スポンサーリンク

宮崎政久の経歴や派閥・学歴は?嫁(妻)や子供・家族など自民党衆議院議員を調査

政治関係
スポンサーリンク

重要な役職を担う政治家って見たことあっても意外と知らないという人は多いですよね。

宮崎政久議員は法務政務官を務めていますが、意外と知られていない議員さんの1人だと言えるかもしれません。

どんな経歴なのか気になるけど、イマイチわからないという人も多いでしょう。

法務政務官を務めているだけあり、弁護士としても活躍していた宮崎議員について調べました!

 

今回は、自民党衆議院議員で法務政務官を務めている宮崎政久議員についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

宮崎政久のプロフィール

 

 

生年月日 昭和40年8月8日
本籍地 沖縄県那覇市
出生地 長野県上田市

 

大学卒業後の1992年(平成4年)に司法試験に合格し、司法修習生になりました。

修習地として那覇地裁を選んだのを機に沖縄県に移住しています。

小堀啓介弁護士に師事し、2004年(平成16年)まで小堀啓介法律事務所(現・琉球法律事務所)で勤務し、この間に日本青年会議所のメンバーとなり、その後、2005年社団法人日本青年会議所沖縄地区協議会会長に就任しています。

2004年(平成16年)に那覇市内に宮崎法律事務所を開設し独立しました。

2011年(平成23年)には形態を弁護士法人に改め、事務所名も「弁護士法人那覇綜合」とし、企業法務を中心に取り扱う弁護士として活動する傍ら、沖縄県法律顧問・内閣府沖縄振興審議会専門委員・沖縄県行政改革懇話会専門委員長など行政関係の要職を歴任しました。

2012年(平成24年)2月29日、安次富修の後任として自民党沖縄2区支部長に就任します。12月の第46回総選挙では社会民主党公認の現職・照屋寛徳に約18,000票差の大差で敗れましたたが、この選挙では自民党が大勝を収め、比例復活することができたのです。

2014年(平成26年)12月14日の第47回衆議院議員総選挙では沖縄2区から立候補し、再び照屋に敗れたものの、比例復活で再選しました。

2017年(平成29年)10月22日の第48回衆議院議員総選挙では沖縄2区から立候補し、再び照屋に敗れ、比例復活もならず落選してしまいました。

2018年(平成30年)11月11日に比例九州ブロックで当選していた園田博之さんが死去したことに伴い繰り上げ当選が決定、翌22日に当選の旨が告示されました。

 

宮崎政久の所属派閥は?

 

宮崎政久議員の所属派閥は平成研究会(平成研)です。

旧称は経世会でこちらの方がイメージが強い人も多いかもしれません。

通称は竹下派です。

竹下と聞くと竹下登元総理をイメージする人も多いでしょう。

経世会が結成されたときの会長は竹下登さんですが、現在は竹下亘さんという方が会長を務めています。

ちなみに竹下亘さんは、竹下登さんの異母弟です。

余談ですが、竹下亘さんもDAIGOさんと親戚関係だと言えます。

 

宮崎政久の高校や大学の学歴は?

 

弁護士でもある宮崎政久議員がどんな学生生活を送ったのか気になりますよね。

ということで、宮崎政久議員の学歴を調べました。

 

宮崎議員の通った高校は埼玉県立春日部高校です。

 

 

偏差値72の公立の男子校です。

のちに弁護士を目指しているだけあったさすがという感じですよね。

宮崎議員は長野出身ですが、お父さんが転勤族だったため埼玉の高校に通っていたそうです。

 

そして宮崎議員は明治大学法学部法律学科を卒業しています。

大学卒業後に司法試験に合格し、司法修習生となり、弁護士となったあとは独立して事務所も開設し、議員になりました。

宮崎議員の今の活躍は、学生時代から積み上げたものだと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

宮崎政久の嫁や子供・家族は?

 

宮崎議員の家族についても調べました!

宮崎議員の家族は、奥さんと、大学生と高校生と中学生のお子さんが3人いるそうです。

お子さんに関しての情報はこれ以上ありませんでした。

奥さんの画像はFacebookにありました!

 

画像引用元:Facebook