スポンサーリンク

上白石萌音の身長体重・経歴は?高校や大学なども!上白石萌歌の姉を調査

女優
スポンサーリンク

女優さんの姉妹というのは少くありませんが、今回は女優の上白石姉妹の姉の上白石萌音さんについて調べました!

あまり姉妹一緒の出演などはありませんが、それぞれが女優さんとして活躍していことは言うまでもないでしょう。

そんな上白石萌音さんはどんな人なのか身長や体重だけでなく、通った学校などについても調査しました。

今回は、上白石萌音さんについてお伝えします!

スポンサーリンク

上白石萌音のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

 

生年月日:1998年1月27日
出身地:鹿児島県
身長:152cm
妹:上白石萌歌
ニックネーム:もねねん
趣味:読書/音楽を聴くこと/歌うこと・踊ること
資格:英語検定2級/スペイン語検定6級
所属事務所:東宝芸能

 

お父さんは社会科の教師で、お母さんは元音楽教師でピアノの先生でした。

名前の「萌音」は「音楽が好きになってほしい」との願いをこめて名付けられ、母のお腹の中にいる頃から音楽に囲まれた環境で育ったのです。

お父さんがメキシコの日本人学校で日本語を教えていたことから、小学校3年生(2006年)から5年生(2008年)までの3年間メキシコで生活をしてました。

メキシコは街中に歌や踊りがあふれていて、音楽やエンタテインメントの魅力を感じ、また人との繋がりを大切にする国で人と話すことや人との関係を築くことが好きになるなど自己の形成に大きな影響を与えたそうです。

もねねん」というニックネームは映画『ちはやふる』で共演した広瀬すずさんに呼ばれ、後に一部のファンや新海誠も「もねねん」または「萌音ねん」という呼び方を使うようになったのです。

 

上白石萌音の身長は妹より10cm小さい!体重は?

 

上白石萌音さんの身長は、152cmと書いてありますが、体重に関しては公表されていません。

152cmと小柄で痩せているので、体重は40kg前後だと思われます。

上白石萌音さんの妹と言えば、女優の上白石萌歌さんですが、萌歌さんは162cmと萌音さんよりも10cmも身長が高いのです。

姉妹で顔は似ていて見分けがつかないと言う人もいますが、萌音さんは小さくかわいらしいイメージで、妹の萌歌さんはスラッとして少しモデルさんのような雰囲気もあり、それぞれの個性が出ているような気がします。

 

スポンサーリンク

上白石萌音の通った学校

 

10代の時から女優として活躍している上白石萌音さんですが、そんな萌音さんが通っている学校について調べました!

鹿児島出身ということでも有名ですが、どんな学校に通っていたのでしょうか。

 

上白石萌音の通った小学校

 

上白石萌音さんが通った小学校は、鹿児島市立皇徳寺小学校です。

地元の公立の共学校です。

卒業生には、妹の上白石萌歌さんはもちろんのこと、AKB48の柏木由紀さんもいます。

子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで母の勧めで小学校1年生の頃から鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通い始めました。

「マリアミュージカルアカデミー」には同い年のI*ZONEやHKT48/AKB48で活躍している宮脇咲良さんも通っていて仲良しだったのですが、後にFNS歌謡祭の共演で再会しています。

 

上白石萌音が通った中学校

 

上白石萌音さんが通った中学校は、鹿児島市立皇徳寺中学校です。

 

 

地元の公立の共学校です。

こちらも卒業生にはAKB48柏木由紀さんがいますが、加藤ローサさんも卒業しています。

妹の萌音さんは、途中で東京に転校しており、卒業はしていません。

 

中学1年の時にミュージカルスクールの先生に勧められ受験した2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞し、妹の萌歌さんも一緒にオーディションを受けてグランプリを受賞しました。

このオーディションをキッカケに、東宝芸能に所属しています。

2011年9月にHOME MADE 家族「スターとライン」のPVに妹の萌歌さんとともに出演し、映像作品に初出演しました。

2019年11月放送のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』最終回でドラマデビューしました。

翌2012年にはミュージカル『王様と私』で初舞台、同年公開の長編アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』では初めて声優も務めています。

 

スポンサーリンク

上白石萌音の通った高校

 

上白石萌歌さんが通った高校は実践学園高等学校です。

 

私立の共学校で、バスケットボールが強いことでも有名です。

萌音さんは既に芸能の仕事が忙しかったので、部活には参加していません。

中学時代は週末に鹿児島から東京まで通いつつ仕事をこなしていましたが、高校から東京に引っ越して姉妹で同居しています。

高校1年になる年の2014年公開の映画『舞妓はレディ』で800名を超えるオーディション参加者の中から選ばれて主人公の舞妓見習い・春子役を演じ、映画初主演し、役名の“小春”名義で主題歌「舞妓はレディ」をシングルリリースしました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

 

舞妓はレディ』では2014年に第26回山路ふみ子新人女優賞第19回日本インターネット映画大賞 日本映画部門 ニューフェイスブレイク賞ベストインパクト賞全国映連賞 女優賞を受賞し、2015年に第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞して、計5つの賞を受賞しています。

2014年12月には『みえない雲』で舞台初主演、翌2015年8月にはミュージカル『赤毛のアン』で主役のアン・シャーリー役を演じています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

 

2016年8月公開の劇場アニメ『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声を演じ、2017年1月にはTBS系のテレビドラマ『ホクサイと飯さえあれば』で連続ドラマ初主演をしています。

 

歌手としての活動も始めており、2015年から『The Favorite Songs』と題したワンカット長回し、アカペラによるMVを自身の公式YouTubeチャンネルで公開して、同年秋より東京都内のライブハウスにてライブ活動を開始しました。

 

 

2016年10月に自身が出演した『君の名は。』の主題歌「なんでもないや(movie ver.)」など名作映画の主題歌・挿入歌を集めたカバーミニアルバムchouchou』(10月5日発売)をリリースして、歌手デビューを果たしたのです。


chouchou [ 上白石萌音 ]

 

上白石萌音が通っている大学

 

上白石萌音さんが通っている大学は、明治大学国際日本学部です。

 

萌音さんが通っている国際日本学部は中野キャンパスにあります。

偏差値は60で入学するのはやや難しい学校です。

英語教育に力を入れている学部を選び、英語漬けの日々を送っているそうです。

 

2016年末頃よりナレーションの仕事が増え、2017年4月よりナレーターとして初レギュラー番組となるテレビ東京のミニ番組『風景の足跡』が始まりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

 

2018年公開の『羊と鋼の森』で、妹の上白石萌歌さんと映画初共演をしました。

2020年放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』でゴールデン・プライム帯初主演を果たしたのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大河ドラマでテレビドラマデビューをし、映画初主演でアカデミー賞を受賞しているというだけでもすごいのですが、そこに加えて歌手やナレーターとしても活躍してるのはすごいとしか言えません。

さらに妹の萌歌さんもお姉さんに負けないくらいの活躍をしており、将来は大女優姉妹になりそうですよね。

まだまださらに売れていきそうな雰囲気はしますが、どんな女優さんになるのか楽しみでしかたありません!

これからの上白石萌音さんの活躍も応援しています!

 

トップ画像引用元:インスタグラム

 

妹の上白石萌歌さんについてはこちら!↓↓

上白石萌歌の身長やプロフィール・高校や大学は?上白石萌音の妹を調査