渡辺徹は若い頃イケメン!エセ関西弁を使う理由・学歴や年収も調査

watanabetoru_career俳優
スポンサーリンク

渡辺徹さんは、1981年に俳優としてデビューし、現在はドラマや舞台、バラエティー番組などマルチに活動しています。

そんな渡辺徹さんが関西人ではないのに関西弁を使うのは、何故なのでしょうか。

今回は、渡辺徹さんの経歴や出身学校、関西弁を使う理由について調べてみました。

渡辺徹は若い頃『太陽にほえろ』で人気に

1981年、渡辺徹さんは人気テレビドラマ『太陽にほえろ!』のラガー(竹本淳二)という刑事役でデビューしました。

渡辺徹さんは1985年まで出演しており、デビュー作でありながら渡辺徹さんの知名度を上げた作品になっています。

初登場時は69kgとスリムだったものの、最後は体重が130kgまで太ってしまったため印象がだいぶ変わってしまいましたが、イケメンですね。

渡辺徹は茨城出身なのにエセ関西弁使う理由

渡辺徹さんの出身地は、茨城県です。

関西で暮らしたことはないものの、バラエティー番組に出演した際には「~やねん」、「ホンマかいな」、「アホか」などのエセ関西語を使用しているときがあります。

その理由について渡辺徹さんは、一時期抱えていた6人の付き人が全員大阪出身で、付き人と過ごす中でずっと関西弁を聞き続けた結果、関西弁が染みついてしまったと明かしています。

また20年レギュラーを務めた番組が大阪だったことから、渡辺徹さんにとって関西弁が身近なものに変わったとのことでした。

ただ渡辺徹さんはエセ関西弁について「やりたくてやっているわけではない」と発言しています。

渡辺徹の学歴

渡辺徹さんが通っていた学校について調べてみました。

渡辺徹の出身小学校

渡辺徹さんは、古河市立第一小学校出身です。

小学生の頃は成績は優秀で、生徒会長も務めていました。

また肥満児だったものの、運動神経も良かったそうで、サッカーをやっていました。

5年生と6年生の時には全国大会を2連覇し、日本選抜メンバーに選ばれて海外遠征もしています。

しかし6年生の時に膝を故障したため、サッカーを辞めてしまいました。

渡辺徹の出身中学

小学校卒業後は、古河市立古河第一中学校に進学しました。

中学校でも、渡辺徹さんは生徒会長を務めています。

当時は弁護士になりたいと思っていたのだそうです。

部活は吹奏楽部で、バリトンサックスを担当していました。

スポンサーリンク

渡辺徹の出身高校

中学校卒業後は、茨城県立古河第三高等学校に進学しました。

偏差値は、56です。

高校でも生徒会長を務め、バンドを組んで音楽活動もしていました。

またアマチュア劇団に在籍し、老人ホームで上演した舞台で主演を務めたことをきっかけに、俳優の道を志すようになりました。

渡辺徹の出身大学

高校卒業後は、進学していません。

俳優になるため、文学座の研究所のオーディションを受けて合格しています。

渡辺徹のプロフィールや経歴

名前:渡辺徹
生年月日:1961年5月12日
出身地:栃木県
血液型:A型
身長:180cm
所属事務所:文学座映画放送部

1980年に文学座附属演劇研究所本科に入所した渡辺徹さんは、翌年文学座研修科の研究生となり、すぐに『太陽にほえろ!』でテレビドラマ初出演を果たしました。

そして1982年には「彼〈ライバル〉」で歌手デビュー、セカンドシングル「約束」が大ヒットし、同年のゴールデン・アロー賞放送新人賞を受賞、1983年の『夜明けのランナー』で映画初出演にして初主演に抜擢されました。

ドラマでは『風の中のあいつ』、『気になるあいつ』、『月曜ドラマランド「新・坊っちゃん」』などで主演を務めています。

1985年に文学座座員となり、2014年4月から淑徳大学人文学部表現学科の客員教授、2019年からは城西国際大学メディア学部の特任教授に就任しました。

渡辺徹の年収

渡辺徹さんの年収は公表されていません。

俳優やタレントとしての活動は絶えず続けており、近年は教授としても働いています。

そのため年収は数千万円ほどになるのではないかと思われます。

まとめ

学生時代は勉強も運動も出来て周りから支持されていた渡辺徹さんは、芸能界デビューしてからも順調にキャリアを積み、老若男女問わず親しまれています。

これからも健康第一に、渡辺徹さんらしく芸能界で輝き続けてほしいですね。

俳優

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キニナルことなんでもドットコム
タイトルとURLをコピーしました