スポンサーリンク

石川康晴(ストライプインターナショナル社長)の経歴・学歴・年収や妻について

文化人
スポンサーリンク

「アースミュージック&エコロジー」でおなじみの株式会社ストライプインターナショナルの代表取締役社長を務める石川康晴さん。

主力ブランドである「アースミュージック&エコロジー」は、「マイナビ」の2019年の大学生人気ファッションブランドランキング4位になるほどのブランドの生みの親とも言えるしょう。

今回は、そんな石川康晴社長についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

石川康晴(ストライプインターナショナル)のプロフィール・経歴

 

生年月日 1970年12月15日
出身地 岡山県岡山市
最終学歴 京都大学大学経営管理大学院修了

 

1994年 23歳で故郷の岡山県にクロスカンパニーを創業、レディスセレクトショップ「CROSS FEMME」オープン

弱冠23歳で起業をしているというのは、かなりすごいですよね!

このお店が今のストライプインターナショナルの原点と言えるでしょう。

1995年 有限会社クロスカンパニー設立

1999年 主力ブランド「earth music&ecology」事業開始

2002年 株式会社クロスカンパニーへ組織変更

2016年 3月株式会社ストライプインターナショナルに社名変更

株式会社ストライプインターナショナル以外の会社や財団の代表を務めており、以下の通りになります。

  • 米国トム・ブラウンのオーナー
  • 株式会社キャンの代表取締役会長
  • 株式会社石川コーポレーションの代表取締役社長
  • 公益法人石川文化振興財団理事長
  • バスケット株式会社の代表取締役会長
  • 株式会社キュレーションジャパンの代表取締役会長
  • 株式会社アルファベットパステルの代表取締役会長
  • 株式会社スマービーの代表取締役会長

 

現在、7つの会社、1財団の代表を務めています。

これ以外にも多くの賞などを獲得しています。

 

 

 

石川康晴の学歴

 

おばあさんが、日舞の師範を務めており、その影響で服に興味を持つようになったと言っていました。

中学時代から、お小遣いやお年玉をほぼ洋服に使っていて、 中学2年の時に、行きつけの服屋の店員に「そんなに洋服が好きなら洋服屋になればいい」と言われ、その言葉がきっかけとなり、将来アパレル一本でやっていくことを決めたのです。

中学生の頃からアパレルを目指すということを、決めてそこから企業なども意識していたのでしょうね。

中学は岡山市立福田中学校を卒業し、高校は岡山県立岡山南高等学校を卒業しました。

高校卒業後は専門学校を卒業していますが、学校名はわかりませんでした。

2008年には、岡山大学経済学部経済学科(夜間主コース)に社会人入試を経て入学しています。

2018年に、京都大学経営管理大学院を修了しています。

若くして成功を収め続けているような経歴でありながら、更に経営などを学ぶ姿勢というのが、今の成功につながっていると言えるのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

石川康晴(ストライプインターナショナル)の年収

 

石川康晴社長の年収はいくらくらいなのか気になりますよね。

創業者ということもあるので、さぞかしもらっているのではないかと思ってしまいますよね。

石川康晴社長の年収は1億円くらいなのではないかと言われています。

思ったより少ないと思う方もいるかも知れませんが、大きな会社の長であったとしても、その分社員も多いでしょうし、持ち株数や役員報酬などは、会社によって変わるものなのです。

7社の代表などもされていますが、1社あたり1000~5000万円程度だと考えると妥当な金額だと言えます。

 

スポンサーリンク

石川康晴(ストライプインターナショナル)の妻は?

 

石川康晴社長は2020年で50歳になります。

そんな石川社長はどんな人と結婚しているのか気になりますよね。

しかし、結婚しているという情報は見つかりませんでした。

アパレルの社長さんだとモテそうなイメージですが、多くの法人の代表もやっていますし、大学院に通っていたりもしていました。

そういった時間を優先させていたので、奥さんを見つけるような時間がなかったのかも知れませんね。

 

石川康晴がストライプインターナショナル社長を辞任

 

 

話題になっていたセクハラ疑惑報道を受けて、石川康晴さんは社長を辞任しました。

事実はどうかはわかりませんが、こういった報道があるとブランドイメージを損なうということで、辞任は致し方のないことでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「earth music&ecology」という有名なブランドを立ち上げたというだけで、すごいことですが、更に多くの会社の代表を務めているというのは、考えられないですよね。

経営をしていると言うだけでもすごいことですが、さらに、大人になってから、大学院でさらに学んでいることを知ってしまうと、常に努力して学ばなければいかないのだなと思わされてしまいます。

ブランドや他の分野でも何か大きなことをしてくれそうなので、今後にも期待ですね!

 

トップ画像引用元:Facebook

文化人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム