていた学校について調べてみました。

 

篠原ゆき子の出身高校

 

篠原ゆき子さんは、桐蔭学園高等学校出身です。

 

 

小学校から桐蔭学園に通っていたということで、内部進学しています。

高校時代の情報については、ほとんどありませんでした。

 

篠原ゆき子の出身大学

 

高校を卒業した篠原ゆき子さんは、明治学院大学法学部法律学科に進学しました。

大学生活についても明かされていないため、法学部を選んだ理由などは不明です。

 

篠原ゆき子のプロフィールや経歴

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

篠原ゆき子 official Instagram(@yukiko_shinohara_official)がシェアした投稿

名前:篠原ゆき子
生年月日:1981年1月21日
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長:161cm
趣味:絵、小説を書くこと
特技:料理
所属事務所:テアトル・ド・ポッシュ

 

スカウトで芸能界に入った篠原ゆき子さんは、ファッション雑誌のモデルやタレントとして活動していました。

2005年に映画『中学生日記』で女優デビューすると、多数の作品に起用され、これまでに『映画 怪物くん』や『湯を沸かすほどの熱い愛』などに出演、ドラマや舞台などでも活躍しています。

2013年にはそれまで所属していた「スカイコーポレーション」から現在の事務所「テアトル・ド・ポッシュ」に移籍、「篠原ゆき子」へと改名しました。

 

共食いでの迫真の演技が話題

 

 

2013年に公開された映画『共喰い』では、主人公の父親の愛人・琴子役を演じました。

2014年には、この作品での演技が高く評価され、第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞しています。

 

『コウノドリ』『深夜食堂』などゲスト出演が多い

 

篠原ゆき子さんは、これまでドラマ作品で主演を務めたことはありません。

『モテキ』では第10話から12話、『まほろ駅前番外地』では第2話、『深夜食堂3』では第29話から30話、『コウノドリ 第2シーズン』では第5話に出演しました。

話題作に出演しているものの、ゲスト出演が多かったのは「オーディションでも声が小さく、女優っぽくない雰囲気もあって、これまで大きな役を得られなかった」ということが原因なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

篠原ゆき子の演技が下手?評判を調査

 

ゲスト出演が多い篠原ゆき子さんですが、関係者によると「いったん役を掴むと、現場で怖いくらいの集中力を発揮して豹変する」そうで、演技力は賞を受賞したこともあることから高く評価されているようです。

ネット上でも篠原ゆき子さんの演技については様々な声が聞かれています。

 

 

「演技力がある」という声が多い中、「下手すぎ」という意見もありました。

「演技力」には明確な正解がありません。

そのため篠原ゆき子さんの演技力にも様々な声が寄せられていますが、今後の活躍で「下手」と感じた人をも引き込ませる演技を見せてほしいですね。

 

篠原ゆき子の滑舌は悪い?

 

篠原ゆき子さんの演技に否定的な意見が寄せられている原因の一つに「滑舌」があります。

ネット上では「篠原ゆき子さんの滑舌が悪い」という声が寄せられていました。

 

 

ただこちらはレギュラー出演が決まった『相棒』を見た人からの指摘が多く、それまで出演していた作品ではほとんど言われていないことから、『相棒』で出演している役に合わせてあえて独特な話し方をしているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ、映画など多数の作品に出演していた篠原ゆき子さんですが、レギュラー出演する『相棒』の出演によって知名度が上がり、話題を集めました。

今後も篠原ゆき子さんの活躍に注目していきたいと思います。

 

トップ画像引用元:Twitter

 

↓↓篠原ゆき子さんの他のことについてはこちら↓↓

篠原ゆき子は結婚して家族がいる?熱愛彼氏の存在や改名についても

篠原ゆき子に似てる芸能人が何人かいたので画像で比較して検証してみた

 

 

女優
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム