記事内にPRが含まれています。

金谷かほりの出身高校や大学は?身長や年齢・経歴や年収についても

kanayakahori_career 裏方

演出家として有名アーティストのライブやテーマパークの演出を担当している金谷かほりさんは、どんな人なのでしょうか。

何がきっかけで演出家になったのでしょうか。

今回は、金谷かほりさんの経歴や出身中学、高校大学、年収などについて調べてみました。

スポンサーリンク

金谷かほりの学歴

金谷かほりさんが通っていた学校について調べてみました。

金谷かほりの出身小学校

出身小学校は公表されていません。

群馬県出身ということで群馬県内の学校に通っていたと思われます。

体操のナディア・コマネチさんに憧れていた金谷かほりさんでしたが、地元には体操クラブもなく指導者もいなかったため、見よう見まねで前方宙返りをしながら、校庭の砂場に飛び込んでいく日々を送っていたのだそうです。

金谷かほりの出身中学

出身中学校も公表されていません。

中学では器械体操部に入り、部活に打ち込んでいました。

金谷かほりの出身高校

中学校卒業後は、群馬県立太田女子高等学校に進学しました。

こちらの学校の偏差値は、65です。

高校に入ってから怪我をしてしまったため体操の道を断念、そして始めたのがダンスでした。

金谷かほりの出身大学

高校卒業後は、大学に進学していません。

バレエとコンテンポラリーダンスをするために群馬から上京し、内弟子として先生の家で住み込みでダンスを習い始めました。

金谷かほりのプロフィールや経歴

名前:金谷かほり
生年月日:1961年2月
出身地:群馬県
血液型:AB型
身長:非公表
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

高校卒業後はダンスを習っていた金谷かほりさんでしたが、怪我でダンスを続けることが難しくなり、一度地元に戻りました。

そして静養期間を経て都内にある祖母の家に引っ越し、アルバイトをしながらダンスを続けてたところ、友人が東京ディズニーランドのキャスト募集の新聞広告を見せてくれたそうです。

それがきっかけで金谷かほりさんは東京ディズニーランドのオープニングキャストになり、ダンサーとしてショーの世界へ飛び込みました。

厳しいレッスンも経験し、1日に5回のショー出演をこなしていた金谷かほりさんでしたが、2年後の1985年にショーの演出サイドへ転向海外から来ていた部長に「演出をやってみないか?」と声をかけられ、演出の仕事に転向しました。

そしてショーの演出を担当するようになり、独立後は大手テーマパークのショー演出やアーティストのライブ、舞台公演等幅広い分野で活躍しています。

クリスマスショー「天使のくれた奇跡Ⅱ~The Song of an Angel~」は、世界的なエンターテインメント賞である「アウトスタンディング・アチーブメント賞」を受賞しました。

さらに現在は、渡辺大阪大阪芸術学院スクールプロデューサーや大阪芸術大学舞台芸術学科教授も務めています。

B’zのライブやUSJの演出も担当!

金谷かほりさんは、ユニバーサルスタジオジャパンやハウステンボスなどのテーマパークのショーやパレードの演出を担当しています。

他にも2006年と2008年には「B’z」のライブ演出を担当しました。

「Little Glee Monster」や倉木麻衣さんらのライブ演出も手掛けたことがあるそうですよ。

金谷かほりさんはインタビューの中で自身の演出について「取り残される人がいない、みんなが『観てよかった』と思えるショーにする。具体的には、『この物語は自分のためのものだ』と感じてもらえるようなショーづくりを心がけています」と明かしていました。

ナインティナイン岡村隆史との関係

金谷かほりさんと、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんは、“吉本印天然素材”の振り付けを担当していたことから親交があります。

吉本印天然素材は、1991年9月に吉本興業所属の若手芸人たちで結成されたダンスとお笑いをミックスしたユニットで、「ナインティナイン」の他にも「雨上がり決死隊」や「FUJIWARA」らが参加していました。

岡村隆史さんは金谷かほりさんから「岡村くん、踊れるならセンターでやったら?」とセンターを任せてもらったことがあるそうで、「先生の家に遊びに行ったりもしていた。あの時。それぐらい、かわいがってもらってた」と明かしています。

また金谷かほりさんからのオファーを受け、岡村隆史さんがUSJのイベントにゲストDJとして出演したこともありました。

金谷かほりの年収

金谷かほりさんの年収は公表されていません。

トップクラスの演出家になると年収が数千万円ほどになるということで、金谷かほりさんの年収も数千万円以上はあるのではないかと思われます。

まとめ

ダンサーから演出家に転身した金谷かほりさんは、今や日本だけではなく海外でも注目を集める演出家になりました。

これからも多くの人を楽しませる演出を作っていってほしいと思います。

裏方
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました