記事内にPRが含まれています。

新納慎也は元うたのおにいさん!身長や年齢・事務所や出身高校も調査

niiroshinya_career 俳優
スポンサーリンク

俳優の新納慎也さんは、大河ドラマ『真田丸』や『鎌倉殿の13人』などに出演し話題を集めました。

そんな新納慎也さんは、元うたのおにいさんだったと噂されています。

今回は、新納慎也さんの経歴や出身中学、高校や大学などについて調べてみました。

新納慎也はうたのおにいさんだった!

新納慎也さんは、1997年から2年間 『にこにこぷんがやってきた!』の「うたのおにいさん」を担当していました。

『にこにこぷんがやってきた!』は、地上波の『おかあさんといっしょ』にて1992年10月まで放送されていた人形劇『にこにこ、ぷん』のキャラクターが登場する番組で、1995年4月3日から1999年3月17日までNHKBS2で放送されていました。

新納慎也さんと共に「うたのおねえさん」を務めていた瀧本瞳さんが卒業した際には、新納慎也さんもコンサートに駆け付け、卒業のお祝いをしたことを自身のブログで綴っています。

新納慎也のプロフィールや経歴

名前:新納慎也
生年月日:1975年4月21日
出身地:兵庫県
血液型:A型
身長:180cm
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

元々芸能界には興味がなかったという新納慎也さんは、16歳の時にスカウトを受けモデルの活動を開始、「バイト感覚でいいから」と言われていたものの、実際に始めるとマネージャーが学校の校門前まで迎えに来るほど多忙な日々になったそうです。

数年後にコレクションのメインモデルに選ばれた新納慎也さんははりきって「この衣裳で、このメイクで、この照明で、この音楽なら、この表情でこのポーズでしょ!」と、リハーサルの時にやると、演出家の方に「服にシワが寄るから真っ直ぐ立って」と言われたのです。

この瞬間新納慎也さんは「あ、自分が求めているものは違う」と感じ、モデルを辞めて俳優に転身しました。

俳優転身直後は舞台が中心で、1999年から出演している『ラ・カージュ・オ・フォール 』はその後20年以上同じ役で出演、 2000年のミュージカル『エリザベート』には初代トートダンサー(黒天使)として、2002年のROCKミュージカル『GODSPELL』では主役のジーザス役を演じました。

2009年には『TALK LIKE SINGING』でオフ・ブロードウェイデビューを果たし、2015年11月26日にはアーティストとしてメジャーデビューしています。

2016年のNHK大河ドラマでは『真田丸』豊臣秀次役で出演、秀次の登場が最後となる回の放送後「秀次ロス」現象が起こりました。

さらに2022年の『鎌倉殿の13人』では阿野全成役で出演し、全成の登場が最後となる回の放送後、新納慎也さんがトレンドを席巻、「全成ロス」現象が起こり2度目の「ロス現象」を生み出し話題になりました。

新納慎也の所属事務所

新納慎也さんは、現在「ワタナベエンターテインメント」に所属しています。

2019年12月1日にこちらの事務所に移籍、過去には「オスカープロモーション」に在籍していました。

新納慎也の年収

新納慎也さんの年収は公表されていません。

モデルから芸能活動を始め、現在は俳優として舞台、ドラマ、映画とジャンル問わず活動しています。

そのため年収は1000万円ほどになるのではないかと思われます。

新納慎也の学歴

新納慎也さんが通っていた学校について調べてみました。

新納慎也の出身小学校

出身小学校は公表されていません。

兵庫県出身ということで県内の小学校に通っていたと思われます。

小学生の頃の新納慎也さんは、バスケットの少年チームに所属していました。

この頃のバスケットの顧問の先生や担任の先生は、新納慎也さんの舞台に今でも足を運んでくれるそうですよ。

新納慎也の出身中学

小学校卒業後は、神戸市立小部中学校に進学しました。

新納慎也さんが住んでいた地域では「公立の中学男子は全員丸刈り」という決まりがあったため、新納慎也さんも中学時代は丸刈りでした。

芸能界は目指していなかったものの、中学の卒業アルバムには「僕は自分の力が目に見えて評価される仕事に就きたい」と書いていたそうです。

新納慎也の出身高校

中学校卒業後は、兵庫県立鈴蘭台高等学校(現・兵庫県立神戸鈴蘭台高等学校)に進学しました。

偏差値は、55です。

17歳の頃が新納慎也さんにとって人生で一番忙しかったようで、「ハンドボール部に入り、バンドをやり、路上でダンスを踊り、友達と遊び、恋もして。『今が俺の青春。やりたいことは全部やろう』と青春を謳歌していた」と当時について明かしています。

新納慎也の出身大学

高校卒業後は、大阪芸術大学に進学しました。

新納慎也さんは舞台芸術学科演劇コースに在籍、偏差値は48です。

大学では年に1回シアター・ドラマシティ(梅田芸術劇場)で公演があり、舞台に立つ機会が多くなったそうで、学園祭では自主的にミュージカルを上演しました。

しかし新納慎也さんは「早くプロとしてスタートを切りたい。卒業までは待てない」という焦りから、2年生の時に中退し、東京の劇団に所属する決断をしました。

まとめ

バイト感覚で始めたモデル業を辞めて俳優になった新納慎也さんは、ドラマや舞台などで経験を積み、多くの視聴者を惹きつける俳優になりました。

今後も新納慎也さんの演技で様々な作品を盛り上げていってほしいですね。

『ブギウギ』の見逃し配信はこちら!

U-NEXT

俳優
スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました