鈴木啓太は解説だけでなく経営者としても活躍!嫁や経歴などを調査

サッカー

海外リーグなどで活躍するサッカー選手が増えている昨今ですが、選手を引退した後にどんなことをしているのでしょうか?

 

サッカーに限らず、プロスポーツ選手は引退後に、解説やコメンテーターになる人が多いです。

解説やコメンテーターをする以外にもバラエティ番組に出演するなどタレントとして活動している人もいます。

 

鈴木啓太さんも元サッカー日本代表の経験を活かして、サッカーの解説などをしています。

しかし、鈴木啓太さんはそれ以外に会社を経営して、アスリートのサポートをしているのです。

 

今回は、新しい朝の顔にもなる鈴木啓太さんについてお伝えします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈴木啓太のwikiプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木啓太 Keita Suzukiさん(@keita.suzuki.official)がシェアした投稿

国籍 日本
生年月日 1981年7月8日
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 177cm
体重 72kg

 

2000年に高校卒業後、浦和レッドダイヤモンズに入団し、2015年に引退するまで移籍することなくレッズ一筋でプレーをしたバンディエラです。

日本代表は、U-23とA代表で招集された経験があります。

 

バンディエラとは、デビューから同じチームで引退までプレーするプレイヤーのことを言います。
別の呼び方では、フランチャイズ・プレイヤーとも呼ばれます。

 

中学・高校時代でもサッカーで活躍!

 

サッカーでプロになる選手は皆そうですが、鈴木啓太さんも小学生の頃から輝かしい活躍をしていました。

小学生の頃は、清水FCに所属し、1993年の第17回全日本少年サッカー大会で準優勝をしています。

小学生の頃から全国で2位を経験しているのです!

 

中学は東海大一中(現在の東海大学付属静岡翔洋中学校)に通い、全国中学校サッカー大会優勝した時のメンバーの一人として活躍しました。

 

高校は東海大翔洋高校でこの時は全国大会へは行けていないのですが、東海大翔洋高校は多くのサッカー選手を輩出している高校です。

 

AuB株式会社の代表取締役としても活躍!

 

Jリーガーを引退した後はAuB株式会社の代表取締役になり、実業家としても活躍しています。

 

 

事業としては、腸内フローラを扱った研究や食品の開発などを行っています。

実際にアスリートのサポートも行っており、女子プロゴルフファーの井上莉花選手やコニカミノルタ陸上競技部の駅伝チームなどをサポートしています。

 

この会社を経営することで培った健康などの知識を活かして、サッカーやスポーツだけでなく、ワイドショーなどのコメンテーターとしても活躍しているのです。

 

スポンサーリンク

鈴木啓太の嫁は畑野ひろ子

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木啓太 Keita Suzukiさん(@keita.suzuki.official)がシェアした投稿

 

鈴木啓太さんは、2008年女優やモデルとして活躍している畑野ひろ子さんと結婚しています。

その結婚の発表と同時に、妊娠を発表しており、お子さんもいます。

 

生年月日 1975年11月23日
出身地 埼玉県北葛飾郡松伏町
血液型 O型
身長 168 cm
スリーサイズ 80 – 56 – 82 cm

 

17歳の時に『JJ』のモデルになり、モデルの仕事以外にもドラマやスポーツやバラエティ番組とテレビでも活躍していました。

最近はモデルとしてのお仕事が中心になっていますね。

 

鈴木啓太さんと結婚する前に俳優の柏原崇さんと離婚しています。

 

まとめ

 

サッカー選手のセカンドキャリアとしては、かなり変わっている方かもしれません。

特に鈴木啓太さんほどの日本のサッカー界でトップの活躍をしていた選手の場合、解説やタレント業などをするか、サッカーの指導者になる人が多い中で、鈴木啓太さんは少しちがいますよね。

スポーツに関連する仕事とは言ってもサッカーとは直接的ではなく、しかも実業家として経営をしていると言う人は、あまり他にいないと思います。

 

2019年10月からは、フジテレビの『とくダネ』に金曜日のキャスターを務め、朝の顔としても活躍する鈴木啓太さんですが、これからどんな活躍をしてくれるのか、楽しみですね!

 

トップ画像引用元:インスタグラム

コメント