スポンサーリンク

原英莉花のプロフィールや経歴・高校は?家族やスポンサーについても調査

ゴルフ
スポンサーリンク

女子プロゴルファーとして活躍する原英莉花さん。

2019年には国内ランキング14位となり勢いに乗っている一方で、スタイルが良く美人だという話題にもなっています。

そんな原英莉花さんのプロフィールや経歴、高校、家族、スポンサーについて調べたので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

原英莉花のプロフィールや経歴

 

名前:原英莉花
生年月日:1999年2月15日(21歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
身長:173cm
趣味:音楽鑑賞 カラオケ
所属:日本通運

 

原英莉花さんがゴルフを始めたのは10歳のころ。

兄と弟はテニスが上手で、原英莉花さんは球技がまったくだめだったそうです。そこで「わたしは止まっているボールを打とう」と考え、母にゴルフ場に連れていってもらったことがきっかけでゴルフを始めました。

ゴルフに夢中になった理由は、「やってもやっても成功しないから」。うまくいかないと心が折れてしまうものですが、うまくいくまでやるという信念が原英莉花さんを成長させたのかもしれませんね。

高校在学中の2015年に尊敬するジャンボ尾崎さんに弟子入りをして、それ以降はジャンボ軍団の一員として腕をみがいてきました。そのため、スイングは師匠ゆずりでかなりダイナミックです。

 

賞金を初めて獲得した際は、ジャンボ尾崎さんの家に時計を送りました。

ちなみに原英莉花さんのキャディーは、ジャンボ尾崎さんの息子の尾崎智春さんがつとめています。

2018年7月27日にプロテストに合格しましたが、実は2回目の挑戦でした。2017年にもプロテストを受けて不合格となっていました。

 

プロ転向後は、

・ランク・エンジニア/RKBレディース 優勝
・日医工女子オープン 優勝
・LPGA新人戦 加賀電子カップ 優勝
・リゾートトラストレディス 優勝

といったタイトルを重ねて、順調なキャリアを歩んでいます。

渋野日向子さんや吉本ひかるさんなどと並び「黄金世代」と呼ばれ、これからの活躍がさらに期待できる選手です。

 

スポンサーリンク

原英莉花の高校

 

出身高校は、神奈川県横須賀市にある「湘南学院高等学校」です。

 

 

男女共学の私立高校で、敷地は横浜スタジアムの約2.5倍の広さを持ちます。偏差値は44~58くらいだそうです。

校訓は「進まざるものは退く」で、「自らの手で自らの将来を切り拓け」という意味を持ちます。高校在学中に、ジャンボ尾崎さんに弟子入りをした行動力は、まさに将来を切り拓くためでしょう。

しかも、横須賀からジャンボ尾崎さんの練習場がある千葉県まで、電車で2時間ほどかけて毎回通っていたとのこと。

ちなみに湘南学院高等学校出身の有名人は、女子サッカー元日本代表の近賀ゆかり選手がいます。プロゴルファーと元日本代表選手を輩出した学校なので、スポーツに力を入れているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

原英莉花の家族

 

プロスポーツ選手の家族って気になりますよね。

調べてみたところ家族構成は、父・母・兄・本人・弟の5人家族になります。家族には「えりか」と呼ばれているそうです。

ゴルフにはお金がかかるため、両親が高収入や実家がお金持ちなのではといううわさがありましたが、名前や職業の情報はありませんでした。

母の味といえば?という質問に対して「・・中華かな」と答えているため料理上手なお母さんなのかもしれません。

兄弟についても詳しい情報はありませんでしたが、兄が原英莉花さんの10歳上で、弟が4歳下ということはわかりました。

男兄弟に挟まれて育った原英莉花さんは、「喜怒哀楽がすぐに顔に出る」と言っているのでハッキリとした性格なのでしょう。意外に男っぽい性格なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

原英莉花のスポンサー

 

スポンサー契約している企業は以下の通りです。

所属:日本通運
クラブ・シューズ:ミズノ
ボール:ブリヂストン
ウェア:TSIグルーヴ&スポーツ社
スポンサー契約:マダムシンコ
アンバサダー契約:JA全農

日本通運

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原英莉花(@warriorsmilerika_9)がシェアした投稿

 

2018年に日本通運とスポンサー契約を結び、2019年には所属契約となりました。

物流を通じてグローバルに貢献する日本通運と、世界をめざし挑戦している原英莉花さんの想いが一致し契約となりました。

 

ミズノ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原英莉花(@warriorsmilerika_9)がシェアした投稿

 

ゴルフでもっとも大事なクラブと、下半身を支えるシューズを契約しているあたりに原英莉花さんとの信頼関係が見えますね。

2018年と2019年に、ミズノ契約選手のなかで最も活躍した選手に贈られる「ミズノプロスタッフオブザイヤー」を連続で受賞しています。

 

ブリヂストン

 

ボールはブリヂストンの「TOUR B X」を使用しています。

 

TSIグルーヴ&スポーツ社

 

ウェア契約はTSIグルーヴ&スポーツ社です。ピンとこない方もいるかもしれませんが、ウェアを製造・販売する企業です。

ブランドは

・パーリーゲイツ
・マスターバニー
・ジャックバニー

を展開しています。特にパーリーゲイツは女子プロゴルファーの憧れだそうです。

原英莉花さんも「パーリーゲイツはおしゃれで、着ているだけで気分があがる」とコメントしていますので、契約できた喜びは大きかったでしょうね。

 

マダムシンコ

 

スポーツ関係の企業のほかにも、スポンサー契約を結んでいます。

洋菓子の「マダムブリュレ」で有名なマダムシンコ。社長の川村信子さんはたまにテレビに出演しています。

 

 

JA全農

 

JA全農とはアンバサダー契約を結んでいます。

原英莉花さんは、ジュニア向けのゴルフ教室を行っており、子どもたちの夢を応援するJA全農の理念を一致したため、契約になりました。食の大切さや国産食材の魅力を伝える食育活動をしていくそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いま注目のプロゴルファー原英莉花さんのプロフィールや経歴、学校、家族、スポンサーについて調べました。

21歳の若さで国内ランキング14位ということで、これからもどんどん活躍してくれるでしょう!

また、スタイルが良く美人なので、メディアもさらに注目してくるのではないでしょうか!

ゴルフ 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム