記事内にPRが含まれています。

藤あや子の出身高校や大学は?身長や年齢・年収や天然な性格について

fujiayako_career 歌手

演歌歌手として日本有線大賞を2度受賞するなど活躍している藤あや子さんは、これまでどんな生活を送ってきたのでしょうか。

学生時代に通っていた学校はどこなのでしょうか。

今回は、藤あや子さんの経歴や出身学や高校大学、性格などについて調べてみました。

スポンサーリンク

藤あや子の学歴

藤あや子さんが通っていた学校について調べてみました。

藤あや子の出身小学校

出身小学校は公表されていません。

秋田県出身の藤あや子さんは、毎年秋に行われる大きなお祭りで豪華に飾られた山車の上で踊る踊り子さんに憧れ、4年生の時から民謡を習い始めました。

当時は山口百恵さんや桜田淳子さんの活躍を見てアイドル歌手に憧れていたそうです。

そのためテレビ番組のオーディションを受けてみたこともあるものの、こぶしを回して歌えるような本格的な歌手志望の人たちにはとてもかなわず、二次審査で落ちてしまいました。

藤あや子の出身中学

小学校卒業後は、仙北市立角館中学校に進学しました。

中学時代は初めて彼氏が出来るなど、普通の中学生として学生生活を楽しんでいたようです。

藤あや子の出身高校

中学校卒業後は、秋田県立角館南高等学校に進学しました。

こちらの学校は2014年度に秋田県立角館高等学校と統合し、閉校しています。

部活動が盛んで、バレーボール部は全国高等学校バレーボール選抜優勝大会に8回出場しました。

藤あや子さんは高校時代、ロックバンドに入りたかったものの、楽器が出来なかったため断念しています。

藤あや子の出身大学

高校卒業後は就職し、大学には進学していません。

19歳の時には、秋田県が主催したミスコンテスト 『ミス花嫁コンテスト』に出場し優勝しました。

藤あや子のプロフィールや経歴

名前:藤あや子
生年月日:1961年5月10日
出身地:秋田県
血液型:B型
身長:非公表
所属事務所:バーニングプロダクション

20歳のときに結婚・出産をしたことからアイドルになる夢は諦めていた藤あや子さんでしたが、「踊りだけは続けたい」という思いから、21歳のときに民謡の一座で踊り子のアルバイトを始めました。

24歳の時に縁あってNHKの『勝ち抜き歌謡天国』と日本テレビ系列の『日本民謡大賞』という2つの番組に出場、『勝ち抜き歌謡天国』で優勝し、『日本民謡大賞』で特別賞を受賞したことをきっかけに東京のプロダクションやレコード会社からスカウトの電話が殺到したのです。

そして1987年6月21日、村勢真奈美の芸名で、「ふたり川」でテビューしました。

しかしこの時は大きな話題にならず、ヒット曲も生まれませんでした。

1989年9月21日、藤あや子に芸名を変え、「おんな」で再デビューすると、1992年に「こころ酒」が大ヒットし『第25回日本有線大賞』を受賞、さらに1994年には「花のワルツ」で2度目の『日本有線大賞』を受賞し、人気演歌歌手の仲間入りを果たしました。

また1992年には『第43回NHK紅白歌合戦』に初出場し、2006年まで15年連続15回出場、2007年の落選を挟み2008年に返り咲き、2年挟んで2011年から5年連続出演しています。

藤あや子さんは女性演歌歌手としては珍しく、「小野彩(このさい)」というPNで自ら作詞・作曲も行っています。

藤あや子の年収

藤あや子さんの年収は、公表されていません。

ネット上では、「1億円以上あるのではないか」と言われています。

演歌歌手の場合は1曲ヒットするだけでもかなり稼げるそうです。

藤あや子さんは自身が歌手として歌っているだけではなく、作詞や作曲の楽曲提供も行っていることから億を超える年収があるようですね。

藤あや子の性格は天然

藤あや子さんは、とても天然な方です。

これまでに明かされた天然エピソードを調べてみました。

藤あや子の天然エピソード①露天風呂と間違えて鯉の池に

藤あや子さんは、露天風呂と間違えて鯉の池に入ったことがあるそうです。

坂本冬美さんとの旅行である旅館に行き、昼間一人で水車が回っている露天風呂に入ると冷たかったのです。

藤あや子さんは浸かっているうちに温まる冷泉だと思い、しゃがもうとしたら赤い物体が目の前を横切り、パッと見たらそれが鯉で、自身が鯉の池に入ってしまったことに気付いたのでした。

藤あや子の天然エピソード②飛行機のベルトと自分のベルトを外す

飛行機と自身のベルトを一緒に外してしまったこともありました。

ある時飛行機に乗っていて、藤あや子さんが席から立ち上がろうとすると坂本冬美さんから「ジーンズが下がっているよ!」と指摘されたそうです。

よく見ると藤あや子さんが外したのはシートベルトだけではなく、自分のベルトも外してしまっていました。

藤あや子の天然エピソード③違う人について行く

藤あや子さんは、マネージャーさんの後をついていたものの、いつの間にか違う人の後をついていってしまうことがあるそうです。

ある時には、新幹線に乗るために駅でマネジャーさんの後をついて行ってるつもりが途中から違う人について行ってしまい、反対方向からマネジャーが「こっちこっち!」と声をかけていたとのことでした。

他にも「違う人の車に乗ってしまったこともある」と明かしていました。

まとめ

プライベートではおっちょこちょいな藤あや子さんですが、番組をきっかけに演歌界に入り、今では日本を代表するトップ演歌歌手の一人になりました。

これからも藤あや子さんの活躍に注目していきたいですね。

歌手
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました