渡辺徹は糖尿病で人工透析!他にも病気を罹っていた!余命宣告って本当?

watanabetoru_illness俳優
スポンサーリンク

俳優として活動している渡辺徹さんと言えば、ぽっちゃりした体型のイメージを持っている方も多いと思います。

そんな渡辺徹さんは、これまでに数々の病気を患っていました。

今回は、渡辺徹さんの病気や余命宣告について調べてみました。

渡辺徹は糖尿病で人工透析をしている

子供の頃から肥満児だったという渡辺徹さんは、デビュー作である『太陽にほえろ!』のオーディションに合格した時は体重が83kgほどだったそうです。

そこからオーディション合格から撮影開始までの半年ほどで体作りのために69kgまで絞ったものの、作品の降板・終了後には130kgまで太ってしまいました。

渡辺徹さんはコーラがぶ飲み、マヨネーズ大好き、カロリーの高い油ものなどを爆食いなど食生活が荒れており、その生活は28歳で結婚してからも収まることはなかったのです。

ダイエットを行ってもすぐにリバウンドしてしまい、30歳の頃から糖尿病になってしまいました。

そして2016年には糖尿病からくる慢性腎不全を発症、週に3回の人工透析を受けるようになったそうです。

渡辺徹は他にも病気を患っている

渡辺徹さんは、糖尿病以外の病気も患っていました。

2012年4月、体調に異変を感じ病院に行ったところ、「心筋梗塞」と診断されました。

その場で入院が決まり、6時間に及ぶ冠動脈バイパス手術を受けています。

さらに2013年3月には、「急性膵炎」で緊急入院しました。

その後は仕事復帰したものの、2021年3月には心臓の弁がうまく機能しなくなる「心臓弁狭窄症」を発症しています。

この時渡辺徹さんはミュージカルに出演しており、「(舞台の)袖に引っ込んだり裏を回ったりする時に、息切れがするというか、ちょっとせきが出るというか。調子が疲れやすい」と感じたのだそうです。

そして出演していたミュージカルを降板し治療に専念、同年7月に仕事復帰しました。

スポンサーリンク

渡辺徹は余命宣告を受けていた?

渡辺徹さんについて調べていくと、「余命宣告」というワードが浮上します。

ネット上では、「人工透析を受けたため余命宣告された」という噂が出ているようです。

しかし人工透析を受けたからと言って医師がすぐに余命宣告するということはなく、渡辺徹さんは今の所余命宣告はされていないようです。

ただ規則正しい生活をしないと危険な状態になってしまう可能性が高いということなので、今後の生活には気を付けてほしいですね。

まとめ

渡辺徹さんの病気について紹介しました。

若い頃の生活を改善することは出来ませんが、これからの生活はいくらでも変えることが出来ます。

渡辺徹さんが俳優としてこれからも活動を続けていけるよう、健康的な生活を送ってほしいと思います。

俳優

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました